画数『13』の運勢

学芸の才能を有する大吉運

明敏な頭脳をもち、明るい気性で決断力もあるので、まわりからは一目置かれます。知謀と直観力にすぐれ、芸術や学問方面へは大いに成功の望みあり。少しくらいの困難はものともしない好運勢であり、どんな障害も巧みに切りぬけてゆくでしょう。また弁才に秀でる者も多く、人気があって社交運も良好。ただし短気で性急な面がありますから、あまり事を焦らぬよう注意が必要です。

13 - 格別の運勢傾向

以下に主運・前運・副運・総運別の運勢傾向を解説致します。概して主運(人格)、前運(地格)、副運(外格)、総運(総格)となりますが、一文字名の場合は地格と前運の数が異なるため、すべて運勢として表記しております。また総運以外に50以上の数をもつ人はほとんどいませんので、50以降は総運のみを解説しています。

総運が13の場合の運勢傾向

13は学芸才能にすぐれる大吉運です。頭脳明晰で何事も飲み込みが早く、判断力も抜群であるため、どのような難治・障害も巧みに切り抜けていき成功を手にする才気あり。自然の好運に恵まれ、富貴幸福に誘導される暗示もあり、万事が順調に進んでいく順風運です。基本性質としては明るく活発で弁舌に長けますので、人を引きつける魅力に溢れており、人気者となります。ただし、活気旺盛なもののやや短気・短慮な面がありますので、冷静さを兼ね備えるとより吉。学芸技術に秀でる運ですので、勉学・技術・芸術方面には相当伸びが期待できる運です。このため後半生は概ね安定した運気に恵まれるでしょう。三才の配置が良ければなお良く、富貴繁栄を享受します。反対に三才が悪い場合はやや波乱の生涯となりますが、晩年は安定してきます。人気運ですので、事業運としても好調な運気の下で繁栄を遂げる暗示があります。

主運が13の場合の運勢傾向

知力抜群で頭の回転が早く、知識欲も旺盛であるため、努力さえ怠らなければ相当成功する暗示があります。明るく活発でおしゃべりも上手いため人気者になりやすいでしょう。ただしやや短気・性急な面がありますので、この点を抑えると良いです。元々明るく活発な気性ですが、三才や他格構成において周囲に金や水があると、火のエネルギーが抑えられるため性情がやや暗くなったり、感情の起伏が激しい激情型になったり、薄弱・病弱傾向があらわれたりします。もし三才が良ければ大きく成功する暗示があります。この数を主運にもつ有名人としては、お笑い芸人の明石家さんまさんなどがいます。

前運が13の場合の運勢傾向

生まれながらにして明るく闊達な性質を有し、家族縁・家庭運にも概ね恵まれるでしょう。学芸の才能を有していますので、勉強に真剣に取り組むことで高い成果が期待できます。知識欲・好奇心も旺盛であり、前半生は概して恵まれた境遇となりますが、もし三才が悪い場合はやや不安定な運気となります。対して三才が吉配置であればなお良く、順調に発達していきます。

副運が13の場合の運勢傾向

明るい性質で人を引きつける魅力があり、弁舌に長け社交性にも富んでいるため、周囲から一目置かれる存在となります。さらに積極的に人に関わると吉。良い知人・友人にも恵まれやすい好運勢です。ただし、人格が金や水の場合は火のエネルギーが弱まるため、やや暗い印象となり社交性も減ります。対して人格が木・火・土ですと相生するため、さらに魅力と運気が高まるでしょう。

画数『13』の性質

五行陰陽属性
陽(+)
本質的な性格の説明
その性質は太陽や炎にたとえられます。基本的に明るく寛大な性質をもつため、人から好かれやすく、友人を得やすいという長所をもちます。活動的かつ知力旺盛であり、物事を素早く処理する知力と手腕とを有し、弁舌に長ける人も多いでしょう。しかしその反面、気持ちが燃えあがりやすいため何事も急進的・急激的に行う一面があり、感情を抑えるのが苦手で短気な人が多くいます。また、炎は風にあって動揺し、雨に打たれて弱まるといった性質同様、やや耐久力が不足していることは否めません。これら炎の性質を決定するのが三才配置です。その配置が良ければ性格もバランスの良いものとなりますが、火が多すぎれば短気かつ急進的に過ぎ、逆に火が弱まっている場合は明るさが破れ、一種沈鬱的な性格傾向となります。概して人格に23・33数を有する人は頭領的な素質を多分にもっており、リーダー的な役割を担うことが往々にしてあります。
性格的な長所
明るく寛大な性質は非常に良い点ですから、それを伸ばすことで対人運が自然とあがります。また知力が優れているため、物事に対する理解力・吸収力が高く、勉学に際しては大きな発達力を秘めています。弁舌に長ける人も多く、人前で喋る仕事も向いているでしょう。
性格的な短所
物事に激しやすい短気な面がありますので、感情を抑えるように努めることが必要です。また動作が素早く急進的な点は美点でもありますが、それが過ぎれば物事への対処が雑になってしまいますので、一つ一つの物事を慎重に行うように心掛けると良いでしょう。

主運が【13】の有名人

主運は人格とも言われ、その人の性質と中心的な運勢を示す最も重要な部位です。大体20歳以降に強く発現し、一生の運勢を左右します。また、天格や地格との関係で、基礎運や成功運といった境遇運にも影響を及ぼします。

前運が【13】の有名人

前運は名前の総格数です。前運が地格と異なるのは、一文字名の場合において、前運が名前の総格数であるのに対し、地格は名前の数+霊数で計算します。大体、0歳~35歳くらいまでに強い影響を与える部位です。

副運が【13】の有名人

福運は外格とも言い、その人の運勢の外的な側面を象徴します。たとえば、環境運・家庭運・対人運などがそれです。ですから外格に凶数があると、仕事や環境の面であまり恵まれなかったり、家庭においては孤独に陥ったりといった暗示があります。

総運が【13】の有名人

総運は総画とも言われ、後半生に運勢を司ります。大体35歳頃~晩年期の運気をあらわしますので、総運に凶数があると後半生は衰運となる傾向があります。また、総運は総合的な運勢として、その人の達成運や成功運にも強く関わってきます。

その他の数

このページの先頭へ

姓名判断の【虎の舞】ロゴ
姓名判断の【虎の舞】ロゴ