焼死した元自衛官の姓名にあらわれた晩年大災暗示とは!?

 今月23日午前11時半過ぎ、宇都宮市役所近くの宇都宮城址公園付近の2カ所で爆発音がし、人や車が燃えているという119番通報がありました。そこからは男性の焼死体が見つかり、他にも3人が負傷するという大きな事件となりました。当初、物凄い爆発音を聞いた付近の住民からは『テロかと思った』という声も聞かれましたが、県警が調べを進めていくと、バラバラになった男性の遺体の靴下には遺書が挟まれており、そこには『命を絶って償います』などと書かれていたのです。男性は72歳の元自衛官であり、自身の不幸から自暴自棄に陥って自殺に及んだと見られています。早速名前をうかがってみると、そこには晩年大災となる暗示が見て取れました。それでは鑑ていきましょう。  まずは男性の名前をうかがう前に、本人のものと思われるブログにこれまでの経緯が書かれていますので、それを少し紹介しましょう。以下、重要と思われる部分を断片的に引用します。
痴漢とDVは、証明が難しです。 ネット炎上すると良いんでね。 私は、3女が精神障害になり、現代医療で治療を夫婦で共に生きている限り、面倒見ようと決意しました。 しかし、妻は信教宗教に騙せれ、相談すれば全て嘘と決めつけ、マインドコントロールされました。 ある晩、就寝中にナイフを首に突き付けました。 それから、恐ろしくなり何とか、元の妻になって欲しいと多少、命と財産を守るために行為しました。 DVで訴えられました。 最高裁は三行半を突き付けられ却下です。 調停・離婚裁判と続きましたが、調停の段階で、判定され、その後は、全て敗訴です。 DVは、男性の意見は聞きません。 これに対して不服です。 いくら、正直に答えても全く信用されません。 家庭崩壊の原因は三女が15年前に統合失調症に疾患した事。 障害者の子供を持つ夫婦は共に協力して治療しております。 治療方針の相違から夫婦は破綻した。 妻は信教宗教・占い師・祈祷師による治療。 私は精神科病院等近代医学と行政機関を通じて治療に専念。 この相違が、全ての要因である。 3女の娘が15年前に統合失調症を羅漢し、悪の循環。 精神障がい者を持つ家族の多くは悲劇を持って終わる。 妻の良子は信教宗教・占い師・祈祷師による治療。 意見の相違から、寝室にナイフを準備する。 裁判では性行為を拒否するためと弁論したが事実は、証拠が残らない 精神制御された人間であり、証明は極めて困難である。 カルト宗教の影響で精神制御され栗原敏勝にナイフで斬り付ける。 口頭弁論で2度も弁論している。宇都宮家裁判事は、敏勝は曲解している と結論付けた。 判決では先祖霊の信仰は一時的としているが継続している。 栗原敏勝は精神科病院等近代医学と行政機関を通じて治療に専念。 栗原良子は、オカルト宗教、占い師、祈祷師に頼り理沙の治療に専念。 この相違が、全ての要因である。 国家による冤罪判決で生きる道を絶たれた。 冤罪判決であるので判決に従わないから 債権差押命令をだされ、預貯金を没収された。 マイホームも、競売に掛けるでしょう。 国家権力は、間違った判断でも生命与奪の権利を与えられている。 自暴自棄に陥っている。 宇都宮家裁判事・調停員・書記官から真綿で首を絞められ死刑判決を同じだ。 親父は自決しろと言われたことは、前に書いている。
 などと書かれています。興味のある方は全文が載っているこちらのページをご覧ください。すなわちまとめると、3女が精神障害になり、その治療方針や処置入院の仕方を巡って夫婦が対立関係となり、喧嘩の過程でDVを行った栗原容疑者が妻に訴えられ敗訴し、自暴自棄に陥っていったようです。近所の住民は夜中に栗原容疑者の怒鳴り声を聞いており、『夫婦間で口げんかが絶えなかった』と語る近隣住民もいるようです。

