AV転向報道の坂口杏里さん、その姓名に潜む強烈な悪運に迫る!

 最近、タレント・女優として活動していた坂口杏里さんが、突如セクシー女優へ転向・デビューすることが分かり、話題となっています。事の成り行きは、ホストに入れあげた彼女が、母親である良子さんが残した数千万の遺産を使い果たした上、さらに500万円ほどの借金を背負ったことからと噂されています。そんな彼女は『壮絶な人生を送る坂口杏里』などとも言われ、その波瀾万丈な境遇が知られていますが、それも全て姓名に暗に示されています。今回は坂口杏里さん並びに早世した母親の良子さん、それから実の父親である田山さんのもつ強い悪運にも迫ってみます。  坂口杏里(25歳)。まず全体を俯瞰しますが、強い凶暗示をもつ名前だということが、誰の目にも明らかです。前運・副運には14という数がありますが、この数が前運にある者は家族縁が薄く、主に前半生において非常に寂しい思いをします。それは例えば両親が不慮の事故や災難で亡くなってしまうとか、不和で両親が離婚してしまうとか、両親共に健在ではあるが家族仲が悪く愛情に乏しい家庭に育つなど、とにかく「別れ」「分離」の凶相が働くのがこの数の特徴です。  また、「分離」の意からも想像できるように、この数を姓名特に主運・前運に有する者は、ひどく寂しがりな性格で、自ら人や賑やかな場所を求める傾向があります。しかし、生来の気迷いと神経質な面が多分にある性格が影響し、一つの関係が長続きしづらいという傾向もあります。また、当然14数は「別れ」の凶相をもつ数ですから、人との縁に薄く、離縁・離婚などを経験する者が多いということも言えます。特に坂口さんの場合は、人格に水があり、これが外格の火を強く剋していますから、「別れ」の暗示がさらに強まります。このような14数の凶相と性質傾向は、坂口さんが前半生において両親と別れ、またホストクラブにはまって多くの借金を背負ってしまったこと等からも、理解できるのではないでしょうか。  それから次は、坂口さんの主運にある10という数に注目します。これは陰の水であり、たとえるならば雨や静謐な湖水など、十干としては「癸」と言います。その性質は概して力弱く、薄弱・病弱の傾向があって、何事をするにも苦労性で難事の多い運勢です。大体においてこの数を主運にもつと、不如意(金のやり繰りがつかず経済的に苦しいこと)に陥るとされ、障害困苦の末に悲運・孤独の境遇に落ち、その結果自暴自棄に陥る者も少なくないと言えます。  また、外見はともかくその性質は内向的で、内には暗く沈鬱的な傾向があって、感情の起伏が激しいでしょう。このため、対人関係や恋愛等においては、その起伏の激しさから不和を醸したり、気難しい人と捉えられることが多くあります。ただし、もし三才の配置が良好であれば話は別で、このような10数の凶面は相当和らげられます。特に【金・水・木】などの相生配置をもっている者は、時に大海のような力強い行動力をもって著しい成功を遂げる者もあるくらいです。しかし、坂口さんの場合は地格・外格に前述の14数・火があり、これらの火が水と真っ向から対立するため、境遇波乱・病弱・孤独などの悪運がむしろ強まることになります。  水と火が常に拮抗しているため、感情の起伏が特に激しい人で、時に明るく振る舞っていたと思ったら、ひどく沈んでいるというような不安定な面も出ます。これは「火」や「水」が血流や心臓の働きに大きく関係しているからです。すなわち坂口さんのように三才において【火・水】が隣り合う配置をもつ者は、概して血の巡りが悪く、不健康で病弱な傾向にあります。また、衝動的になりやすく、感情の制御が出来にくいのもこのような配置をもつ者の特徴です。そして特に陰の火は、心臓や脳などを司る部位ですから、これが天格・人格の水に剋されているということは、人生において危難に遭う確立がとても高いと言えるのです。そうでなくとも、命に関わる突発的な病難に襲われ早世してしまうなど、今後さらに強い凶暗示があらわれてくることは免れません。  このような姓名暗示から、今後坂口さんがAVデビューをして借金を完済したとしても、その後以前と同じような過ちを繰り返し、再び困窮の生活に戻ることが予想されます。

