三木 崇史 さんの判断結果

外格 8
3
4
11
5
天格 7
人格 15
地格 16
総格 23
金土土

基礎安泰にして境遇に恵まれる。成功運強いが性質やや鈍重の傾向あり目的失し易し。努力邁進すれば発展力大なり。

主運 15 - 最大吉数

福寿円満の象ある最大吉数

 温厚なうえに度量があって円満、よく人を受けいれるので周囲からの信頼は厚く、引き立てや援助にも恵まれる徳望運である。穏やかで性質に角がなく、何よりも和を重視するので社交運は良好。大人しくも頭領としての器をそなえ、時機を得れば大事を成し遂げるだけの才覚をあらわし、好運の支えもあり繁栄・名誉・富裕を収める。積極的に挑戦することがさらなる発展への鍵である。

副運 8 - 吉数

鉄石心で目的を完遂へと導く吉数

 難事をいとわぬ努力家で進取の気性に富み、鉄のような強い精神力と忍耐力をそなえた発達運であるため、社会の様々な場面で活躍が期待できます。しかし集中力は抜群だが、非常に頑固なので視野が狭まりやすい傾向にあり、一徹となって周囲の忠言を聞かず排他的になれば思わぬ災いを被ります。また剛情で自我心も人一倍つよいので、雅量をやしなうことが成功貫徹の鍵となる。

前運 16 - 大吉数

凶を吉へと変じる勇武英傑の強運数

 落ちついていて雅量があり、積極性と果敢な決断力をそなえているので、頭領となるべき人物が多い。親分肌で統率力があり、人心を収攬することに秀で、時に進んで大業を成す器量をもつ。ただしやや強情な面があるため、それが出過ぎると周囲の反感を買うことにもつながります。もともと兼愛と協調の精神を有するため、視野を広げることで著しい発展が期待できる強運勢である。

総運 23 - 大吉数

頭領の才を有する偉大なる興隆運

 覇気のある活動的な性質で、たとえ恵まれない境遇にあっても一代で財を成すほどの強運を有し、時に英雄的な頭領として名をあらわす。その勢いあたかも猛る虎の如し、目的あればどんな困難をもしりぞけ、万事奮闘に燃えるたくましい気概あり。権勢運だけに気性の激しい者が多く、闘志盛んにして争いへと傾く事もあるが、よく難を乗り切り大業を完遂する隆昌運なり。

四大運と三才配置の説明

運の名称影響時期説明
主運 20歳頃~晩年  祖先より伝承される天格と、自己の名である地格との中間に位置するのが人格すなわち主運です。主運は人間の体にたとえると心臓などのある体幹部にあたり、大体20歳頃から影響を強め、その者の一生の中心運となります。また主運はその者の性格や才能などを司ります。
副運 30歳頃~晩年  副運は主運に次ぐ影響力をもっており、主に家族や職場での対人関係など、自分を取り巻く周囲の環境を司る運格です。また、副運は自己の外部から受ける影響をさしており、身のまわりの境遇としてもあらわれてきます。
前運 幼年期~35歳頃  前運は主に幼年期期から青年期までの運勢に強い影響を及ぼします。ただし幼年期は自己の先天運や家族の運勢にも影響されるため、前運が吉数だから幸福、あるいは凶数だから不幸だと一概にはできません。
総運 35歳頃~晩年  総運は主に35歳頃から擡頭し、後半生の運勢を司ります。しかし総運は全ての文字格数をあわせた総数であり、物事の全ての結果という意味をも含むため、一つ一つの物事の結果としてもあらわれてきます。
三才の配置 幼年期~晩年  天人地の配列は天格・人格・地格の数理を五行(木・火・土・金・水)に当てはめたもので、三才の配置とも言います。三才の配置は姓名学上非常に大きな影響力をもち、もし三才の配置が悪ければ、健康運や境遇運に恵まれず、人生において逆境・障害・困苦などが多く、最悪は短命などの凶誘導があります。対して三才の配置が吉以上であれば、四大運に凶数があってもその凶意を大きく緩和し、健康運・対人運・成功運などに吉勢をもたらし、その境遇運は概して安定したものとなります。

