姓名判断の虎の舞は、五格剖象方を基本とし、姓名の根幹である「天・人・地」三才を重視する姓名判断サイトです。

明石家 さんまさんの姓名判断

天格23 陽火人格13 陽火地格9 陽水
8510
324
外格19 陽水総格32 陰木
四大運主運副運前運総運
1319932
運勢大吉運凶運凶運大吉運

三才の配置

火火水

助力者に恵まれるも基礎不安なり。発展しても予想外の変事により地位、財産、生命を失うことあり。健康にも注意を要する急変運なり。

年代別運勢グラフ

少年期~20歳頃36点- 11.0
青年期20~35歳頃41点- 6.0
壮年期35~50歳頃46点- 1.0
中年期50~65歳頃52点+ 5.0
晩年期65歳~58点+ 11.0
※年代別運勢グラフは、あくまでも時期別の運勢を概算したものですので参考程度にご覧ください。少年期や青年期の運勢が平均と比べて高い場合は比較的若い頃に成功や幸福があり、反対に中年期や晩年期の運勢が平均と比べて高い場合は後年に華開く大器晩成型と言えるでしょう。ただし、少年期の運勢が低いからと言って、若い頃は成功しないといったことではありません。

基本運勢グラフ

基礎運運勢の土台となる最も重要な要素です。これが悪いと成功しても一時的なものになるか、没落・転落など衰退の暗示があります。37点
成功運目的に対する成功運の強さをあらわします。この点数が高いほど自分の思い通りに成功し、逆に悪いと逆境・批判・障害などに苦心します。65点
健康運体力・健康に恵まれるか否かをあらわします。先天的に健康に恵まれても、これが悪いと次第に病弱となり、種々の病気に悩まされやすくなります。53点
環境運家庭や職場等での援助運・環境運を司ります。これが良いと配偶者や子供・職場の同僚などから助力が得られやすく、悪いと波乱・不和・孤独などがあります。28点

鑑定結果 - 目次

明石家さんまさんの四大運

主運 13 - 大吉運

学芸の才能を有する大吉運

知力抜群で頭の回転が早く、知識欲も旺盛であるため、努力さえ怠らなければ相当成功する暗示があります。明るく活発でおしゃべりも上手いため人気者になりやすいでしょう。ただしやや短気・性急な面がありますので、この点を抑えると良いです。元々明るく活発な気性ですが、三才や他格構成において周囲に金や水があると、火のエネルギーが抑えられるため性情がやや暗くなったり、感情の起伏が激しい激情型になったり、薄弱・病弱傾向があらわれたりします。もし三才が良ければ大きく成功する暗示があります。この数を主運にもつ有名人としては、お笑い芸人の明石家さんまさんなどがいます。

13数についてさらに詳しくはこちら

※主運は本質的な性質および中心的な運勢です。ただし三才によって大きく変化します。

副運 19 - 凶運

実力あるも逆運の殃禍ある知謀数

ずば抜けた頭の良さと俊敏さをあわせもち、非常に活動的な性質でじっとしていられません。外交的で活発な人が多いようです。鋭い直感力と感性をもっているため、芸術方面で大きく成功する人もいます。しかしこの数には逆境・多難の暗示があるため、仕事や家庭などにおいて苦労が多くなる暗示があります。一見とても社交的に見える人もいますが、実は神経が繊細で人見知りをしやすいため、打ち解けず孤独感を感じやすい傾向もあります。ただし、もし人格が木・金・水であれば環境運・対人運は悪くはありません。対して人格が火か土の場合は逆境や事故、または孤立の傾向が強まります。

19数についてさらに詳しくはこちら

※副運は外的な印象や対人運を司ります。また人格との関係で環境運も見ることができます。

前運 9 - 凶運

逆境と孤独を暗示する知謀数

先天的にやや薄弱・病弱な人が多いでしょう。知力と行動力には長けていますので、前半生から果敢に物事を成していくところがあります。ただし、この数には逆境・病弱といった意味があり、不慮の災難など悪運に苛まれやすいところがあり、なかなか物事がうまくいかず悩むことも多いでしょう。家族との縁も薄い暗示があるため、親との生死別や寂しい家庭環境に育つ人も多いようです。ただし、もし三才が良ければ逆境は緩和されます。三才が悪い場合は悪運強まり不遇の暗示が強まります。

