『汚れたハンカチ』と報じられた斎藤佑樹投手、その悪運は姓名にあり

 先日発売された週刊文春7月21日号は『斎藤佑樹 汚れたハンカチ』と題し、斎藤投手の落ちぶれた現在の様子を大きく報じました。高校時代にはあの田中将大投手率いる駒大苫小牧に打ち勝ち早稲田実業を初の夏の甲子園大会優勝に導くと、大学時代にも早稲田大学を二度大学日本一に導くなど眩しいほどの輝きを放っていた彼でしたが、プロ入り後は怪我に悩まされながら1軍と2軍を行ったり来たり、甲子園で共に敢闘したライバルの田中投手が現在米ヤンキースで活躍しているところを見ると、その差は歴然です。おまけに今回文春が問題視したのが、彼が所有している車。その名前をうかがってみると、そこには順調な発達を阻害される逆境運にして怪我や災いに悩まされる悪い暗示が見て取れました。早速鑑ていきましょう。  斎藤佑樹 (28歳)。実は斎藤投手が活躍していた大学時代、私はテレビで彼の活躍と共に名前を見た時、「これは伸び悩むだろうな」と考えていました。その理由は、皆さんも彼の名前を見れば即座に分かると思いますが、その者が順調かつ健全な発達を成すか否かを予見する、運勢の土台や根本とも言える三才配置が非常に悪いからです。それに加え、彼の主運には遭難運と言われる大凶数28があるため、まず順調な発達は望めないだろうと見たのです。ちなみにこれは私の考えですが、主運・基礎運・成功運すべてが悪い場合、他の運(前運・副運・総運)がすべて吉数でも凶名(人生において非常に苦労が多いこと)であると判断します。

傲慢かつ不遜な性質を有する斎藤投手

 以下はプロ入り後に変わってしまったと言われる、斎藤投手の現在を物語る文春記事の概要です。
 北海道日本ハムファイターズの斎藤佑樹(28)が、出版社社長からポルシェなどを提供されていたことがわかった。斎藤はノーコメントだったが、提供側の出版社社長が「週刊文春」の取材に認めた。関係者によれば、斎藤は出版社ベースボール・マガジン社の池田哲雄社長に「鎌ケ谷の二軍練習場に通うための車が欲しい」とおねだり。価格が2000万円を超えることもある高級車ポルシェのカイエンを希望したが、マカンの新車に落ち着いたという。マカンも価格は最低でも800万円を超える。  池田社長は、取材に「斎藤から『ポルシェが好きなんで』と言われてね。『お前には頑張ってもらわなけりゃならないから、俺が払ってやる』と」と認めた。他にも社や池田社長が所有するマンションを提供したこともあったという。野球選手の金品授受を巡っては、過去に桑田真澄、水野雄仁らが処分を受けたこともあり、日本ハムの対応が注目される。
 穏和かつソフトな外見をもつ斎藤投手ですが、その内面は非常に豪毅で自我が強く、容易に人の意見を受けいれない独断的な一面があります。これは主運の28という数から分かります。この28数を主運・人格に有すると、その外見はどうあれ内心はとても自分勝手かつ強情な性質をもつようになります。上記の記事概要でもありますが、彼はベースボール・マガジン社の社長に車や高級マンションを「おねだり」するなど、その自分勝手な内面を垣間見せています。  また、この強情さを強めるのが天格にある38数の金です。人格に金がある場合に天格にも金があると、ただでさえ我の強い金がさらに強まり自我過剰として悪い暗示が出ます。多くは自我が強すぎるため一種偏屈な性質をもち、不測の事態や災難に遭いやすく成功も順調ではありません。怪我・病難の凶兆や、特に年上の人間との間で対人関係を悪くすることがあるでしょう。以下は文春記者が池田家(池田哲雄社長)関係者に取材したものです。
 池田家関係者はこう嘆く。「恥ずかしい限りですが、哲雄は本当のことをあまり言わないので。ポルシェのことは初耳ですが、斎藤君の人間性を疑いますよ。ベーマガは王さんや長嶋さんにもお世話になりましたが、物をねだられたことはありません。初代の恒雄社長は『スポーツマン精神を忘れるな』とよくおっしゃっていました。社員をないがしろにして選手にそんなことをしてはいけません」

