姓名判断の虎の舞は、五格剖象方を基本とし、姓名の根幹である「天・人・地」三才を重視する姓名判断サイトです。

小田 剛一さんの姓名判断

天格8 陰金人格15 陽土地格11 陽木
35
101
外格4 陰火総格19 陽水
四大運主運副運前運総運
1541119
運勢大吉運凶運大吉運凶運

三才の配置

金土木

小吉

発展力は強いが基礎不安定なり。境遇変化しやすく心身疲労、また胃腸病など健康を害しやすい。努力堅忍すれば凶を減ずるも浮沈は免れず、不平不満を生じ易し。

年代別運勢グラフ

少年期~20歳頃76点+ 11.0
青年期20~35歳頃71点+ 6.0
壮年期35~50歳頃66点+ 1.0
中年期50~65歳頃60点- 5.0
晩年期65歳~54点- 11.0
※年代別運勢グラフは、あくまでも時期別の運勢を概算したものですので参考程度にご覧ください。少年期や青年期の運勢が平均と比べて高い場合は比較的若い頃に成功や幸福があり、反対に中年期や晩年期の運勢が平均と比べて高い場合は後年に華開く大器晩成型と言えるでしょう。ただし、少年期の運勢が低いからと言って、若い頃は成功しないといったことではありません。

基本運勢グラフ

基礎運運勢の土台となる最も重要な要素です。これが悪いと成功しても一時的なものになるか、没落・転落など衰退の暗示があります。56点
成功運目的に対する成功運の強さをあらわします。この点数が高いほど自分の思い通りに成功し、逆に悪いと逆境・批判・障害などに苦心します。85点
健康運体力・健康に恵まれるか否かをあらわします。先天的に健康に恵まれても、これが悪いと次第に病弱となり、種々の病気に悩まされやすくなります。64点
環境運家庭や職場等での援助運・環境運を司ります。これが良いと配偶者や子供・職場の同僚などから助力が得られやすく、悪いと波乱・不和・孤独などがあります。58点

鑑定結果 - 目次

小田剛一さんの四大運

主運 15 - 大吉運

福寿円満の象ある最大吉数

富貴繁栄の大吉運であり順風運です。大きな雅量と秀でた協調性を有し、強い意志も備えているため、努力さえ怠らなければ大きな成功が期待できる運です。特に目上の人から援助を受けやすい運で、それによって成功を掴む人も多いようです。大胆な行動力と決断力、さらには大局的な視野の広さをもつため、実業家としても相当成功する暗示があります。三才が吉配置であればなお良く、その場合は素晴らしい順境運となる暗示があります。女性としてもこの運は素晴らしく、穏和で愛嬌のある女性として周囲からの人気を得るでしょう。成功運も極めて強い。この数を主運にもつ有名人としては、女優の吉高由里子さんなどがいます。

15数についてさらに詳しくはこちら

※主運は本質的な性質および中心的な運勢です。ただし三才によって大きく変化します。

副運 4 - 凶運

破壊滅亡の兆ある波乱数

対人関係において孤独を感じることの多い運勢です。寂しがり屋の傾向がありますが、神経質で人と打ち解けない性格のため、周囲からも信頼と信用を得難いところがあるようです。ただし、人格が外格と相生する場合はこの数の繊細な面が吉とでます。特に人格が木や火の場合は凶意を減じますが、もし人格が水の場合は悪い面が協調されやすいでしょう。また、恋愛や結婚においても孤独や離別を経験しやすい数です。

4数についてさらに詳しくはこちら

※副運は外的な印象や対人運を司ります。また人格との関係で環境運も見ることができます。

前運 11 - 大吉運

天与の幸福を授かる大吉数

生まれながらにして強い精神力と運勢を備えています。家庭運にも恵まれる暗示があり、大らかな両親に育てられる人が多いようです。穏和ながら意志が強く、粘り強い精神力をもつため、早くから人気者となる暗示があります。これに加え、三才が良ければ健全に発達していきます。反対に三才が悪い場合は柔弱な木となり、やや薄弱な性質があらわれます。

