主運22
薄弱にして挫折の暗示ある凶運数
 薄弱運とされ、意力と気力に欠ける者が多く、目標はあっても逆境によって挫折してしまう暗示があります。概して理想と現実が一致せずに不平不満に陥りやすい。穏やかで辛抱強い性質ですが、やや内向的で神経質な面をもつため、対人関係において苦労が多いでしょう。また孤独・病難などの凶相あり。成功を求める場合はつとめて振起し、一点集中することで道が開けます。
前運30
運気不定の象ある吉凶抱合運
 非常に浮き沈みの激しい運勢であり、人によって吉凶の現れ方が極端に出る数である。凶とでれば大波乱、吉とでれば大発展というように、その者の才知によって大きく運命が別れます。概して凶相が勝るため、多くは悲運な人生となりますが、明確な目標と貫徹の精神をもつことにより大成する者も。他格構成に左右されやすい数であり、目標を定めて一事に専念することが大切です。
外格21
8
5
17
13
天格13
人格22
地格30

総格43
火木水
発展力強く目的達成容易なり。ただし前運凶数の場合基礎不安、時に病難による流亡の恐れあり。才知ある者は著しい発展をするが無才なる者は一時的成功に終わる。
副運21
昇天の勢いある独立権威の頭領運
 どんな困難にも立ちむかってゆく不屈の精神力をもち、たゆまぬ努力で確実に発展してゆく上昇運である。独立心が旺盛なことに加え、人心を収攬することに秀で、有為の頭領として人々から信頼と尊敬を得る者が多い。気性は強く勇ましく、時に周囲とぶつかるなど苦難もあるが、一歩一歩着実に物事を成し遂げてゆくため、才知ある者は大業を成し名声を博すでしょう。
総運43
意力微弱にして散逸無常の凶数
 才能に恵まれ頭もよいのだが、意志と気力の弱さから物事を貫徹しがたく、失敗や挫折をくりかえす傾向にある。また表面は幸福のように見えても、実際は苦労が多いため心も不安定になりやすく、意識は散漫になりがちです。そのため焦点が定まらず集中力に欠け、何事も薄弱の趣きあり。また散財運ともいわれ、浪費や色難の兆があるので、普段の生活をよく律することが大切です。
Copyright(C)2011.虎の舞.Allrightreserved

画数の計算方法について

当サイトでは略字は正字に戻して計算するという方法を取っているため、文字によっては画数が文字そのものの画数ではない場合があります。例えば『藤』(艸+下部で21)『祐』(示+右で10)『弥』(彌の意で17)等です。なぜ文字そのものの画数ではなく、わざわざ正字の画数を計算するのかという事につきましては、姓名判断(熊﨑式より)では文字そのものに定まった数があると考え、それは表面の画数ではなく正字体としての本義を重要とするからです。つまり『りっしんべん』であれば、『心』がこの文字の本義であるということですから、表向きの形としては3画ですが、実際は『心』の意で4画として取ります。このように文字数は、それぞれの文字が出来た時点に戻って解釈をします。しかし、これは文字の原初である甲骨文まで遡れというわけではなく、現在の印刷標準字体(現在広く使用されている字体)が定められた際に定まった数という解釈です。ちなみに正字・略字などの区別は、基本的に康熙字典に則っていますが、例外的なものも多く存在します。