「木」の五行に難がある著名人の病例

五行五臓五賦五官五主
発症しやすい病気
肝臓の病気、肝臓がん、肝細胞がん、肝不全、うつ病、胆石症、肝炎、肝硬変、胆管がん、胆管炎、胆囊がん、脂肪肝、横紋筋肉腫、てんかん
あらわれやすい症状
自律神経失調症、抑鬱状態、不眠症、神経症、神経痛、筋肉の異常、筋炎、頭痛、関節炎、眼の不調
緒形拳 (俳優)
『緒形は2000年頃から慢性肝炎を患い、肝硬変を経て2003年から2004年の頃に肝癌に至り』とある。71歳没。三才は【木・金・木】で、人格の金は天地両方を剋しており、健康運は非常に悪い。また本名の緒形明伸も木に難があるのが見て取れる。
横山友美佳 (元バレーボール選手)
横紋筋肉腫のため21歳の若さで死亡した。四格において人格の金を助けるものはなく、無力となっている。人格・地格関係は【金・木】であり、木を剋しているが、五行「木」には筋や筋肉という意味がある。また総運の40数も病難を招く悪運である。
池田貴族 (ミュージシャン)
肝細胞がんによって36歳で亡くなった。人格の金が天格の木を剋しており、木が弱まっている。木は五行論で肝臓をあらわす。また本名の池田貴も同じで、木が強く剋されている。
樋口宗孝 (ドラマー)
肝細胞癌のため49歳で亡くなる。人格は11の木で、これが天格の18・金から剋されている。外格にも助けとなる木があるが、これは22数で凶数のため弱く、病難の相をはらんでいる。また地格の土は木を養うが、同時に天格の金を生じ強めている。
児島善三郎 (洋画家)
『1961年2月、千葉市の額田病院に入院。1962年3月22日、肝臓癌にて逝去。享年69。』人格の22数は凶数であり、病難の相をもった弱い木であるのに加え、天格の金に剋されている。この金は18数の陰金であり、22数も陰木であるため互いに陰となり剋が強まる。次第に「肝」が蝕まれていった感がある。
いわさきちひろ (画家・絵本作家)
原発性肝臓癌のため55歳で亡くなった。人格・地格ともに金があり、これが天格の木を強く剋している。また外格にも22数の木があり、これは病難運でもある。また本名である松本知弘にも早世の暗示が出ている。
稲見一良 (小説家)
肝臓癌により、10年もの闘病生活の末、63歳で死亡。人格・地格はともに金であり、これが天格の陰木を強く剋している。また外格の22数も木だが、これは病難運であることに加え、剋されているため病難の暗示を強める。さらに総運の30数も健康運減退の暗示である。
高坂正堯 (政治学者)
肝臓癌のため62歳という若さで死去。三才配置【金・木・金】は健康運最悪の兆であることに加え、人格の12数は病弱運である。これは木で「肝」をあらわすため、当然肝臓に病難を発しやすい。また副運の22数も病難運であり、総運の34数は破滅運である。
河野高明 (プロゴルファー)
肝臓がんのため70歳で死去。三才配置【水・木・金】は成功運あるも人格が剋されているため病難を発しやすい。人格は21数の強い木だが、外格にも7数の金があるためひどく弱まっている。加えて総運の38数も気力・体力減退の暗示である。
大石千八 (政治家)
『2011年9月26日、肝臓がんのため静岡県島田市の病院で死去。75歳没。』とある。天格・人格の金は地格の木を強く剋しているのに加え、同時に外格の木をも剋しており、病難の暗示が強まる。さらに総運の19数も短命の暗示をもつ運勢である。
前田陽一 (映画監督)
63歳という若さで肝不全のため亡くなった。人格の22数は病弱運であるのに加え、地格の18・金から剋されておりひどく弱まっている形。外格の10数は水で木を助けるが、これは凶数であり力が弱いことに加え、病難の凶相をはらんでいる。
武内亨 (俳優)
『2006年8月4日、肝内胆管癌のため神奈川県川崎市の病院で死去。享年79。』三才配置【木・木・金】は人格の木が地格の金に剋され弱められている形。しかし天格にも木があることに加え、外格にも木を助ける水があるためそれほど深刻ではない。ただし総運の19数は健康運減退の暗示である。
山岸紀郎 (元バレーボール審判員)
胆管がんのため68歳で亡くなった。人格の金は外格の金に強められ、これが天格の木を強く剋しているため、「木」に病難を発する恐れがある。また総運の34数も災難や病難を呼ぶ悪い運をもつ。
加賀谷健 (政治家)
『2014年4月24日午前10時35分、肝内胆管癌のため千葉県千葉市中央区の病院で死去した。70歳没。』人格・外格ともに金であり、これらが地格の木を強く剋しているため病難の暗示がある。また人格の金は木を剋すと同時に、天格の火に剋されており、これも病難の暗示を強める。

このページの先頭へ

姓名判断の【虎の舞】ロゴ
姓名判断の【虎の舞】ロゴ