主運27
誹謗誹毀の象ある批難運
 才知にあふれ、何事にも屈することのない堅い意志をもち、目的あれば一直線に奮闘する果敢な性質である。しかし自我の強さと他人の意見を容易に聞かぬ豪毅さゆえ、周囲から反発や攻撃をうける暗示があり、それによって挫折の兆候ある中絶運である。非難・孤独・厄災の意あり。内外で不和の気配が濃く、概して対人関係で苦労が多いですから、温順さと協調性を養うことが大切です。
前運24
豊潤なる宝財の恵与ある大吉祥数
 人より抜きんでた知力あり、才略・機略に優れた人物が多く、天賦の好運に導かれながら巧みに難事を切り抜け大業を成す。性質は元来円満で、人付き合いがうまく社交性に富む。またこの数は四方から財物が集まってくる幸運数であり、努力を怠らなければ次第に人・物・財に恵まれるでしょう。他格構成にもよるが、なかには無一物から著しい発展を遂げ、莫大な財を築く者がある。
外格12
4
11
16
8
天格15
人格27
地格24

総格39
土金火
基礎不安定にして急変災禍の凶兆なり。上位の引き立てあり成功運強いが、精神的に安らぎを得難く時に神経症や難症を患う恐れあり、健康には要注意。晩年特に凶。
副運12
薄弱にして困難を暗示する凶数
 忍耐力と向上心は人一倍あるのだが、気力・実力が伴わずに失敗を経験することの多い薄弱運である。概して家族縁の薄い者が多く、病難や逆難を招来しやすい運勢なので健康には要注意。性質としては内気で協調性に欠ける面があり、対人関係にも苦労が多く孤立しやすい。大きな目標をもつわりには実力が伴わない傾向があるので、目的がある時はよく気力を振起することが大事です。
総運39
才徳漲る吉祥無上の大強数
 天与の才知にめぐまれ、傑出した頭領として若くから頭角をあらわす者あり。秀でた知謀と果敢なる行動力をあわせもち、徳望高く義侠心を有する者多く、自然と人心を引きつけるでしょう。その勢力は天下を揺るがすほどといわれ、権威・財・長寿を得るべき大強数とされる。しかし極盛だけに道をあやまればどん底へ落ちる危険もありますから、名付けには注意が必要です。
Copyright(C)2011.虎の舞.Allrightreserved

画数の計算方法について

当サイトでは略字は正字に戻して計算するという方法を取っているため、文字によっては画数が文字そのものの画数ではない場合があります。例えば『藤』(艸+下部で21)『祐』(示+右で10)『弥』(彌の意で17)等です。なぜ文字そのものの画数ではなく、わざわざ正字の画数を計算するのかという事につきましては、姓名判断(熊﨑式より)では文字そのものに定まった数があると考え、それは表面の画数ではなく正字体としての本義を重要とするからです。つまり『りっしんべん』であれば、『心』がこの文字の本義であるということですから、表向きの形としては3画ですが、実際は『心』の意で4画として取ります。このように文字数は、それぞれの文字が出来た時点に戻って解釈をします。しかし、これは文字の原初である甲骨文まで遡れというわけではなく、現在の印刷標準字体(現在広く使用されている字体)が定められた際に定まった数という解釈です。ちなみに正字・略字などの区別は、基本的に康熙字典に則っていますが、例外的なものも多く存在します。