『夫婦仲良くなかった』福岡母子殺害事件を姓名判断で読む

 今月6日、福岡県小郡市小板井の住宅で、母親と子供が死亡しているのがその母親の姉によって発見されました。部屋には練炭があったことから、当初は無理心中だと考えられていましたが、母親の首に自殺した場合にできるものとは異なる皮下出血の痕が確認され、事は殺人事件へと移ります。後に逮捕されたのはなんと殺された母親の夫で、県警通信指令課の巡査部長でした。後に容疑者は『夫婦仲良くなかった』と漏らすことになりますが、その名前をうかがってみると、確かに夫婦仲に亀裂ができる暗示がありました。それは一体どんなものなのか、早速見ていきましょう。    まずは、容疑者が夫婦仲が悪いという趣旨の供述をした新聞記事を引用します。
 福岡県小郡市の住宅で中田由紀子さん(38)と子供2人が殺害された事件で、由紀子さんの夫で逮捕された県警巡査部長の充容疑者(38)が「妻とは最近不仲だった」という趣旨の供述をしていることが9日、分かった。充容疑者は容疑を否認しており、県警は夫婦関係の悪化が事件の動機となった可能性もあるとみて調べている。  充容疑者は、6日午前0時ごろから同6時ごろにかけて自宅で由紀子さんの首を絞め、殺害した疑いが持たれている。  これまでの調べでは、充容疑者は職場などから、既に死亡していたとみられる由紀子さんの携帯電話に繰り返し電話をしていたことが判明。県警は捜査対象となるのを避けるため、由紀子さんの死亡を把握していないふりをしたとみている。  由紀子さんの姉が遺体を発見した際に、室内に煙が充満していたことも判明。練炭のようなものも置かれており、姉は充容疑者に「妹が自殺している」と伝えていた。  県警は、充容疑者が無理心中を偽装したとみて、練炭のようなもののほかに煙を発生させるものがなかったか調べる。 引用:産経新聞『「妻とは最近不仲」逮捕の巡査部長が供述…夫婦関係悪化が動機の可能性も』

