姓名判断の虎の舞は、五格剖象方を基本とし、姓名の根幹である「天・人・地」三才を重視する姓名判断サイトです。

『同居の祖父を刺す』当事者の姓名にあらわれた波乱運

殺人・殺人未遂2019-12-23: 産経新聞

 同居する祖父(85)を包丁で刺したとして、愛知県警小牧署は23日、殺人未遂の疑いで同県小牧市応時の無職、井戸歩容疑者(36)を現行犯逮捕した。祖父は病院に搬送されたが、意識はあり、命に別条はないという。

 逮捕容疑は23日午前6時50分ごろ、自宅の台所で、祖父の無職、誠次さんの腰付近を包丁で刺し、けがを負わせたとしている。

 小牧署によると、井戸容疑者は誠次さん、祖母と3人暮らし。約10分後に自ら「祖父を刺した」と119番した。何らかのトラブルがあったとみて、同署が詳しい動機を調べている。

解説

井戸歩容疑者の姓名は四大運に吉数あるも三才は【金・木・金】の大凶配置。人間関係において労苦多く、人格が天格・地格双方と相剋することから、批判や圧力を受けること多くストレスが溜まりやすい。また木は神経を象徴することから、この配置の人は神経質の傾向あり、感情の起伏激しく怒りやすいのも特徴。対して刺された祖父の誠次さんは凶数多く、三才にも難あり、特に晩年は寂しい孤独の境遇に至る暗示あり。特に総運の28数の凶暗示は強く、対立・孤独・病難などを現出する。

この事件に関わった人物の名前

同じジャンルの事件簿