三木 崇史 さんの性格

人格の数理と五行属性性質の強さ強弱数値
15 - 土 陽(+) 4
本質的な性格の説明
その性質は山にたとえられます。外見は概して温厚で雅量があり、人に対する同化力に秀でているため、とても親しみやすい性質をもっています。それほど行動的ではない代わりに、様々な性質を受けいれることのできる重厚な度量を有しているため、年上の人からは可愛がられ、年下の人からは慕われるという有徳の性質をもっています。しかしその内面には外面に似合わずなかなか頑固・強情なところがあり、場合によっては強い反抗心・反発力を表出することがあります。また山にも色々な山があるように、中には落ち着きが過ぎて鈍重となる人や、硬すぎる頑固そのものといった人もいるでしょう。そのような性質を分けるのは三才配置や他格との数理関係ですが、概して土の強さが中程度の人は性格的なバランスが良く、親和力に秀でています。ただし、他人と親しみ交わりやすいという長所がある反面、簡単に離れやすいという短所も有しています。
性格的な長所
様々なタイプの人を受けいれることのできる重厚な度量を有していますので、対人関係でその長所を発揮できそうです。また、どっしりと落ちついていて冷静に物事を見れる長所がありますので、組織の中心となってバランスを取ることができます。姓名中に頭領運があるとさらに吉。
性格的な短所
見かけによらず嫉妬心が強いところがあり、その面が表に出ると災いを招きますので注意すべきです。また温厚な反面、とても頑固で強情な面も有しており、これが出過ぎると長所である同化力・親和力が落ちます。概して三才配置によって性質の良否が別れます。
性質の強弱
中弱中強
強弱の説明 強弱の数値は-20~+20まであり、これによって本来の性質の強度を計ります。ただし、一概に性質が弱いから薄弱、性質が強いから堅剛ということにはなりません。総合的には三才配置や他格の数を加味して判断します。
土の性質が中程度のため、性格的なバランスが良く、適度な温厚さと雅量があって人との同化力に秀でています。また事にあっては速やかな行動力と実行力があり、頼もしい存在でしょう。ただし、三才において【土・土】など土が重なっている場合は鈍重となり、気力・意志やや弱くなります。
二つの内面的な性質
以下は本質的な性格を構成する二つのサブ的な性質で、崇史さんの内面的な性格をあらわします。それぞれが10~20%程度の影響力をもちます。
陰(-) 陽(+)
内面には一種爆発的な気分があり、物事に敏感で反応しやすく、常にやや焦りの気持ちがあってイライラした気分になりやすいでしょう。しかしそのようなイライラも外に排出しずらく、ストレスが溜まりやすい面があります。知力が深く敏腕で弁舌に長けるという美点があります。 内面には硬い不屈の精神を有しています。なかなか頑固なところがあり、簡単には譲らない一面があるでしょう。理性的かつ漸進的な特質ももっています。プライドが高く、一本気で、卑怯なことが許せないような一面もあります。物事に敏感で、ストレスが溜まりやすいでしょう。

三木 崇史 さんの年代別運勢と基本運

運勢の平均点 - 84点

少年期~20歳頃84点 0.0
青年期20~35歳頃84点 0.0
壮年期35~50歳頃83点- 1.0
中年期50~65歳頃84点 0.0
晩年期65歳~84点 0.0
 

※年代別運勢グラフは、あくまでも時期別の運勢を概算したものですので参考程度にご覧ください。少年期や青年期の運勢が平均と比べて高い場合は比較的若い頃に成功や幸福があり、反対に中年期や晩年期の運勢が平均と比べて高い場合は後年に華開く大器晩成型と言えるでしょう。ただし、少年期の運勢が低いからと言って、若い頃は成功しないといったことではありません。

基礎運運勢の土台となる最も重要な要素です。これが悪いと成功しても一時的なものになるか、没落・転落など衰退の暗示があります。80点
成功運目的に対する成功運の強さをあらわします。この点数が高いほど自分の思い通りに成功し、逆に悪いと逆境・批判・障害などに苦心します。88点
健康運体力・健康に恵まれるか否かをあらわします。先天的に健康に恵まれても、これが悪いと次第に病弱となり、種々の病気に悩まされやすくなります。87点
環境運家庭や職場等での援助運・環境運を司ります。これが良いと配偶者や子供・職場の同僚などから助力が得られやすく、悪いと波乱・不和・孤独などがあります。82点

三木 崇史 さんの基礎運 ~人生の土台となる最も重要な部位

運勢 運勢点 五行関係
80点 土(人) <=> 土(地)
運勢は大吉 > 吉 > 小吉 > 凶 > 大凶の五段階評価であらわされます。 点数は基礎運の基本点数に成功運の良し悪しを加味しています。そのため同一五行関係でも点数が上下します。 人格の五行と地格の五行を表示しています。より具体的には陰陽関係を見ますが、ここでは表示していません。
運勢解説
土と土が上下に重なった配置で、平穏・温順などの意味がある吉配置です。大体において一生を平穏・幸福に過ごすことができる配置ですが、土が重なっているため鈍重・不活発の暗示があり、凶事や病難を招きやすいとされます。