夫婦破縁の兆候ある中田由紀子さんの姓名

 まずは殺された母親の姓名から見ていきます。中田由紀子さん(38)です。四大運には前運に鋭い気性と果敢な性質を有する17数・陽金、主運には薄弱な性質で内向的な傾向ある10数・陰水、副運には大きな雅量と協調の精神をもつ16数・陰土、そして総運には親分肌で義侠心を有するも浮き沈みの激しい運勢をもつ26数・陰土があります。前運に男性的で気の強い17数がありますが、四大運には陰数が多いため女性的で優しい感じがする人です。特に主運の10数は薄弱的かつ内向的な数ですので、外見はやや大人しそうな雰囲気をもっているでしょう。ただし内面は剛毅です。  ここで注目されるのは主運と総運の凶数もそうですが、「夫婦関係に溝ができる暗示」です。当サイトのユーザーの方であれば既にご存じかと思いますが、それは寡婦運及び人格と外格の関係です。寡婦運は21・23・29・33・39といった数ですが、このような数は中田由紀子さんにはありませんので、寡婦運的な暗示はありません。寡婦運的な暗示とは、妻が夫を剋すことによって夫婦仲に亀裂を生じたり、夫の運勢を著しく減退させ、後に死別を引き起こすといったものです。女性が強烈な寡婦運を有すると、夫婦の姓名の構成にもよりますが、概して夫が先立つことになります。寡婦運は特に主運や総運にある場合に強烈に働きます。  次に中田さんの人格・外格関係に注目します。すなわち外格は配偶者を象徴するため、人格(自身)と外格(配偶者)を比較するのです。人格は10数・陰水であり、外格は16数・陰土ですから、人格は外格に剋される関係です。互いに陰同士の剋ですから、相剋の度合いが比較的強く、人格が圧迫されていることが分かります。夫を象徴する外格から人格が剋されるわけですから、この暗示は夫から迷惑を掛けられる・夫から非難や攻撃を受ける・夫との縁が薄い・夫との間で深刻な諍いや争いが起きるなどと見ますが、重要なのは外格が人格を剋しているという点です。これは、夫婦関係においては自身が相手から剋されやすいということをあらわします。  ここで相剋関係を整理しておきましょう。一概に相剋といっても、それが陰陽の関係なのか、また陽陽の関係なのか、陰陰の関係なのか、或いは五行はどうなっているのか等で、相剋の度合いや質は全く変わってくるからです。以下に相剋関係の重要な点を述べますが、これを知るだけでも姓名判断や四柱推命を見る際、飛躍的に洞察力が高まるでしょう。
①陽と陽同士の相剋
互いが真っ向から対立する強い相剋。事象としては互いに理解が無く攻撃的かつ険悪な対立となりやすい。喧嘩別れしやすい。
②陰と陰同士の相剋
比較的強い相剋だが陰同士のため、互いにむっつりと押し黙った暗闘のような形を生じやすい。陽同士と同じく対立の形であるため、互いに理解がなく険悪となりやすいが、衝突の力はやや弱い。
③陽から陰への剋
陽と陰で配合されるため、上記のような理解のない相剋ではなく、強いが情のある相剋。父母の子供に対する愛情を含んだ厳しさにもたとえられる。ただし、五行によって相剋の強さや質は大きく異なる。
④陰から陽への剋
非常に弱い剋で、相手はほとんどダメージを受けないか、無作用。ただし、五行によって相剋の強さや質は異なる。
 陰陽だけでもこれだけの違いがありますが、五行によって例外もありますので注意が必要です。例えば土の五行がそれです。土には陽土と陰土がありますが、陽土は水を含まない乾いた燥土。反対に陰土は水をたっぷりと含んだ湿土です。このため、陽土から陰水への剋では、上記では③に当てはまりますが、燥土は水を吸収する力が強いため、陰水に対しての剋はかなり強いのです。ですから人格に10数・外格に15数といった場合は、人格は外格に強く剋されていると見ます。同じようにそれぞれの五行・十干に特性がありますから、それをきちんと見なければ正しく判断することはできません。  つまり、中田さんの相剋は②です。陰水が陰土によって剋されていますが、元々陰水は雨水のような弱い水ですので、心身ともに弱りやすいと言えます。このことから、夫のことでかなり神経がすり減って、精神的にも参っていたことが想像できます。また互いに陰同士の相剋であるため、理解がなく、互いが互いを避けているような格好です。陰同士の剋ですから表だった喧嘩などはあまりやりませんが、口を聞かず陰で恨んでいるような形で、陰湿となるでしょう。これは数がともに湿り気のある陰数だからです。そして湿土が水を吸収するように、急変ではなく、徐々に関係が悪化していきます。  最後に中田さんの三才を見ておきますが、【水・水・金】という相生の比較的良い形です。子供は地格に象徴されるため、子供から元気をもらっていることが分かります。こちらは陰水に対して陽金という理想的な関係(陽金はよく水を生じる)ですから、概して子供との関係は良いと言えるでしょう。さらに総運は大凶運26数。この数は凶数の中でも最も凶威が強い部類に入りますから、後半生には何か大きな災厄があると見ます。まさかここまでの災厄が起こるとは姓名だけでは判断がつきませんが、とにかく26は人生に大きな変転を巻き起こします。大波乱運です。  次は容疑者となった中田さんの夫の姓名を見ていきます。