栗原容疑者の姓名にあらわれた晩年大災の暗示とは

 栗原敏勝。主運には雄偉の頭領運21数、前運には隆昌の勢いある勇ましい頭領運23数を有しているため、前半生はそれなりに恵まれた境遇にあったことが分かります。栗原容疑者については『ヘリコプターの航空管制や気象分析を担当する管制気象隊の管理部門や学校の気象教官を務めていた』という記事もありますが、これらは頭領運にして指導力に秀でていますから、リーダーや教官といった立場は適任です。しかしながら外格には薄弱運22数があり、家庭運にはあまり恵まれない様子が見て取れます。なぜなら外格は自分の周囲の状況をあらわす環境運であり、家庭運にも大きく影響してくるからです。概して外格に凶数がある者は家庭での寂寞や孤独を味わうことが多いのです。  そして総運には43という数がありますが、これは『散財運』と言って非常に困苦の多い凶数です。すなわち総運にこの数あれば、後年の衰退の気運は免れず、時と対処の仕方によっては全ての財産が散ってしまうという暗示をもちます。またその性質は薄弱散漫の趣があり、意志が弱く何事も継続してできず、加えて浪費癖や遊び好きの面があるため次第に破れを生じ、最悪は全てを失うようなことになりかねないのです。栗原容疑者のブログにはそれを裏付けるように『債権差押命令をだされ、預貯金を没収された。マイホームも、競売に掛けるでしょう。』とあります。  以下は熊﨑健翁氏のこの数に対する説明です。  四三:『散財運なり。因循姑息、薄弱散漫の象あり。雨中に花の趣き、才能知達なれども意力確定ならず、諸事遂行するに難く、外見のみ幸福にして内実の困苦多く、表面事成るが如くにして裏面に破れを生ず。』  しかし、四大運に凶数があろうとも、三才が良ければ凶相を抑えますから最悪の事態は免れるものです。ところが栗原容疑者の三才は【水・木・火】となっており、天格の20数・陰水が地格の23数・陽火に降りそそぎ、打ち消しています。これは雨が火に降りそそいでいるのと同じ状況であり、そのためやがて火は水によって勢い衰え、次第に病難・災難の兆しをあらわすというわけです。これは概して病難の傾向があるため、栗原容疑者自身も何か精神的な病を患っていたのではないかと推測します。ちなみに精神錯乱して『相模原19人刺殺事件』を起こした植松聖容疑者も同じ三才配置(ただしこちらは地格が14数・陰火)でした。  三才【水・木・火】の病難暗示については、火が心臓や血の巡りを象徴するため、これが水に剋されているということは、心臓や血流に関わる病気を発しやすいということです。もちろん先天運との関係でそれほど大きな災いない者もいますが、それでも健全というわけにはいきません。また、この配置はうつ病などの精神障害を患いやすい暗示がありますが、これも火が打ち消されていることと大きく関係しています。『うつ病も血流低下が原因』と言われますが、やはり火が剋されることで脳内の血流も悪くなると考えられるからです。同様に水と火が対立する【水・火・水】や【火・水・水】なども凶であり、同じように病難の暗示が濃厚です。    ところで栗原容疑者のブログには奥さんの名前も書いてありました。最後にその名前を確認しておきましょう。  栗原良子。主副運に吉数があり、三才も相生配置となっていますが、この三才【水・金・水】は特に後年『最悪は極度の不幸に落ちる恐れ』ある急変配置です。それから前運・総運に波乱運があるため、一生を通じて運勢の浮沈が激しく、良いと思ったら悪いことが起きたり、とにかく平穏無事が長く続きづらい姓名です。また水が多いためやや病弱的な傾向があって健康も不安が多く、それがために精神的にも安穏を得がたいでしょう。  さらに夫婦関係を象徴するのは人格・外格関係ですが、栗原良子さんのそれは【金・火】となっており、人格の陽金が外格の陽火に強く剋されています。この関係は互いに陰陽であればそれほど凶とはならないのですが、陽同士は対立の暗示があります。この配置は人格(本人)が外格(配偶者)から剋されていることから、自分からではなく夫に剋される(非難・攻撃を受ける)暗示をもちます。実際に栗原容疑者は妻へのDVを行ったとされ、裁判で敗訴しています。

< 次のニュース

芸能レポーターの武藤まき子さんが急死!その姓名に宿る急変運とは

前のニュース >

【報ステ不倫】と報じられた矢島悠子アナ、その姓名にあらわれた強烈な離婚運

ニュース一覧はこちら

このページの先頭へ

姓名判断の【虎の舞】ロゴ
姓名判断の【虎の舞】ロゴ