姓名判断の虎の舞は、五格剖象方を基本とし、姓名の根幹である「天・人・地」三才を重視する姓名判断サイトです。

【スナックで口論になり首締められ死亡】男性の姓名にあらわれた急変運

暴行・傷害2019-09-22: 産経新聞

 東京・歌舞伎町のスナックで男性に暴行してけがを負わせたとして、警視庁新宿署は22日、傷害容疑で東京都中野区新井、自営業、香川真志容疑者(45)を現行犯逮捕した。男性は搬送先の病院で死亡しており、同署は容疑を傷害致死に切り替えて調べる。

 同署によると、死亡したのは杉並区方南、職業不詳、伝田岳人さん(50)。2人は客として来店し、面識はなかった。カウンター席で隣同士で飲酒していたところ口論となり、伝田さんが髪や服をつかむなどし、香川容疑者が押さえ込むなどの暴行を加えたという。

 香川容疑者は調べに対して「身を守ろうとしてやっただけで、けがをさせるつもりはなかった」と容疑を否認している。

 逮捕容疑は21日午後11時25分ごろ、新宿区歌舞伎町のビル4階にあるスナック店内で、伝田さんの首に腕を回して絞めた状態で押さえ込み、けがを負わせたとしている。伝田さんは約1時間後に死亡が確認され、同署は司法解剖して詳しい死因を調べる。

解説

この事件で死亡した伝田岳人さんは姓名に凶数を二つ有し、なおかつ三才【金・火・水】と強い相剋あり。人格には大吉数13・陽火を有するも、天格・地格双方と相剋するため、人生においては波乱多し。人間関係においては年下の人間は地格に象徴されるが、人格の火は地格に剋されており、香川容疑者は伝田さんよりも年下であった。対して香川容疑者も三才に【木・火・金】の相剋を有するが、この暗示は対立・不和である。

この事件に関わった人物の名前

同じジャンルの事件簿