11数についてさらに詳しくはこちら

※前運は主に前半生の運気を象徴します。主運(人格)との関係で性質や運勢が変わります。

総運 19 - 凶運

実力あるも逆運の殃禍ある知謀数

19・陽水は知恵・知謀といった数意をもち、非常に頭がよく直感力にも秀で行動的です。このため実力という点では他を凌駕するところありますが、同時にこの数には逆境・障害・破滅といった意味があり、逆境運に苛まれる暗示があります。万事行き詰まりやすい運勢とも言われ、うまくいっていても障害難事が絶えず発生し、それによって中途挫折や破産に追い込まれる暗示もあります。もちろん他格構成にもよりますが、三才が悪い場合は刑罰殺傷や不慮の事故等、険悪な運命に遭遇する暗示もあり、どうしても波乱を免れません。後年運としても衰運であり、多くは病難・多難・孤独となります。ただし、三才が良く他格に吉数が多い場合は凶意をかなり減じますし、順風の運勢を得ますから、社会において大成している人もいます。逆の場合は非常に困難多いでしょう。事業運としても斬新なアイディアを次々と打ち出すものの、なかなか功を得難いという逆境運であります。

19数についてさらに詳しくはこちら

※総運は主に後半生の運気を象徴します。また性質にも影響を与えます。

四大運と三才の説明

運の名称影響時期説明
主運20歳頃~晩年祖先より伝承される天格と、自己の名である地格との中間に位置するのが人格すなわち主運です。主運は人間の体にたとえると心臓などのある体幹部にあたり、大体20歳頃から影響を強め、その者の一生の中心運となります。また主運はその者の性格や才能などを司ります。
副運30歳頃~晩年副運は主運に次ぐ影響力をもっており、主に家族や職場での対人関係など、自分を取り巻く周囲の環境を司る運格です。また、副運は自己の外部から受ける影響をさしており、身のまわりの境遇としてもあらわれてきます。
前運幼年期~35歳頃前運は主に幼年期期から青年期までの運勢に強い影響を及ぼします。ただし幼年期は自己の先天運や家族の運勢にも影響されるため、前運が吉数だから幸福、あるいは凶数だから不幸だと一概にはできません。
総運35歳頃~晩年総運は主に35歳頃から擡頭し、後半生の運勢を司ります。しかし総運は全ての文字格数をあわせた総数であり、物事の全ての結果という意味をも含むため、一つ一つの物事の結果としてもあらわれてきます。
三才の配置幼年期~晩年天人地の配列は天格・人格・地格の数理を五行(木・火・土・金・水)に当てはめたもので、三才の配置とも言います。三才の配置は姓名学上非常に大きな影響力をもち、もし三才の配置が悪ければ、健康運や境遇運に恵まれず、人生において逆境・障害・困苦などが多く、最悪は短命などの凶誘導があります。対して三才の配置が吉以上であれば、四大運に凶数があってもその凶意を大きく緩和し、健康運・対人運・成功運などに吉勢をもたらし、その境遇運は概して安定したものとなります。

小田剛一 さんの性格傾向

人格の数理と五行属性性質の強さ強弱数値
15 - 土陽(+)-1
本質的な性格
その性質は山にたとえられます。外見は概して温厚で雅量があり、人に対する同化力に秀でているため、とても親しみやすい性質をもっています。それほど行動的ではない代わりに、様々な性質を受けいれることのできる重厚な度量を有しているため、年上の人からは可愛がられ、年下の人からは慕われるという有徳の性質をもっています。しかしその内面には外面に似合わずなかなか頑固・強情なところがあり、場合によっては強い反抗心・反発力を表出することがあります。また山にも色々な山があるように、中には落ち着きが過ぎて鈍重となる人や、硬すぎる頑固そのものといった人もいるでしょう。そのような性質を分けるのは三才配置や他格との数理関係ですが、概して土の強さが中程度の人は性格的なバランスが良く、親和力に秀でています。ただし、他人と親しみ交わりやすいという長所がある反面、簡単に離れやすいという短所も有しています。
性格的な長所
様々なタイプの人を受けいれることのできる重厚な度量を有していますので、対人関係でその長所を発揮できそうです。また、どっしりと落ちついていて冷静に物事を見れる長所がありますので、組織の中心となってバランスを取ることができます。姓名中に頭領運があるとさらに吉。
性格的な短所
見かけによらず嫉妬心が強いところがあり、その面が表に出ると災いを招きますので注意すべきです。また温厚な反面、とても頑固で強情な面も有しており、これが出過ぎると長所である同化力・親和力が落ちます。概して三才配置によって性質の良否が別れます。

