首都高でトラックに突っ込む 3人死亡

 5日午後6時20分ごろ、横浜市中区の首都高湾岸線でワゴン車がトラックに突っ込んだ。乗っていた男性7人は仕事仲間で、市原市の建設現場から横須賀市に戻る途中だったという。7人中3人が死亡し、残る4人も意識不明の重体の他、足の骨を折るなどの重傷を負っている。今日はこの7人の名前を見てみようと思います。  死亡したのは、細野譲二さん(57)柳下圭介さん(52)矢野義宏さん(46)の三人。まずそれぞれの三才の配置ですが、これは柳下さん以外の二人は凶となっています。しかし柳下さんは三才の配置は小吉ですが、主運に9の事故運があるため決して良いとは言えません。なかでも最も良いのは細野さんですが、それも前運に26の英雄的波乱運を有し、三才は木土土と天から剋されています。矢野さんに至っては主運の24以外はすべて暗澹たる凶数で占められ、さらには急変運である土水火の大凶であります。  そしてワゴン車を運転していたという北村翔さん(29)。注目すべきは主運に事故運とされる19、さらには三才が突発的な災難を引き起こしやすい木水火と凶である。また兄弟でしょうか同じ姓をもつ北村雅哉さん(28)という方も同じく重傷ですが、同様に主運に19があります。助かったこの二人は最も若く20代です。姓名の誘導力は20代ですとまだ弱いですから、未だ姓名の凶意は強く働いてはいないと雖も悲惨な事故です。  最後に意識不明の重体となった白熊友和さん(40)と足の骨を折るなどの重傷を負った稲津一美さん(47)。この二人は四格を見るとそれほど悪くありませんが、やはり三才の配置に不良を来しています。  突然の事故死や災難死に関しましては、姓名だけですべてが分かるわけではありません。それは人間の運命には先天運が強く関わっているためです。しかし姓名から分かることも多くあり、事故死や不慮の災難で亡くなる方のほとんどには、三才の配置に凶相が見てとれます。ですので三才の配合は、命名の際には主運の次に重要だと言われるのです。  

< 次のニュース

日本維新の会分党 石原・橋下両氏の名前は?

前のニュース >

サッカー日本代表選手の名前

ニュース一覧はこちら

このページの先頭へ

姓名判断の【虎の舞】ロゴ
姓名判断の【虎の舞】ロゴ