9数についてさらに詳しくはこちら

※前運は主に前半生の運気を象徴します。主運(人格)との関係で性質や運勢が変わります。

総運 32 - 大吉運

周縁上長の引き立てある多福僥倖運

32は最大吉運の一つです。この数を凶数や寡婦運として扱う姓名判断もありますが、実は温良・恩徳・繁栄といった数意のある非常に貴重な運格です。僥倖運とも言われ、その優しく暖かい人柄によって周囲の引き立てを得、これによって大きな成功を手にする人も多くいます。性質としては独特の柔らかみある雰囲気と愛嬌があり、人を引きつける魅力に富みますから、人気運と言えます。また独創性にすぐれ、天才的なひらめきや才能をもって成功する人も多いでしょう。基本的に成功運や財運が非常に強く、きっかけを掴めば破竹の勢いで成功していくという天賦の幸運あり。もちろん事業運としても文句なしの大吉運であり、信頼と人気を得ます。ただし、三才や他格構成が悪い場合はそれ相当の波乱があるでしょう。対して三才が良い場合は非常な幸福数となります。この数をもつ著名人としては、フィギュアスケート選手の浅田真央さんなどがいます。

32数についてさらに詳しくはこちら

※総運は主に後半生の運気を象徴します。また性質にも影響を与えます。

四大運と三才の説明

運の名称影響時期説明
主運20歳頃~晩年祖先より伝承される天格と、自己の名である地格との中間に位置するのが人格すなわち主運です。主運は人間の体にたとえると心臓などのある体幹部にあたり、大体20歳頃から影響を強め、その者の一生の中心運となります。また主運はその者の性格や才能などを司ります。
副運30歳頃~晩年副運は主運に次ぐ影響力をもっており、主に家族や職場での対人関係など、自分を取り巻く周囲の環境を司る運格です。また、副運は自己の外部から受ける影響をさしており、身のまわりの境遇としてもあらわれてきます。
前運幼年期~35歳頃前運は主に幼年期期から青年期までの運勢に強い影響を及ぼします。ただし幼年期は自己の先天運や家族の運勢にも影響されるため、前運が吉数だから幸福、あるいは凶数だから不幸だと一概にはできません。
総運35歳頃~晩年総運は主に35歳頃から擡頭し、後半生の運勢を司ります。しかし総運は全ての文字格数をあわせた総数であり、物事の全ての結果という意味をも含むため、一つ一つの物事の結果としてもあらわれてきます。
三才の配置幼年期~晩年天人地の配列は天格・人格・地格の数理を五行(木・火・土・金・水)に当てはめたもので、三才の配置とも言います。三才の配置は姓名学上非常に大きな影響力をもち、もし三才の配置が悪ければ、健康運や境遇運に恵まれず、人生において逆境・障害・困苦などが多く、最悪は短命などの凶誘導があります。対して三才の配置が吉以上であれば、四大運に凶数があってもその凶意を大きく緩和し、健康運・対人運・成功運などに吉勢をもたらし、その境遇運は概して安定したものとなります。

明石家さんま さんの性格傾向

人格の数理と五行属性性質の強さ強弱数値
13 - 火陽(+)-4
本質的な性格
その性質は太陽や炎にたとえられます。基本的に明るく寛大な性質をもつため、人から好かれやすく、友人を得やすいという長所をもちます。活動的かつ知力旺盛であり、物事を素早く処理する知力と手腕とを有し、弁舌に長ける人も多いでしょう。しかしその反面、気持ちが燃えあがりやすいため何事も急進的・急激的に行う一面があり、感情を抑えるのが苦手で短気な人が多くいます。また、炎は風にあって動揺し、雨に打たれて弱まるといった性質同様、やや耐久力が不足していることは否めません。これら炎の性質を決定するのが三才配置です。その配置が良ければ性格もバランスの良いものとなりますが、火が多すぎれば短気かつ急進的に過ぎ、逆に火が弱まっている場合は明るさが破れ、一種沈鬱的な性格傾向となります。概して人格に23・33数を有する人は頭領的な素質を多分にもっており、リーダー的な役割を担うことが往々にしてあります。
性格的な長所
明るく寛大な性質は非常に良い点ですから、それを伸ばすことで対人運が自然とあがります。また知力が優れているため、物事に対する理解力・吸収力が高く、勉学に際しては大きな発達力を秘めています。弁舌に長ける人も多く、人前で喋る仕事も向いているでしょう。
性格的な短所
物事に激しやすい短気な面がありますので、感情を抑えるように努めることが必要です。また動作が素早く急進的な点は美点でもありますが、それが過ぎれば物事への対処が雑になってしまいますので、一つ一つの物事を慎重に行うように心掛けると良いでしょう。

