姓名判断の虎の舞は、五格剖象方を基本とし、姓名の根幹である「天・人・地」三才を重視する姓名判断サイトです。

姓名構造から見る病原となりやすい五行と部位【火】の編

前回から「姓名構造から見る病原となりやすい五行と部位」について解説しています。前回のコラムでは木の五行について取り上げましたが、今回は「火」です。

実は五行思想では、火は「心臓」や「精神」を象徴する部位として、非常に健康上重要な位置づけであります。このため火の相剋は、最も甚大な影響となりやすいのです。

火の五行について

早速ですが、火の五行が象徴する部位について見てみましょう。

火の五行が象徴する主な身体部位
心臓、血脈、血管、口、唇、精神、顔面、胸部

となっております。ですから火の五行に異常(アンバランス)がある時には、心臓病や血脈関係の病などの危険があります。次は姓名および先天運において、火の部位に病原があらわれやすい例を挙げてみます。

  1. 三才や人格・外格関係において、火が隣り合う格と相剋する場合。特に水と火の相剋が危ない
  2. 三才が【火・火・火】など、火が強すぎる場合
  3. 先天運において、火がアンバランス(強すぎるか弱すぎる)となる場合

以上のように、見分け方は簡単です。つまり以下のような三才の場合は特に注意が必要となります。

  • 水・火・水
  • 水・水・火
  • 火・水・水

上記の配置では、1点しかない火が、強い水に剋されています。これは「火が水に破される」形ですので、突発的な事故や病難を予感させます。

次は実例を見ていきましょう。

「致死性不整脈」歌手・松野莉奈さんの場合

松野莉奈さんは私立恵比寿中学の元メンバーでしたが、2017年に、致死性不整脈のため突然死去しました。松野さんの姓名は以下です。

人格には大吉運である24数あるものの、三才は【水・火・木】と天格と人格が相剋しています。天格は19・陽水であり、人格の陰火を強く剋していますから、心臓などに難が出やすい配置と言えるでしょう。

以下は、陰陽から見た相剋の強弱の度合いです。

最も災いが出やすい火と水の相剋

  1. 陽水と陰火の剋
  2. 陽水と陽火の剋
  3. 陰水と陰火の剋
  4. 陰水と陽火の剋

となり、松野さんの場合は最も強い「陽水と陰火の剋」に当たりますから、特に注意が必要です。ただしもちろん、同じ姓名の構造だから同じ病気になるということはなく、先天運との関係において事象は様々ですが、「火」に難があらわれることは確かと言えるでしょう。

「心筋梗塞」女優・松田美由紀さんの場合

松田美由紀さんは、俳優である松田優作さんの妻であり、優作さんが亡くなった後は1人で3人の子供を育てました。そんな松田美由紀さんが2019年9月、心筋梗塞を発症して入院しました。姓名構造は以下です。

四大運すべてに凶数があり、三才は【火・火・火】とすべてに火があります。このように火が強すぎても心臓に災いが出やすいのです。また、人格の数においては陽よりも陰の人の方が心臓に難があらわれやすいようです。

また病難の事象は先天運との関係も重要になってきますが、話が複雑になるため割愛します。

「急性心筋梗塞」松田直樹さんの場合

日本代表にも選ばれたことのあるサッカー選手の松田直樹さんは、2011年夏の練習中に突然倒れ、「急性心筋梗塞」で亡くなりました。松田さんの姓名を見てみましょう。

松田さんは四大運すべてに吉数をもちますので、大変強い運勢の持ち主と言えますが、三才【火・火・火】は心臓に難があらわれやすい配置です。

また松田さんは先天運においても火が強く、つまり総合して「火」が大過していましたので、心臓に難があらわれやすいタイプの人です。そのような人の場合は、姓名に火を入れすぎないことが大切になります。

「胸部大動脈瘤破裂」阿藤快さんの場合

さきほどの火の部位で、「胸部」と「血脈」という部位があったのを覚えていますでしょうか?阿藤快さんの患った病気はその二つに関係するため、明らかに「火」の病だと言えます。

阿藤快さんの姓名を見てみましょう。

阿藤さんの姓名は、私が先程危険すべき配置とした【火・水・水】にあたります。また外格にも凶数・14があって人格の水と相剋し、総運にも病弱的凶数がありますので、やや早世の暗示がある凶名となっています。

阿藤さんが患った「胸部大動脈瘤破裂」とは、胸部をはしる大動脈が動脈硬化などが原因でコブのように膨れあがり、耐えかねた血脈が破裂してしまうという恐ろしい病気です。阿藤さんの姓名においては【火・水・水】と水がすごい勢いで火を剋すため、強い負担が火に掛かっており、これが火の病難を暗示していると見るのです。

ちなみに阿藤快さんは本名を「阿藤公一」といい、こちらには凶暗示はあらわれていませんので、つまりは芸名を得た後に「心臓に負担がかかる」境遇に至る暗示がありました。

「心筋梗塞」香川伸行さんの場合

ドカベンの愛称で親しまれたプロ野球選手、香川伸行さんは引退後の2014年9月に自宅で倒れているところを家族が発見しその後死亡、「心筋梗塞」と診断されました。名前を見てみましょう。

四大運には吉数が多いですが、三才は【木・水・火】と相剋しています。人格は10・陰水、地格は13・陽火の相剋ですからそれほど強烈ではないものの、やはり火がジワジワと弱り特に後年に災いが出やすい例と言えます。

また、香川さんは急性腎不全なども患った過去があるようです。ちなみに腎臓は「水」に象徴されますが、水・火の相剋ですので水にも難があらわれやすいのです。

ということで、今回は「火」の病気について見てきました。火は特に怖い病気につながりやすい五行ですから、火の相剋や不及・大過にはくれぐれもお気をつけください。次回は「土」をやります。

最後までお読みいただき誠にありがとうございました。