性質の強弱

中弱中強
強弱の説明強弱の数値は-20~+20まであり、これによって本来の性質の強度を計ります。ただし、一概に性質が弱いから薄弱、性質が強いから堅剛ということにはなりません。総合的には三才配置や他格の数を加味して判断します。
土の性質が中程度のため、性格的なバランスが良く、適度な温厚さと雅量があって人との同化力に秀でています。また事にあっては速やかな行動力と実行力があり、頼もしい存在でしょう。ただし、三才において【土・土】など土が重なっている場合は鈍重となり、気力・意志やや弱くなります。

内面に秘めた性質

以下は本質的な性格を構成する二つのサブ的な性質で、剛一さんの内面的な性格をあらわします。それぞれが10~20%程度の影響力をもちます。
陽土陰水
内面には温厚な性質と重厚な度量を有しており、人との同化力・親和力に秀でているため、誰とでも仲良くできる長所があります。反面、頑固かつ強情な面もあり、時に強く反発したい気持ちに駆られることもあるでしょう。とても落ち着きがあって平静ですが、鈍重な面もあります。内面には穏やかで親切な心をもっており、知恵があり物事を深く考えることが得意です。反面活動力が弱く静寂で、沈みがちな性質ももっており、我慢強く苦労性な一面もあります。概して人と争うことを好まず、穏健で順応性があり、判断力にも優れています。

三才から見た性質傾向

以下は三才の配置から見た性質傾向です。これは天格と地格から人格が受ける影響を考慮しています。

金土木
人格に土をもちますので、もともと穏和で度量の大きい性格で誰とでも和せる協調性の持ち主です。ただし人格の土は地格の木から剋されるため、土が強となる姓名よりはやや穏和さと度量に欠けるでしょう。木の性質を帯びるため、内面は粘り強い根気があって、精神的にも頑固で不屈の面があります。この傾向は地格が陽木の場合特に強くなります。また人地の相剋により、外見はとても立派で頼もしく見えても、内面は意外と繊細なところがあり、さらに凶数が多い場合は臆病かつ軟弱となる傾向もあります。性格としては利他的傾向があり、基本的に優しいですから人から好かれやすいでしょう。この三才をもつ有名人としては、俳優の千葉真一さんなどがいます。

小田剛一さんの五行と陰陽

以下では姓名における五行と陰陽の強弱を見ていきます。

姓名における五行の強弱

20%
20%
20%
20%
20%
管理人

ちなみに五行のバランスが良いから運勢が良いとか、バランスが悪いから運勢が悪いというものではありません。しかし先天運と総合した上で、あまり同一五行に偏る場合は、偏った五行が忌神(凶作用のある五行)である可能性があります。このような場合は、生命エネルギーの低下を起こすため、吉名であっても福運が活かされないことがあります。

姓名における陰陽の強弱

60%
40%
管理人

陽が強ければ男性的で積極的な性質傾向、陰が強ければ女性的で優しい性質傾向となります。ただし、性情は先天運の五行エネルギーにも左右されますので、参考程度にご覧ください。

