女児意識不明 「わいせつ目的」で暴行した残虐な男の名

 茨城県龍ケ崎市の路上で、10歳の女児が男に顔や頭を殴られるなどして意識不明の重体となった。犯行はわいせつ目的と言っているが、小さな女児を執拗に殴る蹴るなど強い残虐性を露わにしている。男の名は野口裕美(30)。今日はこの男のもつ悪運を名前から探ってみたい。  男は主運に16の英雄的頭領運を備えるものの、他はすべて悪運を蔵する凶数。前運に22薄弱運を有するため、気弱かつ軟弱な面をもち、覇気が無く気力に欠けるところがある。この数を有するものはその外見はどうあれ、仕事上・対人関係において薄弱な面を露呈し、その薄弱さにおいて困難を招来する運をもつ。  外格の副運は30歳頃から擡頭してくる運で、男は今30だからこの運に差しかかったところである。20というのは虚無運といわれ内面に暗い気性を有し、厭世的な気分に支配される数ですから、対人運・環境運・社会運に対して暗い影がさします。性格としては薄弱かつ気弱な人物が多く、それによって孤独・病難を発しやすいため、ますます世の中を斜めに見るようなことが少なくありません。  さらに総運は36、奇っ怪な英雄的波乱運である。総運に36など波乱運を有する人は、一生を通じて平安を得難く、まるで大荒れの海を渡る舟のように波乱が絶えません。性質的には義理人情に厚い親分肌の者も少なくありませんが、多くはその逆境により暗い海の底へと沈没してしまうような一種危険な運を有していて、これも他の数とのバランスで悪くすれば厭世的となり、事件や犯罪に関わる可能性が強く出てきます。総運は一般に晩年に強くあらわれますが、年少期・青年期に対しても少なからず影響があります。  最後に三才の配置ですが、人格・地格の関係が土木とあり、人が地に剋されている形です。木の上に土が乗っているこの形は、基礎が不安定であるため境遇に難あり健康も悪い。概して男が今日まで自分の運命を呪い、自分は不幸だと考えていたことが想像されます。

< 次のニュース

リサイクル店殺人事件 被害者の本当の名前

前のニュース >

妊娠を発表した山田優さん 結婚生活の行方は?

ニュース一覧はこちら

このページの先頭へ

姓名判断の【虎の舞】ロゴ
姓名判断の【虎の舞】ロゴ