不倫騒動の矢口真里さんが復帰

 不倫騒動で芸能活動を休止していた元モーニング娘でタレントの矢口真里さん(31)が、先月テレビ番組「情報ライブ ミヤネ屋」に生出演し約1年ぶりに活動を再開したそうです。矢口さんはカメラの前で謝罪し、「新しい人生の第一歩」と再起の誓いを立てたそうですが、復帰については視聴者から厳しい意見も多いようです。一部では、「矢口真里さんの今後の活動、どうなると思う?」と題したアンケートに対し、「このまま消える」との回答が88%にのぼったという報道もありました。さあ、矢口さんの今後を占ってみましょう。  矢口真里。主運に13の数を有するため、性格は明るく行動的で活発なところがあります。またこの数はおしゃべりで弁舌にも長けるため、タレント向きとも言え、それなりに人気者となります。しかし外格に薄弱病弱数の12があります。外格の影響は大体30歳前後から現れてきますので、矢口さんは今31歳ですから、この悪運の影響が頭角を現してきたところでしょう。  さて、ここで皆さんに質問です。姓名判断において外格とは何を現しているのでしょうか?多くの人は「対人運」と答えるかもしれません。しかし実は外格は対人運を象徴する部位ではありません。多くの占い師または姓名判断サイトでは外格を対人運として見ていますが、これは間違いです。外格は正しくは「環境運」です。大雑把に説明すると、環境運とは家庭や社会(仕事)などにおけるその人の境遇運をあらわします。つまり外格は対人運を含みますが、対人運そのものを象徴するわけではないのです。対人運だけを知りたいのなら、三才の配置を鑑るほうがよほど当たると思います。  矢口さんは外格すなわち環境運が12という薄弱数でやや難があるといえます。この環境運は上でも語ったように、家庭運や職場運をあらわしますので、家庭や仕事においては今後も安穏とはいかず波乱があるでしょう。しかし、仕事運を本当の意味で占うのは外格ではありません。三才の配置です。矢口さんの基礎運・成功運を見てみます。  金・火・金とあります。大凶です。主運の火が上下の金を剋しているため、外からは飄々として見えても内面は非常に苦労の多い人です。以前占った磯野貴理子さんもそうですが、この配置は特にストレスが溜まりやすくそのストレスの蓄積によって晩年病が発するという悪い暗示をもちます。矢口さんの基礎運は「境遇極めて不安定」ですから、今後も思いもよらぬ不運に遭遇します。そして成功運は「逆難の兆にて成功は困難を極める。」です。  したがって、今後矢口さんが芸能界から消えるかどうかは本人の頑張り次第だとしても、タレントとして安定した活動を続け、その地位を維持することは非常に難しいと言えそうです。ただし矢口さんが本心から心を入れ替えた上で、良縁に恵まれて結婚後の姓名を良きものとすれば、タレント活動はいざしらず幸福な家庭を築くことはできるでしょう。

< 次のニュース

鉄パイプにアイロン・・・女4人の凄惨なリンチ!

前のニュース >

高倉健さん、逝く

ニュース一覧はこちら

このページの先頭へ

姓名判断の【虎の舞】ロゴ
姓名判断の【虎の舞】ロゴ