人生多難の暗示ある中田充容疑者の姓名

 逮捕されたのは中田由紀子さんの夫で警察官の中田充容疑者(38)です。注目すべきは中田容疑者も主運に妻と同じ10数をもつことです。内向的な性格で気が弱く、内面は暗みを帯びていて、中田由紀子さんよりもさらに一段悩みが深いことがその姓名構造から分かります。それは夫婦互いに主運と総運に大凶数をもっていますが、中田容疑者の方は人格が地格と外格の二格から剋されているからです。具体的には、人格の10数・陰水は地格と外格にある15数・陽土から剋されており、これらは先に述べた強い相剋です。そしてこの弱い水には金の助けがありませんから、水はひどく疲弊して乾きそうなことが分かります。精神力がかなり弱く、鬱病なども患いやすい姓名です。  今回の事件の重要な焦点はやはり夫婦関係であり、それは人格・外格関係です。妻の中田由紀子さん同様、夫の中田容疑者も人格・外格関係が相剋となっていますが、注目すべきはこちらも人格が外格に強く剋されている点です。先ほど私は人格が外格から剋される場合は、『自身が相手から剋されやすい』ということを述べましたが、このように夫婦どちらにも同じ方向の相剋がある場合は、互いに反目するということをあらわします。夫婦関係としては互いに思いやりがなく、攻撃的な物言いや冷たい行動から、徐々にすれ違いを生じやすいと見ます。やはり互いに互いを避けているような格好で、暗に強い怒りを抱きやすいでしょう。夫婦仲・家庭運としては大凶暗示です。  ただし、人格と外格の強い相剋は仲互いや不和だけでなく、互いの距離を示すこともあります。つまり、夫婦仲としてはそれほど悪くはないものの、互いに仕事が忙しくて一緒にいる時間が取れず、生活はすれ違うような形になったり。或いは夫の単身赴任などで仕方なく離れ離れになるような形です。姓名から夫婦関係を見るときはこの点も視野に入れます。  さらに地格は子供を象徴する部位ですから、人格が地格に剋されているということは、子供の存在も中田容疑者にとっては煩いの原因になっていた可能性が高いということです。報道では優しい父親の姿などが伝えられていますが、姓名は真実を物語ります。もちろん人格が地格を剋しているわけではありませんから、子供に対しては冷たい父親ではありませんが、この強い相剋を見る限りでは、仲の良い円満な親子関係とは見れません。しかしこちらも距離として見れば、子供との関係そのものが悪いわけではなく、接したいが接することが許されないような状況にあったのかもしれません。また、対外的には夫婦ともに外格に明るい吉数がありますから、周囲には人の良さそうな或いは仲の良さそうな家族に映っていたということも頷けます。なぜなら人格はその者の性格・本質をあらわしますが、外格はその者の外見や印象を司るからです。  このように夫婦の関係性は姓名だけでもかなり分かりますから、例えば近所の様々な夫婦の名前を読んでみれば、その内実がすぐに分かるということです。概して夫婦両方の人格・外格関係に強い相剋があらわれている場合は一見仲が良さそうに見えても内実は仲が悪いか、或いは険悪な関係に陥る可能性あり。またどちらか一方が相生か比和でどちらか一方に強い相剋がある場合は、夫婦関係はそれほど悪くないものの、片一方に不満があらわれます。どちらも相生・比和の場合は概して良いと言えますが、例えば金・金などは自我が強く対立する恐れありです。また相剋でも、木と土の相剋は比較的弱く、木は土に付く関係ですから最悪とはなりません。加えて相生・比和でも、女性の側に強烈な寡婦運がある場合は夫を圧します。  最後に中田容疑者の総運にある14という数に注目します。既にご存じと思いますが、これはひどく家族縁の薄い破滅の大凶数です。これが後半生の運勢を司る総運にあらわれているということは、中田容疑者は後半生において離婚を経験するか、病難や事故などで家族と離れ離れになるか、そうでなくてもひどく寂しい境遇に陥るという暗示です。ですからこの数や三才配置からうかがうに、中田容疑者は家庭で孤立していたことが分かるわけです。人格と外格(妻)との間に距離があり、人格と地格(子供)の間に距離があるわけですから、その姓名構造から孤立して当然であり、そこから自暴自棄になった可能性が高いと言えるでしょう。 --------------2017年6月11日追記--------------  2017年6月11日現在、第一発見者である中田由紀子さんの姉も怪しいという疑惑が上がっていますが、兄弟姉妹も外格が司ります。この点において、中田由紀子さんは人格が外格に強く剋されているという事実から、姓名判断的にもこの疑惑を完全に否定することはできないと言えます。ちなみに、中田容疑者の人格・10数・陰水に対し、外格・15数・陽土の関係は夫婦仲に亀裂が生じやすい暗示でありますが、この配置は土・水の関係が過度に異性に惹かれやすいことから、比較的浮気や不倫が元で関係が破綻することが多い配置です。いずれにしても真実が明らかになるまで、深読みは避けたいと思います。  以上、今回も最後まで読んでいただき誠にありがとうございました。

< 次のニュース

NHKの女性記者が過労死!その姓名にあらわれた悪運とは

前のニュース >

菊川怜さんの夫に婚外子?夫婦の姓名にあらわれた悪運とは

ニュース一覧はこちら

このページの先頭へ

姓名判断の【虎の舞】ロゴ
姓名判断の【虎の舞】ロゴ