アマゾン ビジネス書ランキング1位の男

 昨日新聞を読んでいたら、「AMAZON ビジネス・経済書籍 第1位 『振り切る勇気 メガネを変えるJINSの挑戦』」などという広告が目に入ってきた。JINSというメガネブランドを立ち上げた男、田中仁さんの著書である。早速頭の裏でその姓名を判断してみると、これが結構良い。今日はこの人を社名の見方などと共に少し紹介してみようと思う。  まず目にはいるのは前運の4という凶数ですが、それ以外はすべて吉数揃いで三才の配置も良く、吉名であることが分かります。前運は主に35才頃までの運気に強く影響してくる部位ですので、これまで田中社長が事業を通じて様々な苦労をしてきたことがうかがえます。4は破滅の凶相ですから、おそらく会社や事業が危機に立たされたこともあるでしょう。しかし主運に8の難事を厭わぬ進取の発達運を有しますから、たとえ障害あってもそれを打ち砕く強さをもっていることが分かります。  さらには三才の配置が水金土と非常に良いため、辛苦を厭わず成功する運命の人である。このような配置の人は、如何に自分が恵まれない境遇にいたとしても、自然と頭角をあらわし成功の吉祥に恵まれるのです。また三才の配置が完全であれば自然と良い環境が整い、障害はあっても潰れず巧みにそれを攻略し、注いだ努力はしただけ報われ、漸次順調な発達を成すというのがこの最大の徳であります。  たまにビジネス書や啓蒙書などを読むと、「成功者は物凄く苦労してその地位を築いたのだ」というようなことを書いてありますが、それは人によって大分違います。特に天格から人格が剋されている場合には、ほとんど成功する望みはなく、そのような配置で大成功する者は、一部の例外者つまり強い先天運の元に生まれた傑物だけです。反対に成功運に恵まれている者は、物凄い苦労をしなくても安穏に成功する運命にあるのです。  最後に社名についてですが、これはすなわち吉数であれば成功し、凶数であれば成功しないというわけではありません。もちろん社名が吉数であれば良い人材も集まり健全な発達をするのですが、たとえば凶数であっても大きな成功をすることがあります。それはどういうことかと言いますと、その会社の社長の主運と社名の数の五行が互いに旺じていれば成功運となります。  JINSの場合は、現在社名が「ジェイアイエヌ」ということですから19画です。田中社長の主運は8ですからこれに応じており強い発展運となります。ただし、19は豊かな知性と鋭い行動力をあわせもつ反面多難の暗示をもちますから、会社は平穏・順風な発展とはいかないかもしれません。

< 次のニュース

サッカー日本代表選手の名前

前のニュース >

ASKAが恐れた飯島愛との麻薬セックスビデオ!

ニュース一覧はこちら

このページの先頭へ

姓名判断の【虎の舞】ロゴ
姓名判断の【虎の舞】ロゴ