姓名判断の虎の舞は、五格剖象方を基本とし、姓名の根幹である「天・人・地」三才を重視する姓名判断サイトです。

『池に78歳女性遺体』その姓名にあらわれた急変運

水難事故2019-07-06: 産経新聞

 6日午後4時15分ごろ、名古屋市天白区海老山町の池に釣りに来ていた男性から「近くに住む高齢女性の歩行器があるが、姿がない」と愛知県警天白署に通報があった。地元消防が池を捜索し、うつぶせで浮かんでいた女性を発見した。近くの無職、久保若子さん(78)で、搬送先の病院で死亡が確認された。同署は転落した可能性があるとみて調べている。

 同署によると、池に続く階段の手前の遊歩道に久保さんの名前が書かれた歩行器があった。久保さんは階段近くの深さ約1・3メートルの地点で見つかった。1人暮らしで脚が悪かったという。

解説

死亡が確認された久保若子さんは、四大運に凶数多く、なおかつ三才にも強い波乱の暗示があらわれている。主運に暗澹たる運勢の暗示ある凶数20、前運に逆境孤独の暗示ある凶数14。また後半生に運勢を示す総運には、災害・事故などを予感させる大波乱運26あるため、後半生は孤独や病難などに悩まされやすい。さらに三才は【木・水・火】となっており、この暗示は「突然の災難や病難による没落悲運の凶兆あり」というものであるが、久保さんのように陰水・陰火の沖関係になると特に悪い暗示が出やすい。

この事件に関わった人物の名前

同じジャンルの事件簿