早世した坂口良子さんのもつ悪運

 坂口杏里さんの母親である、女優の坂口良子さんは、57歳という若さにして『横行結腸癌および肺炎のため死去』しました。姓名中にあるのは全て陰水で、明らかに病弱体質であることが分かります。陰水は「智」を意味しますから、とても思慮深く智恵が豊かな面をもち、人柄も穏やかで親切心も多分にありますが、いかんせん気力・体力ともに非常に力弱く、何事においても困苦・障害を免れない苦労性で、家庭運にも恵まれにくいでしょう。概してこのような人は、自ら災難を招くような行動はしないものですが、四大運にすべて大凶数あるため、災難が向こうから忍びよってきます。  また、【水・水・水】は相生相剋の関係だけから見れば、比和関係の良好な配置とも取れますが、三才全てに水は著しい凶暗示です。これは水が溢れることから、全てが押し流されるような災難・流亡そして孤独の暗示が強いのです。もちろん、それが陽水なのか陰水なのかでもその内容は変わってきます。陽水は河川の水のような滔滔と流れる水ですから、これが強すぎるということは、氾濫・災害などの意をもつため、特に凶です。対して坂口良子さんの三才は陰水で構成されていますが、これも激しく降りしきる雨を連想すれば分かるように、人生が暗く冷たい空気に包まれることを暗示します。すなわち三格同数で吉となるのは、「木」の五行だけです。旺盛な木は繁茂して、豊かな森を形成するという良暗示があるからです。

坂口杏里さんの実の父、田山恒彦さんのもつ悪運

 最後に坂口杏里さんの実の父親である、田山恒彦という元『不動産会社役員』のもつ運勢について見ていこうと思います。私はこの人の事をよく知りませんが、ウィキペディア(坂口良子)には『1986年(昭和61年)に不動産会社役員と結婚。1男1女をもうけたが、1994年(平成6年)に離婚。バブル崩壊により夫の会社が破綻し、多額の負債を無断で保証させられるなど、結婚前からの資産も全てなくなっていた。借金を返すために仕事中心の生活で子供に可哀想な思いをさせたが、自分に責任が及んだ借金はほぼ完済したと『女性自身』の取材で告白している。』とあります。  田山さんの姓名には、坂口杏里さんと同様【水・火】の関係がありますので、突発的な難事を被り没落・転落の凶兆があります。しかし、田山さんの場合は三才【金・火・水】と、人格の火は天を剋し、地に剋されていますから、三才配置だけで見ればさらに悪いのです。これは火が追いつめられてどうにも身動きの取れぬ状況に陥る暗示で、災厄甚だしい感があります。前運には知力と行動力抜群の19数がありますから、その影響で仕事でも大きな成果を挙げる者多くありますが、主に中年頃大きな波乱に遭う暗示があります。また、副運にはやはり「別れ」を象徴する14数があり、離婚との関係が深いでしょう。この時、最も火の力になるのは木です。特に陽木が最も頼りになるのですが、どこにもありません。これは姓名上では、彼を助ける者がいないことを象徴しています。  その後坂口杏里さんは2015年に、それまで全く会っていなかった田山さんと再会したようです。その理由は、田山さんが母親である坂口良子さんと同様、癌を患い闘病生活をしていることを知ったからだそうです。どのような癌かは分かりませんが、この姓名から推測すると、肺癌もしくは大腸癌が考えられるのではないでしょうか。それは、火が剋している天格の金が、肺や大腸をあらわすからです。田山は8数の陰金ですから、特に肺に難がある可能性が高いと言えます。しかし、【水・火】の剋があることから、どのような病気に罹ってもおかしくない状態です。  田山さんは当時年収二千万円もあり、『不動産王』とまで呼ばれたそうです。しかしこのように三才が悪いと、呆気なく転落してしまうことが少なくありません。そして皆さんもよくご存じの通り、総運は後半生の運勢を端的に示しますが、そこには非難・遭難運とも呼ばれる険悪運27数があって、後年は特に困窮します。三才が悪いため子供との縁も薄く、あっても力とはならず、独りで生き抜いていかなければならない孤独の暗示もあります。  以上、このように姓名には運命を左右する強い力がありますから、もし姓名に強い凶暗示がある方は適切な良名に改名をし、豊かで実り多い人生を送っていただきたいと思います。

< 次のニュース

【福岡・須恵町の4児殺害事件】 母親の姓名にあらわれた強い凶暗示とは

前のニュース >

『ひとりでできるもん!』の平田実音さん亡くなる、その姓名に見る早世の暗示

ニュース一覧はこちら

このページの先頭へ

姓名判断の【虎の舞】ロゴ
姓名判断の【虎の舞】ロゴ