画数『19』の運勢

実力あるも逆運の殃禍ある知謀数

頭がよく切れ者で、豊かな知性があり才知に長けるも、つよい逆運の暗示がある。直観力にすぐれた活動派だけに実力ある者が多いが、障害運なので努力を重ねても報われることが少なく、悲運に翻弄される暗示がある。特に主運にこの数をもつ時は事業の倒産・家庭不和・事故・病弱・刑罪・孤独など多くの災いを招く恐れがある。ただし天人地の配列が良い場合は大難を免れます。

19 - 格別の運勢傾向

以下に主運・前運・副運・総運別の運勢傾向を解説致します。概して主運(人格)、前運(地格)、副運(外格)、総運(総格)となりますが、一文字名の場合は地格と前運の数が異なるため、すべて運勢として表記しております。また総運以外に50以上の数をもつ人はほとんどいませんので、50以降は総運のみを解説しています。

総運が19の場合の運勢傾向

19・陽水は知恵・知謀といった数意をもち、非常に頭がよく直感力にも秀で行動的です。このため実力という点では他を凌駕するところありますが、同時にこの数には逆境・障害・破滅といった意味があり、逆境運に苛まれる暗示があります。万事行き詰まりやすい運勢とも言われ、うまくいっていても障害難事が絶えず発生し、それによって中途挫折や破産に追い込まれる暗示もあります。もちろん他格構成にもよりますが、三才が悪い場合は刑罰殺傷や不慮の事故等、険悪な運命に遭遇する暗示もあり、どうしても波乱を免れません。後年運としても衰運であり、多くは病難・多難・孤独となります。ただし、三才が良く他格に吉数が多い場合は凶意をかなり減じますし、順風の運勢を得ますから、社会において大成している人もいます。逆の場合は非常に困難多いでしょう。事業運としても斬新なアイディアを次々と打ち出すものの、なかなか功を得難いという逆境運であります。

主運が19の場合の運勢傾向

極めて知力に秀で活動的ですが、逆境多難の暗示があります。労多いわりに功少しといった運勢であり、障害が多く中途挫折や破綻といった事態を経験しやすい運勢です。性質としては淡白で、次から次へと自分の考えを行動に移していくという趣で、じっとしていることが苦手です。このため実力は相当あるのですが、どうしても伸び悩む暗示があります。ただし、三才が吉配置の場合は実力をいかんなく発揮して成功運強。反対に三才に難がある場合は、刑罰・事件・事故などに関わる暗示あり注意を要します。またこの数は「事故災難運」ともいい、特に三才に相剋がある場合は険悪な事件事故に遭遇する人が多いようです。非常に感性が鋭いですので芸術方面で大きく成功する人もいます。この数を主運にもった有名人としては、コメディアンで映画監督の北野武さんなどがいます。

前運が19の場合の運勢傾向

とても頭の回転が早く活動的で優秀な人です。ただしこの数には波乱・逆境・挫折などの暗示もあるため、前半生においては概して波乱に揉まれる暗示があり、家族縁が薄く孤独を経験したり、災難から厳しい境遇に陥ることがあるかもしれません。非常に好奇心旺盛で行動的ですので、人格と地格が相生すれば伸びが良く、若いうちから頭角をあらわす人も多くいます。もし三才が吉配置であれば順調に発達していきますが、相剋が多い場合は20歳以降伸び悩むでしょう。この数は柔軟な水の性質をもちますので、運動神経の良い人が多く、スポーツの分野にも向きます。この数を前運にもつ著名人としては、プロゴルファーの石川遼さんなどがいます。

副運が19の場合の運勢傾向

ずば抜けた頭の良さと俊敏さをあわせもち、非常に活動的な性質でじっとしていられません。外交的で活発な人が多いようです。鋭い直感力と感性をもっているため、芸術方面で大きく成功する人もいます。しかしこの数には逆境・多難の暗示があるため、仕事や家庭などにおいて苦労が多くなる暗示があります。一見とても社交的に見える人もいますが、実は神経が繊細で人見知りをしやすいため、打ち解けず孤独感を感じやすい傾向もあります。ただし、もし人格が木・金・水であれば環境運・対人運は悪くはありません。対して人格が火か土の場合は逆境や事故、または孤立の傾向が強まります。

画数『19』の性質

五行陰陽属性
陽(+)
本質的な性格の説明
その性質は海や河川などにたとえられます。知力旺盛で計略に富み、頭の回転が速い切れ者、加えて素早い行動力と才知をあわせもっています。とても活動的な性質で、一箇所にじっとしているのは苦手なため、絶えず動いている落ち着きのないところがあります。性格は淡泊で物事に執着しない代わりに、一つの事をやり続けるのは少し苦手で、移り気が多いのも特徴です。そのため、行動は直線的というよりは多角的となり、様々なことに興味をもって旺盛に活動する人も多いでしょう。概して衝動的で怒りっぽい性格ですが、根が淡泊なため執着するようなことはなく、すぐに平静に戻るさっぱりとした性質です。しかし河川の水が流れて戻らないように、その行動は些かやりっ放しの傾向があります。また河川にもゆったりとした大河もあれば、素早く流れる急流もあるように、その性質は三才や他格関係などによって大きく変化します。
性格的な長所
頭の回転が速く知力に秀でていますので、革新的・斬新なアイデアを生む力があり、それによって成功する兆しがあります。加えて旺盛な活動力を活かし、一時に努力邁進すれば大きな成功が期待できるでしょう。移り気を戒め、衝動的な面を抑えるとより吉です。
性格的な短所
とても活動的・行動的なのは長所でもありますが、やや意識散漫で多数のことを同時にやろうとする傾向があり、それが強く出ると一つ一つの事が中途半端になりやすく、目的の成功が危うくなります。また少なからず衝動的なところがありますので、それを慎むと良いでしょう。

主運が【19】の有名人

主運は人格とも言われ、その人の性質と中心的な運勢を示す最も重要な部位です。大体20歳以降に強く発現し、一生の運勢を左右します。また、天格や地格との関係で、基礎運や成功運といった境遇運にも影響を及ぼします。

前運が【19】の有名人

前運は名前の総格数です。前運が地格と異なるのは、一文字名の場合において、前運が名前の総格数であるのに対し、地格は名前の数+霊数で計算します。大体、0歳~35歳くらいまでに強い影響を与える部位です。

副運が【19】の有名人

福運は外格とも言い、その人の運勢の外的な側面を象徴します。たとえば、環境運・家庭運・対人運などがそれです。ですから外格に凶数があると、仕事や環境の面であまり恵まれなかったり、家庭においては孤独に陥ったりといった暗示があります。

総運が【19】の有名人

総運は総画とも言われ、後半生に運勢を司ります。大体35歳頃~晩年期の運気をあらわしますので、総運に凶数があると後半生は衰運となる傾向があります。また、総運は総合的な運勢として、その人の達成運や成功運にも強く関わってきます。

その他の数

このページの先頭へ

姓名判断の【虎の舞】ロゴ
姓名判断の【虎の舞】ロゴ