セクハラやじ問題 当事者達の名前

 東京都議会でセクハラやじ問題が勃発、「早く結婚しろ」、「産めないのか」などのヤジを受けて東京都議の塩村文夏(35)議員が憤慨、その後鈴木章浩議員が一部のヤジを認めたものの、他のヤジに関しては不明で、塩村さんは告訴も辞さないというような状況になっているようです。さて、この二人の名前を見てみましょう。  塩村さんは、主運に11画で穏健かつ不屈の精神を有するものの、前運の14は怒り・ストレスの溜まりやすい数で内心は急進的かつ短気です。また外運の23は寡婦運と言われ、女性がもつと色々な面で男性に勝るため、衝突も起きやすく、恋愛・結婚運も非常に悪くなります。また全体的に火が強いため燃えるような気概がある反面、14,34の二つの凶数によって沸騰するマグマのように執着心が強くなる傾向もあります。  塩村さんはおそらく勝ち気な人ですから、普段から周囲の男性の反発を買ってこのようなヤジが飛び出してきたのではないでしょうか。もちろんヤジ自体も凄く悪いのですが、塩村さん自身に男性のヤジを引きだすような性質があるということも言えるわけです。  また三才の配置は、天格の水が地格の火に降りかかり災難を及ぼすという凶配置です。これはサッカー日本代表の本田選手と同じ配置です。次第に悪運が顔を出し、健康運や境遇運に影響を及ぼす配置ですから、前途不安です。おまけに総運の34は破滅運ですので、50歳前後急激に運気が低下し、不幸を嘆くことになるでしょう。少し厳しいようですが、塩村さんは強い凶暗示を秘めています。  最後にヤジを飛ばした鈴木議員、あまり多くは語りませんが、主運の土が地運の木に剋されています。これは目下の者と揉め事を起こすという意を含んでおり、今回の一事とも重なります。健康にも要注意です。

< 次のニュース

ビッグダディこと林下清志氏の自宅兼店舗が全焼

前のニュース >

爆発的人気のLINE 社長の名前は?

ニュース一覧はこちら

このページの先頭へ

姓名判断の【虎の舞】ロゴ
姓名判断の【虎の舞】ロゴ