性質の強弱

中弱中強
強弱の説明強弱の数値は-20~+20まであり、これによって本来の性質の強度を計ります。ただし、一概に性質が弱いから薄弱、性質が強いから堅剛ということにはなりません。総合的には三才配置や他格の数を加味して判断します。
火の性質が中程度のため、適度な明るさ・暖かさをもったタイプです。それほど短気過ぎず、急進的過ぎずといったバランスの良さがあり、俊敏な行動力も有しています。ただし、三才において天格・地格どちらにも木が無い場合は耐久力・持久力が不足しており、薄弱・病弱の傾向となります。

内面に秘めた性質

以下は本質的な性格を構成する二つのサブ的な性質で、さんまさんの内面的な性格をあらわします。それぞれが10~20%程度の影響力をもちます。
陰水陽火
内面には穏やかで親切な心をもっており、知恵があり物事を深く考えることが得意です。反面活動力が弱く静寂で、沈みがちな性質ももっており、我慢強く苦労性な一面もあります。概して人と争うことを好まず、穏健で順応性があり、判断力にも優れています。内面には明るく寛大な性質をもっています。活動的な性質で気持ちが燃えあがりやすく、概して物事を急進的に行うところがあり、我慢強くはなく短気な一面があるでしょう。頭の回転が速く、一を聞いて十を理解するような知力を有していますが、せっかち過ぎる面もあります。

三才から見た性質傾向

以下は三才の配置から見た性質傾向です。これは天格と地格から人格が受ける影響を考慮しています。

火火水
人格の火と地格の水が相剋する配置で、性質は火の活発で明るい面と、水の知的でクールな面をあわせもちます。ただし火と水は相剋関係であり、特に水が火のエネルギーを削ぐ形となりますので、精神的には薄弱傾向となります。火は本来明るく活発で元気の良い気質がありますが、この配置の人はややエネルギーが弱く、どことなく暗い雰囲気をまといます。とても頭の切れる人ですが、感情の起伏が激しいため、明るく振る舞っていても突如暗い気持ちになったり、心がネガティブな感情に支配されやすいでしょう。また事故や怪我、病難にも遭遇しやすい配置ですので、できれば改名をおすすめします。病原としては心臓・脳・血流関係・泌尿器系・子宮などに難が出やすいです。この配置をもつ有名人としては、女優の水島かおりさんなどがいます。

明石家さんまさんの五行と陰陽

以下では姓名における五行と陰陽の強弱を見ていきます。

姓名における五行の強弱

20%
40%
0%
0%
40%
管理人

ちなみに五行のバランスが良いから運勢が良いとか、バランスが悪いから運勢が悪いというものではありません。しかし先天運と総合した上で、あまり同一五行に偏る場合は、偏った五行が忌神(凶作用のある五行)である可能性があります。このような場合は、生命エネルギーの低下を起こすため、吉名であっても福運が活かされないことがあります。

姓名における陰陽の強弱

80%
20%
管理人

陽が強ければ男性的で積極的な性質傾向、陰が強ければ女性的で優しい性質傾向となります。ただし、性情は先天運の五行エネルギーにも左右されますので、参考程度にご覧ください。