小田剛一さんの基礎運と成功運

三才から判断した基礎運と成功運を見ていきます。

小田剛一さんの基礎運

運勢運勢点五行関係
56点土 <=> 木
運勢は大吉 > 吉 > 小吉 > 凶 > 大凶の五段階評価であらわされます。点数は基礎運の基本点数に成功運の良し悪しを加味しています。そのため同一五行関係でも点数が上下します。人格の五行と地格の五行を表示しています。より具体的には陰陽関係を見ますが、ここでは表示していません。
運勢解説
土の下に木があって常に剋されているため、境遇が不安定になりやすい基礎運です。移動しやすい運勢といわれ、仕事・住居などが変わりやすく、安定した境遇が手に入りにくいでしょう。また、不慮の災難・病難などが起こりやすい運でもあります。何事も注意して行うことによって凶意を減らすことができます。
基礎運とは?

基礎運は人格の五行と地格の五行を対照したもので、姓名判断において最も重要な部位であり、運勢の根幹を成すものです。この基礎運が悪いと、先天的に体が強い人でも次第に病弱となったり、不慮の災いに遭って没落してしまったり、最悪は早世してしまう暗示があります。ですから姓名中に吉数が多くても、基礎運が悪ければ運勢が不安定となり、病難・波乱・災難などの凶相を免れがたいと言えます。

小田剛一さんの成功運

運勢運勢点五行関係
大吉85点金 <=> 土
運勢は大吉 > 吉 > 小吉 > 凶 > 大凶の五段階評価であらわされます。点数は成功運の基本点数に基礎運の良し悪しを加味しています。そのため同一五行関係でも点数が上下します。天格の五行と人格の五行を表示しています。より具体的には陰陽関係を見ますが、ここでは表示していません。
運勢解説
土は天格の金を生じますので、成功は順調で極めて発展力が強く、目的あれば万事が思い通りに叶う暗示があります。そのため目的に対し一心に努力邁進すれば大成功する暗示があります。ただし三才は基礎運に難がありますので、成功しても一時的なものになる可能性が高く、災害・病難などによって没落・転覆の暗示があります。
成功運とは?

成功運は天格の五行と人格の五行を対照したもので、その人の人生が順境か逆境かをあらわします。ですからもしこの部位が凶の場合は逆境の人生となり、種々の障害があって目的達成に苦心したり、その過程において不慮の病難や災難に見舞われるということがあり、成功が容易ではありません。しかし、成功運が悪いから成功しないというわけではなく、先天運との関係や本人の努力次第では、社会的に大いに成功する人もいます。ただし成功運は主観的な運勢であるため、もし成功運が悪い場合は、そのような成功者でも「自分はもっと認められていいはずだ」というような不平・不満が出やすくなります。

小田剛一さんの対人運

姓名の三才および人格・外格関係から分かる対人運を見ていきます。

対人運総合点 - 70点

年上の人との関係・対人運 (人格と天格の関係)
対人運
関係する人年上の人、父親、先輩、上司など
五行【土】 + 【金】 - 生じる関係
説明人格が天格を生じているため、概してあなたは相手に対して友好的な感情を抱き、協力的です。そのため相手からのあなたに対する信頼や評価も高く、余程自分勝手な行動を取らない限りこの関係は良好です。相手に尽くすことでさらに運勢が上がります。
年下の人との関係・対人運 (人格と地格の関係)
対人運
関係する人年下の人、母親、子供、後輩など
五行【土】 + 【木】 - 剋される関係
説明人格が地格に剋されているため、概して年下の人間や子供などからの援助・助力に乏しく、時に相手との不和や喧嘩など波乱がありそうです。もしあなたが相手に対して悪い感情をもっていなくても、概してこの配置は年下の人間と友好的な関係を築きにくい暗示があります。また、子供との縁が薄い傾向にあります。
同列の人との関係・対人運 (人格と外格の関係)
対人運
関係する人配偶者、兄弟、同年代の人、同僚など
五行【土】 + 【火】 - 生じられる関係
説明人格が外格に生じられているため、概して配偶者などからの援助や助力に恵まれる良好な関係です。もし相手にもこの配置があれば、その関係は互いに生じられる幸せな関係と言えます。ただし、外格に凶数があると相手からの助力が得られにくくなるなど、福運が減少します。
管理人