基礎運とは? 基礎運は人格の五行と地格の五行を対照したもので、姓名判断において最も重要な部位であり、運勢の根幹を成すものです。この基礎運が悪いと、先天的に体が強い人でも次第に病弱となったり、不慮の災いに遭って没落してしまったり、最悪は早世してしまう暗示があります。ですから姓名中に吉数が多くても、基礎運が悪ければ運勢が不安定となり、病難・波乱・災難などの凶相を免れがたいと言えます。

三木 崇史 さんの成功運 ~人生が順境か逆境かを計る部位

運勢 運勢点 五行関係
大吉 88点 金(天) <=> 土(人)
運勢は大吉 > 吉 > 小吉 > 凶 > 大凶の五段階評価であらわされます。 点数は成功運の基本点数に基礎運の良し悪しを加味しています。そのため同一五行関係でも点数が上下します。 天格の五行と人格の五行を表示しています。より具体的には陰陽関係を見ますが、ここでは表示していません。
運勢解説
土は天格の金を生じますので、成功は順調で極めて発展力が強く、目的あれば万事が思い通りに叶う暗示があります。そのため目的に対し一心に努力邁進すれば大成功する暗示があります。ただし他格構成が悪く四運に凶数が多ければ成功に困難を生じます。

成功運とは? 成功運は天格の五行と人格の五行を対照したもので、その人の人生が順境か逆境かをあらわします。ですからもしこの部位が凶の場合は逆境の人生となり、種々の障害があって目的達成に苦心したり、その過程において不慮の病難や災難に見舞われるということがあり、成功が容易ではありません。しかし、成功運が悪いから成功しないというわけではなく、先天運との関係や本人の努力次第では、社会的に大いに成功する人もいます。ただし成功運は主観的な運勢であるため、もし成功運が悪い場合は、そのような成功者でも「自分はもっと認められていいはずだ」というような不平・不満が出やすくなります。

三木 崇史 さんの環境運 ~対人運・家庭運・境遇運などを司る

総合的な運勢 運勢点 外格数 五行関係
大吉 82点 8 土(人) <=> 金(外)
運勢は大吉 > 吉 > 小吉 > 凶の四段階評価であらわされます。 点数は外格の基本点数に人格・外格関係の吉凶を加味しています。 外格(副運)の数理です。 人格の五行と外格の五行を表示しています。より具体的には陰陽関係を見ますが、ここでは表示していません。
環境運のキーワード (対外的な運勢の傾向や外見の雰囲気などにあらわれます。)
鉄石、勇猛、努力、貫徹、やる気、奮闘
外格から見る運勢の傾向
8は鉄石・貫徹などを意味する吉数であり、概して環境運は良いでしょう。傾向としては、自我が強く自分の考えを固持して譲らないところがあり、これを全面に出すと社交的に災いを生じます。しかし一直線な性質と努力を怠らない気質は周囲からの信頼を得、社会的には友人や同僚からの援助・引き立てに恵まれやすい暗示があります。概して家庭的にも配偶者や子供からの助力に恵まれやすいでしょう。
人格・外格関係から見る運勢の傾向
人格が外格を生ずるとても良い運勢をもっています。夫婦・兄弟・同僚など同列の人間との関係では、あなたは相手に尽くす方で、それによって相手との関係を円満に保つでしょう。また、外格には吉数があるため、あなたの環境運は素晴らしく、家庭運や仕事運・良い仲間などに恵まれる良暗示があります。これに加え、三才配置が良ければ境遇運にとても恵まれた人であると言えます。

環境運とは? 環境運は外格の運勢に人格・外格の五行関係を加味したもので、主には仕事運(職場での環境運)・対人運・家庭運など、その人の周辺を取り巻く運勢を司ります。ですからもしこの部位が良い場合は概ね仕事運・対人運・家庭運などに恵まれ、そうでなければ職場での波乱に見舞われたり、対人関係を悪くしたり、家庭においては助力に恵まれず、不和や孤独を味わったりということが多くなります。また、環境運が悪いと交通事故や不慮の災難に遭いやすいことも、最近の私の研究で徐々に分かってきています。※ただし、環境運から見る仕事運・対人運・家庭運はあくまでもそれらの側面であるため、すべては総合的に判断しなければなりません。