『次第に不調を来たし健康を損なう』暗示をもつ斎藤投手

 彼の前半生の運勢を象徴する前運には、とても素晴らしい運を有する頭領運23数があります。これは力強い雄偉のリーダーとして周囲を頼もしく引っ張っていく気概をもち、何があっても恐れず立ちむかっていく隆昌発展の勢いある大吉運ですから、彼の高校・大学時代の光輝く活躍も頷けます。正に彼はエースとして、そして主将としてチームを優勝へと導いてきたのです。しかしその姓名暗示、特に三才が示す【金・金・火】の凶暗示は、その後彼が困苦に陥る事を端的に物語っています。  斎藤投手は2010年に日本ハムファイターズに入団後、まず初年度である2011年は左内腹斜筋の筋挫傷で選手登録抹消、6月に復帰しましたが、結果は6勝6敗に終わります。続く2012年は開幕戦で完投勝利を挙げますが、その後成績不振に陥って2軍落ちし、9月に1軍へ戻っても成績が安定せず再び登録抹消となるなど結果は5勝8敗、またこの年の11月には右肩の関節唇損傷と診断されます。それから2013年は右肩痛の影響もあり2軍スタート、1軍での出場はわずか1試合のみに留まり、1軍では0勝1敗、2軍でも1勝3敗と振るいません。さらに2014年は2勝1敗(1軍)・1勝7敗(2軍)、2015年は1勝3敗と成績不振からは脱却できず、今に至ります。  彼の基礎運【金・火】は『外見良くも次第に不調を来たし健康を損なう恐れ強し。』であります。これは金が常に火の上にさらされていることをイメージするだけでも充分だと思いますが、火が強ければ金が次第に溶けるのと同様に、徐々に健康を損ないます。このように三才特に基礎運に凶暗示がある選手は怪我に悩まされることが多く、それが原因で自分のもつ本来の力が発揮できないことがよくあります。もしこのことを理解して常に健康維持を心掛ければ凶運を減じるものの、そうでない場合は常に健康面での苦心が絶えないでしょう。   30代・40代の人でこの配置を持っていて現在は何ともないという人でも、知らず知らずの内に健康を害している暗示がありますから、晩年は確実に凶兆があらわれます。さらに斎藤投手は外格にも33数の火を有しており、これが人格の金を剋してもいます。人格が金の人は、天格・地格・外格のどこかに土をもつべきですが、彼の姓名には金を生じる土がありません。このことは、人生において彼を守ってくれるもの(人・運)が少ないことをあらわしています。また、【金・火】の配置を有していると性格に大きな変化(知らず知らずのうちに)を起こすと言われています。

三才配置で分かる精神力の強さ

 また、三才配置によりその者の精神力の強さも容易に分かります。先ほども述べましたが、斎藤投手の人格・金は地格・外格の両方から剋されているため、精神力が弱く逆境に遭うと簡単に音を上げてしまうようなところがあります。また、金の人は基本的に意志が強く継続力に秀でていますが、このように強い火(23・33数)から剋されると根気がなく薄弱の性質となり、次第に物事を諦めやすい傾向もあらわれてきます。天格の金は人格と同じ五行ですからその性質を強めはしますが、土のように良いエネルギーを与えません。ですから人格が金の人の場合は、地格には土が最良なのです。  ちなみに現在ヤンキースで活躍する田中将大投手は、人格に最大吉運である雅量大の15数をもち、これが地格の火に生じられていますから、内面の根性・精神力が強いと言えます。また、副運には意志が強く難事を厭わぬ発達運を有する8数、総運には隆昌発展の勢いをもつ大吉運23数があり、これらも力強い存在です。しかし、地格・火に対して天格・水は病難・遭難の凶兆ですから、主に30歳以降思わぬ怪我や病難に遭い、伸び悩むことを暗示しています。水が彼の頼りである火を弱めてしまうのです。  ところで、斎藤投手の現在の体たらくは姓名暗示だけでなく、彼自身の野球に対する考え方や姿勢、また努力や情熱の欠如にもあるはずです。如何に姓名暗示が悪いといえども、志を立てて自らを奮い立たせ、一心に努力を継続することはできるはずです。物事の結果という意味もある総運には61数というとても強力な運勢が付いていますから、これから彼が突如発憤すれば、再び輝くこともできるでしょう。それを期待したいと思います。

< 次のニュース

都知事候補の鳥越俊太郎氏に「女子大生淫行」疑惑、その姓名にあらわれた悪運とは

前のニュース >

高島礼子さんの境涯に見る、一生男運に恵まれぬ運とは

ニュース一覧はこちら

このページの先頭へ

姓名判断の【虎の舞】ロゴ
姓名判断の【虎の舞】ロゴ