対人運は当人を主体とした他との関係性をあらわします。そのため、配偶者など特定の人との相互的な関係性を見る場合には、必ず相手の姓名も見た上で判断します。さらに相手との相性を知りたい場合は、自分の人格・地格と相手の人格・地格が比和・相生の関係にあるか否かを見ます。

20歳未満の方への注意点

あまり知られていませんが、姓名の暗示力は特に20歳以降強まります。それは中心運である主運の影響が擡頭するのが早くても20歳以降だからです。もちろん前運は前半生の運勢をあらわす部位であり、これは比較的早い時期からその影響力を示しますが、それ以外は20歳以降順次発現してきます。主には前運が幼少期から、主運が20歳頃から、副運が30歳頃から、総運が40歳頃から影響を強めます。したがって、姓名の影響力が完全になるのはおよそ40歳以降となります。そのため、20歳未満の人では姓名の暗示力はまだ弱く、姓名から運勢の良否を判断するのは時期尚早と言えるわけです。

小田剛一さんの環境運

総合的な運勢運勢点外格数五行関係
小吉58点4土 <=> 火
運勢は大吉 > 吉 > 小吉 > 凶の四段階評価であらわされます。点数は外格の基本点数に人格・外格関係の吉凶を加味しています。外格(副運)の数理です。人格の五行と外格の五行を表示しています。より具体的には陰陽関係を見ますが、ここでは表示していません。
環境運のキーワード (対外的な運勢の傾向や外見の雰囲気などにあらわれます。)
暗い、薄弱、孤独、物静か、静穏、神経質
外格から見る運勢の傾向
4は分裂・破滅の兆候がある凶数のため、環境運は不安定です。常に動揺不安が付きまとう運勢であり、社会においては周囲の人達に馴染めず人間関係で苦心したり、家庭においては配偶者や子供のことで苦労や心配事が多い暗示があり、概して平穏な環境は望めません。また、この数は家族縁に薄い暗示があるため、家族との離別・離散の可能性もあるでしょう。
人格・外格関係から見る運勢の傾向
人格が外格に生じられるとても良い運勢をもっています。夫婦・兄弟・同僚など同列の人間との関係では、あなたは相手からの援助や助力に恵まれる暗示があり、相手との人間関係は概ね円満に運ぶでしょう。しかし、外格には凶数があるため、あなたの環境運は良好とはいかず、家庭運や職場環境などにおいて幾つもの波乱がありそうです。また、外格は配偶者をあらわしますので、既婚者であれば配偶者の病難や災難にも注意を要します。
環境運とは?

環境運は外格の運勢に人格・外格の五行関係を加味したもので、主には仕事運(職場での環境運)・対人運・家庭運など、その人の周辺を取り巻く運勢を司ります。ですからもしこの部位が良い場合は概ね仕事運・対人運・家庭運などに恵まれ、そうでなければ職場での波乱に見舞われたり、対人関係を悪くしたり、家庭においては助力に恵まれず、不和や孤独を味わったりということが多くなります。また、環境運が悪いと交通事故や不慮の災難に遭いやすいことも、最近の私の研究で徐々に分かってきています。※ただし、環境運から見る仕事運・対人運・家庭運はあくまでもそれらの側面であるため、すべては総合的に判断しなければなりません。

小田剛一さんの健康運

三才配置吉凶健康運平均点
金土木小吉64.0点
三才から見る健康運
三才の隣り合う五行に沖剋の悪い関係があるため、人生全体において健康を損ないやすく、病気や怪我にも見舞われやすい暗示があります。また、これに凶数が加われば病弱の傾向があらわれます。概して主運や前運に凶数があれば幼年~中年期において病難の暗示が高まり、総運に凶数があれば後半生において病難の暗示が高まります。
総合的に見る健康運
健康運は比較的安定していますが、体はそれほど強い方ではなく、人生において病難に見舞われることもあるでしょう。特に主運に凶数があると病弱の傾向となり、時に重い病気を患うことがあるかもしれません。また先天的に病弱の傾向がある人は稀に短命となることもあります。ただし三才配置が良い場合は病難に遭っても吉と化す作用があり、それほど悪いことにはならないでしょう。
先天運と健康運の関係

