姓名判断の虎の舞は、五格剖象方を基本とし、姓名の根幹である「天・人・地」三才を重視する姓名判断サイトです。

『客に暴行されホテル経営者死亡』姓名にあらわれた悪運

殺人・殺人未遂2019-07-21: 産経新聞

 山梨県富士吉田市のホテルで男性経営者が宿泊客の男に暴行され重体となる事件があり、男性は20日夜に死亡した。富士吉田署は傷害の疑いで逮捕していた男を21日に傷害致死容疑で送検した。

 送検されたのは北九州市小倉北区の会社員、一田広樹容疑者(58)。送検容疑は17日午前1時40分ごろ、富士吉田市上吉田のホテル「芙蓉閣(ふようかく)」で、経営者の外河(とがわ)茂樹さん(62)に暴行を加えて頭にけがをさせ、死亡させたとしている。

 同署によると、外河さんは17日未明、意識不明でロビーに倒れているのを発見され、男性従業員が119番通報した。周辺の防犯カメラの映像などから一田容疑者を特定し、19日に逮捕していた。死因は頭の外傷とみられる。動機や詳しい経緯を調べている。

 芙蓉閣は富士急行富士山駅前にあり、ビジネス客や観光客が利用するホテル。

解説

この事件で死亡した経営者の外河茂樹さんは主運と前運に凶数を有し、なおかつ三才は【火・水・金】の凶配置。前運の27は険悪な事件に巻き込まれやすい大凶数として知られるが、それはこの数のもつ性質が自我過剰・攻撃的などの面を有し、対人関係において不和や争いに陥りやすいという理由もある。また三才【火・水・金】は急変急難の意あり。対して外河さんを襲った一田広樹容疑者も主運に凶数20を有し、三才も【土・水・木】と天・人相剋し、目上の人間と争いやすい性質傾向あり。

この事件に関わった人物の名前

同じジャンルの事件簿