明石家さんまさんの基礎運と成功運

三才から判断した基礎運と成功運を見ていきます。

明石家さんまさんの基礎運

運勢運勢点五行関係
大凶37点火 <=> 水
運勢は大吉 > 吉 > 小吉 > 凶 > 大凶の五段階評価であらわされます。点数は基礎運の基本点数に成功運の良し悪しを加味しています。そのため同一五行関係でも点数が上下します。人格の五行と地格の五行を表示しています。より具体的には陰陽関係を見ますが、ここでは表示していません。
運勢解説
火の下に水が位置する危険運です。別名「急変運」ともいわれ、それまでは何ともなくても、突然の災難や病難などに襲われることが多い凶運です。特に凶数が多いなど他格構成が悪い場合は凶暗示が強く働き、最悪は早世の暗示があります。できることなら改名をしたほうが良いでしょう。
基礎運とは?

基礎運は人格の五行と地格の五行を対照したもので、姓名判断において最も重要な部位であり、運勢の根幹を成すものです。この基礎運が悪いと、先天的に体が強い人でも次第に病弱となったり、不慮の災いに遭って没落してしまったり、最悪は早世してしまう暗示があります。ですから姓名中に吉数が多くても、基礎運が悪ければ運勢が不安定となり、病難・波乱・災難などの凶相を免れがたいと言えます。

明石家さんまさんの成功運

運勢運勢点五行関係
65点火 <=> 火
運勢は大吉 > 吉 > 小吉 > 凶 > 大凶の五段階評価であらわされます。点数は成功運の基本点数に基礎運の良し悪しを加味しています。そのため同一五行関係でも点数が上下します。天格の五行と人格の五行を表示しています。より具体的には陰陽関係を見ますが、ここでは表示していません。
運勢解説
火と火が重なり炎となって空に舞いあがっている形で、成功運は上々です。多くは周辺の助力があってたのもしく、順調に成功するでしょう。よく気力を振起して努力敢闘することで成功運をさらに強めます。ただし三才は基礎運に難があるため、成功しても病難・災難などに見舞われることが多く、成功は一時的なものになりやすい暗示があります。
成功運とは?

成功運は天格の五行と人格の五行を対照したもので、その人の人生が順境か逆境かをあらわします。ですからもしこの部位が凶の場合は逆境の人生となり、種々の障害があって目的達成に苦心したり、その過程において不慮の病難や災難に見舞われるということがあり、成功が容易ではありません。しかし、成功運が悪いから成功しないというわけではなく、先天運との関係や本人の努力次第では、社会的に大いに成功する人もいます。ただし成功運は主観的な運勢であるため、もし成功運が悪い場合は、そのような成功者でも「自分はもっと認められていいはずだ」というような不平・不満が出やすくなります。

明石家さんまさんの対人運

姓名の三才および人格・外格関係から分かる対人運を見ていきます。

対人運総合点 - 50点

年上の人との関係・対人運 (人格と天格の関係)
対人運
関係する人年上の人、父親、先輩、上司など
五行【火】 + 【火】 - 比和の関係
説明天格と人格が同じ性質であるため、あなたは基本的に相手と友好的かつ協力的な関係が築ける人です。概して相手もあなたに対して良好な感情を抱いて協力してくれるため、余程あなたが我を張ったりしない限りは良き助力者となるでしょう。
年下の人との関係・対人運 (人格と地格の関係)
対人運
関係する人年下の人、母親、子供、後輩など
五行【火】 + 【水】 - 剋される関係
説明人格が地格に剋されているため、概して年下の人間や子供などからの援助・助力に乏しく、時に相手との不和や喧嘩など波乱がありそうです。もしあなたが相手に対して悪い感情をもっていなくても、概してこの配置は年下の人間と友好的な関係を築きにくい暗示があります。また、子供との縁が薄い傾向にあります。
同列の人との関係・対人運 (人格と外格の関係)
対人運
関係する人配偶者、兄弟、同年代の人、同僚など
五行【火】 + 【水】 - 剋される関係
説明人格が外格に剋されているため、あなたは配偶者やパートナー・同僚などから厳しく接しられやすい非難の暗示があります。もし相手にそのような素振りがなくても、相手はあなたに面白くない感情を抱いている可能性もあるでしょう。そのため、相手からの援助や助力を得られにくい暗示があります。ただし外格が吉数であればそれらのことを緩和し、福運があります。また、配偶者や兄弟との縁が薄い傾向にあるでしょう。
管理人