大吉名でも病難に見舞われ、若くして亡くなってしまう方が稀にいます。このような人の先天運と姓名をうかがってみると、先天的な忌神が姓名に多く入っていることがよくあります。このため、姓名だけで健康運を計ることには限界があることも知っておいてください。

年代別健康運

幼年期~20歳頃70.0点+ 6.0
青年期20~35歳頃67.5点+ 3.5
壮年期35~50歳頃63.8点- 0.2
中年期50~65歳頃60.0点- 4.0
晩年期65歳~58.8点- 5.2

病原となりやすい五行と部位1

三才配置において以下の五行に難があるため、その五行に関連する部位に病難を発しやすい暗示があります。この病難の暗示は特に抵抗力が弱まる晩年期にあらわれやすいため、早くから健康に注意することが肝心で、それによって姓名の凶暗示を抑えることができます。

病難に襲われた有名人の姓名はこちらのページで詳しく紹介しています。

最も難のある五行五行が司る主な部位
腹部・胃・膵臓・口・唇
五臓五賦五官五主
口唇
注意すべき病気
胃がん、膵臓がん、膵臓炎、食道がん、食道炎、胃腸病、糖尿病 など
出やすい症状
胃の不調、胃下垂、胃潰瘍、胃炎、腹痛、食欲不振、肥満症、吐血、全身倦怠感、無気力、自律神経失調症、下痢、胸焼け など

病原となりやすい五行と部位2

難のある五行五行が司る主な部位
肝臓・胆囊・目・筋肉
五臓五賦五官五主
注意すべき病気
肝臓の病気、肝臓がん、肝細胞がん、肝不全、うつ病、胆石症、肝炎、肝硬変、胆管がん、胆管炎、胆囊がん、脂肪肝、横紋筋肉腫、てんかん など
出やすい症状
自律神経失調症、抑鬱状態、不眠症、神経症、神経痛、筋肉の異常、筋炎、頭痛、関節炎、眼の不調 など
姓名判断で寿命は分かるの?

分かりません。というのも、人の運勢は先天運や後天運に加え、本人の考え方や行動の仕方など種々雑多な事柄から影響を受けるため、姓名判断だけで運勢の良否や寿命などを断定することはできないのです。ですから良名でも早くに亡くなってしまったり、凶名でも長寿だったりすることはよくあります。しかし凶名の場合は人生全体において波乱や不運、災難や病難などが多いため、概して幸福安泰な人生を送ることは難しいと言えるでしょう。

画数の計算方法について

当サイトでは略字は正字に戻して計算するという方法を取っているため、文字によっては画数が文字そのものの画数ではない場合があります。例えば『藤』(艸+下部で21)『祐』(示+右で10)『弥』(彌の意で17)等です。なぜ文字そのものの画数ではなく、わざわざ正字の画数を計算するのかという事につきましては、姓名判断(熊﨑式より)では文字そのものに定まった数があると考え、それは表面の画数ではなく正字体としての本義を重要とするからです。つまり『りっしんべん』であれば、『心』がこの文字の本義であるということですから、表向きの形としては3画ですが、実際は『心』の意で4画として取ります。このように文字数は、それぞれの文字が出来た時点に戻って解釈をします。しかし、これは文字の原初である甲骨文まで遡れというわけではなく、現在の印刷標準字体(現在広く使用されている字体)が定められた際に定まった数という解釈です。ちなみに正字・略字などの区別は、基本的に康熙字典に則っていますが、例外的なものも多く存在します。

より詳しくはこちらの記事【正字体における漢字の画数計算方法】をご覧ください