姓名判断の虎の舞は、五格剖象方を基本とし、姓名の根幹である「天・人・地」三才を重視する姓名判断サイトです。

『横断歩道を渡っていた男女をはねる』トラック運転手の姓名にあらわれた事故・災難運

交通事故2019-10-07: 産経新聞

 東京都板橋区で6日朝、トラックが横断歩道を渡っていた男女2人をはねる事故があり、警視庁高島平署は7日、はねられたベトナム国籍の会社員、ディン・ホアイ・ナムさん(26)=同区高島平=が同日午前に死亡したと明らかにした。同区に住む30代の女性会社員は意識不明の重体。

 高島平署は自動車運転処罰法違反(過失傷害)の疑いで、トラック運転手、高木慶夫容疑者(69)=千葉県柏市東台本町=を6日に現行犯逮捕した。容疑を認め「考え事をしながら遠くを見て運転していた」と供述している。

 署によると、事故は6日午前9時半ごろ発生。現場は、都道交差点にある横断歩道で信号機が付いていた。直進していたトラックが、別々に歩いていた2人をはねたといい、署は詳しい状況を調べている。

 高木容疑者は冷凍食品の配送中で、午前5時前から勤務していた。

解説

事故を起こした高木慶夫容疑者の姓名を見ると、四大運に凶数多く、なおかつ三才にも難がある凶名となっている。なかでも19という数は刑罰殺傷や事故災難の意味があり、三才に難がある場合はさらに凶意が強まる。高木容疑者の姓名構造は三才が【火・水・水】、外格にも14・陰火があるため水と火が対立する構造となっており、急変急難の凶相強し。総運には吉数33あるも、吉祥あらわれず。性情としては非常にせっかちで意識散漫の傾向あり。

この事件に関わった人物の名前

同じジャンルの事件簿