三木 崇史 さんの健康運

三才配置吉凶健康運平均点
金土土86.8点
三才から見る健康運
三才の隣り合う五行がすべて比和・相生の関係にあるため、基本的に心身ともに壮健であり、体力・精神力が強く健康に恵まれる運勢です。ただし、主運や前運に凶数がある場合は病難の暗示が高まるため、健康運は低下します。また、総運に凶数がある場合は後半生において病難の暗示が高まります。
総合的に見る健康運
健康運がとても強いため、心身ともに壮健で体が強く、人生全体において病難に見舞われる暗示が低いと言えます。特に四大運に吉数が多い場合はエネルギーに満ち溢れ、免役力が強く病気を寄せつけません。また概して境遇運にも恵まれているため、不慮の事故や災難に遭う危険性も低いと言えます。ただし先天的に病弱の傾向がある場合は、稀に病難や事故に遭って短命となる人もいます。

年代別健康運

幼年期~20歳頃86.7点- 0.1
青年期20~35歳頃87.1点+ 0.3
壮年期35~50歳頃86.8点- 0.0
中年期50~65歳頃86.8点- 0.0
晩年期65歳~86.8点- 0.0

難のある五行と注意すべき病気

三才配置において特に難のある五行、および注意すべき病気はありません。ただし四大運に凶数が多い場合は病難・病弱の暗示が加わりますのでご注意ください。また姓名が完璧でも先天運に病弱の傾向がある場合は、それ相応の災い・病難があることは付け加えておきます。

姓名判断で寿命は分かるの? 分かりません。というのも、人の運勢は先天運や後天運に加え、本人の考え方や行動の仕方など種々雑多な事柄から影響を受けるため、姓名判断だけで運勢の良否や寿命などを断定することはできないのです。ですから良名でも早くに亡くなってしまったり、凶名でも長寿だったりすることはよくあります。しかし凶名の場合は人生全体において波乱や不運、災難や病難などが多いため、概して幸福安泰な人生を送ることは難しいと言えるでしょう。

三木 崇史 さんの対人運

対人運総合点 - 90点

年上の人との関係・対人運 (人格と天格の関係)
対人運
関係する人年上の人、父親、先輩、上司など
五行【土】 + 【金】 - 生じる関係
説明人格が天格を生じているため、概してあなたは相手に対して友好的な感情を抱き、協力的です。そのため相手からのあなたに対する信頼や評価も高く、余程自分勝手な行動を取らない限りこの関係は良好です。相手に尽くすことでさらに運勢が上がります。
年下の人との関係・対人運 (人格と地格の関係)
対人運
関係する人年下の人、母親、子供、後輩など
五行【土】 + 【土】 - 比和の関係
説明人格と地格が同じ性質であるため、あなたは基本的に相手と友好的かつ協力的な関係が築けるでしょう。同じように相手もあなたに対して友好的な感情をもち、人生の様々な場面で協力してくれそうです。さらに相手を思いやることでより力強い関係となります。
同列の人との関係・対人運 (人格と外格の関係)
対人運
関係する人配偶者、兄弟、同年代の人、同僚など
五行【土】 + 【金】 - 生じる関係
説明人格が外格を生じているため、あなたは配偶者などに対して協力的で、助力を惜しまない人です。もし相手にもこの配置があれば、その関係は互いに生じ合う最高の関係と言えるでしょう。ただし、外格に凶数があると相手からの助力に恵まれにくい暗示があります。

※対人運は当人を主体とした他との関係性をあらわします。そのため、配偶者など特定の人との相互的な関係性を見る場合には、必ず相手の姓名も見た上で判断します。さらに相手との相性を知りたい場合は、自分の人格・地格と相手の人格・地格が比和・相生の関係にあるか否かを見ます。

20歳未満の方への注意点 あまり知られていませんが、姓名の暗示力は特に20歳以降強まります。それは中心運である主運の影響が擡頭するのが早くても20歳以降だからです。もちろん前運は前半生の運勢をあらわす部位であり、これは比較的早い時期からその影響力を示しますが、それ以外は20歳以降順次発現してきます。主には前運が幼少期から、主運が20歳頃から、副運が30歳頃から、総運が40歳頃から影響を強めます。したがって、姓名の影響力が完全になるのはおよそ40歳以降となります。そのため、20歳未満の人では姓名の暗示力はまだ弱く、姓名から運勢の良否を判断するのは時期尚早と言えるわけです。

このページの先頭へ

姓名判断の【虎の舞】ロゴ
姓名判断の【虎の舞】ロゴ