対人運は当人を主体とした他との関係性をあらわします。そのため、配偶者など特定の人との相互的な関係性を見る場合には、必ず相手の姓名も見た上で判断します。さらに相手との相性を知りたい場合は、自分の人格・地格と相手の人格・地格が比和・相生の関係にあるか否かを見ます。

20歳未満の方への注意点

あまり知られていませんが、姓名の暗示力は特に20歳以降強まります。それは中心運である主運の影響が擡頭するのが早くても20歳以降だからです。もちろん前運は前半生の運勢をあらわす部位であり、これは比較的早い時期からその影響力を示しますが、それ以外は20歳以降順次発現してきます。主には前運が幼少期から、主運が20歳頃から、副運が30歳頃から、総運が40歳頃から影響を強めます。したがって、姓名の影響力が完全になるのはおよそ40歳以降となります。そのため、20歳未満の人では姓名の暗示力はまだ弱く、姓名から運勢の良否を判断するのは時期尚早と言えるわけです。

明石家さんまさんの環境運

総合的な運勢運勢点外格数五行関係
28点19火 <=> 水
運勢は大吉 > 吉 > 小吉 > 凶の四段階評価であらわされます。点数は外格の基本点数に人格・外格関係の吉凶を加味しています。外格(副運)の数理です。人格の五行と外格の五行を表示しています。より具体的には陰陽関係を見ますが、ここでは表示していません。
環境運のキーワード (対外的な運勢の傾向や外見の雰囲気などにあらわれます。)
鋭い、活動的、知性、明敏、鋭敏、逆境、孤独
外格から見る運勢の傾向
19は逆境・困難などを意味する凶数であるため、環境運は不安定です。非常に頭の働きが鋭く秀でた直感力・洞察力をもちあわせ、それに加えとても活動的で仕事もできる人ですが、孤独で協調性に乏しい一匹狼的なところがあり、そのため社会的には友人や同僚からの援助・引き立てに恵まれにくく、突発的な災難・事故などの凶暗示もあります。また、家庭的にも配偶者や子供との縁が薄く、そのために孤独を感じやすいでしょう。家族との離別・死別などの悪い暗示もあります。
人格・外格関係から見る運勢の傾向
人格が外格に剋される悪い配置です。夫婦・兄弟・同僚など同列の人間との関係では、あなたは相手から非難や攻撃を受けやすいところがあり、それによって相手と対立的な関係に陥りやすい傾向があります。また、突発的な事故や災難・病難などにも要注意です。それに加え、外格には凶数があるため、あなたの環境運は良好とはいかず、家庭運や職場環境などにおいて幾つもの波乱がありそうです。ちなみに外格は配偶者をあらわしますので、既婚者であれば配偶者の病難や災難にも注意を要します。
環境運とは?

環境運は外格の運勢に人格・外格の五行関係を加味したもので、主には仕事運(職場での環境運)・対人運・家庭運など、その人の周辺を取り巻く運勢を司ります。ですからもしこの部位が良い場合は概ね仕事運・対人運・家庭運などに恵まれ、そうでなければ職場での波乱に見舞われたり、対人関係を悪くしたり、家庭においては助力に恵まれず、不和や孤独を味わったりということが多くなります。また、環境運が悪いと交通事故や不慮の災難に遭いやすいことも、最近の私の研究で徐々に分かってきています。※ただし、環境運から見る仕事運・対人運・家庭運はあくまでもそれらの側面であるため、すべては総合的に判断しなければなりません。

明石家さんまさんの健康運

三才配置吉凶健康運平均点
火火水52.8点
三才から見る健康運
三才の隣り合う五行に沖剋の悪い関係があるため、人生全体において健康を損ないやすく、病気や怪我にも見舞われやすい暗示があります。また、これに凶数が加われば病弱の傾向があらわれます。概して主運や前運に凶数があれば幼年~中年期において病難の暗示が高まり、総運に凶数があれば後半生において病難の暗示が高まります。
総合的に見る健康運
健康運がとても弱いため、体はどちらかといえば病弱な方で、人生全体において病難に見舞われる可能性が高いと言えます。もし先天運に恵まれている場合はそれほどひどいことにはなりませんが、そうでない場合は重い病気を患うことがあり、時に短命となる暗示があり注意が必要です。また不慮の事故や怪我などにも注意を要します。特に主運に凶数がある場合は病弱・病難の暗示が強まります。
先天運と健康運の関係

大吉名でも病難に見舞われ、若くして亡くなってしまう方が稀にいます。このような人の先天運と姓名をうかがってみると、先天的な忌神が姓名に多く入っていることがよくあります。このため、姓名だけで健康運を計ることには限界があることも知っておいてください。

年代別健康運

幼年期~20歳頃46.8点- 6.0
青年期20~35歳頃50.2点- 2.6
壮年期35~50歳頃52.5点- 0.3
中年期50~65歳頃56.4点+ 3.6
晩年期65歳~57.9点+ 5.1

病原となりやすい五行と部位1

三才配置において以下の五行に難があるため、その五行に関連する部位に病難を発しやすい暗示があります。この病難の暗示は特に抵抗力が弱まる晩年期にあらわれやすいため、早くから健康に注意することが肝心で、それによって姓名の凶暗示を抑えることができます。

病難に襲われた有名人の姓名はこちらのページで詳しく紹介しています。

最も難のある五行五行が司る主な部位
心臓・脳・小腸・顔面・舌
五臓五賦五官五主
小腸
注意すべき病気
心臓病、急性心不全、心筋梗塞、心筋炎、心膜炎、大動脈瘤、脳腫瘍、脳出血、クモ膜下出血、十二指腸がん、腸閉塞 など
出やすい症状
貧血、不整脈、精神衰弱、倦怠感、自律神経失調症、睡眠障害、高血圧、低血圧、冷え性、狭心症、舌の異常 など

病原となりやすい五行と部位2

難のある五行五行が司る主な部位
腎臓・膀胱・泌尿器・下腹・耳・骨
五臓五賦五官五主
膀胱
注意すべき病気
白血病、膀胱がん、腎臓がん、子宮がん、卵巣がん、うつ病、月経異常、乳がん、中耳炎、糖尿病、骨粗しょう症、歯槽膿漏、悪性リンパ腫、大動脈瘤、クモ膜下出血 など
出やすい症状
神経衰弱、自律神経失調症、疲れやすい、めまい、貧血、頭痛、腰痛、尿管結石、尿の異常、尿道炎、耳病、眼病、月経異常、子宮筋腫、乳腺炎、性欲減退、虫歯 など
姓名判断で寿命は分かるの?

分かりません。というのも、人の運勢は先天運や後天運に加え、本人の考え方や行動の仕方など種々雑多な事柄から影響を受けるため、姓名判断だけで運勢の良否や寿命などを断定することはできないのです。ですから良名でも早くに亡くなってしまったり、凶名でも長寿だったりすることはよくあります。しかし凶名の場合は人生全体において波乱や不運、災難や病難などが多いため、概して幸福安泰な人生を送ることは難しいと言えるでしょう。

画数の計算方法について

当サイトでは略字は正字に戻して計算するという方法を取っているため、文字によっては画数が文字そのものの画数ではない場合があります。例えば『藤』(艸+下部で21)『祐』(示+右で10)『弥』(彌の意で17)等です。なぜ文字そのものの画数ではなく、わざわざ正字の画数を計算するのかという事につきましては、姓名判断(熊﨑式より)では文字そのものに定まった数があると考え、それは表面の画数ではなく正字体としての本義を重要とするからです。つまり『りっしんべん』であれば、『心』がこの文字の本義であるということですから、表向きの形としては3画ですが、実際は『心』の意で4画として取ります。このように文字数は、それぞれの文字が出来た時点に戻って解釈をします。しかし、これは文字の原初である甲骨文まで遡れというわけではなく、現在の印刷標準字体(現在広く使用されている字体)が定められた際に定まった数という解釈です。ちなみに正字・略字などの区別は、基本的に康熙字典に則っていますが、例外的なものも多く存在します。

より詳しくはこちらをご覧ください