姓名判断の虎の舞は、五格剖象方を基本とし、姓名の根幹である「天・人・地」三才を重視する姓名判断サイトです。

【福岡死体遺棄事件】死亡女性の姓名にあらわれた急変運

殺人・殺人未遂2019-07-15: 産経新聞

 福岡県粕屋町の川で同町の会社員村尾照子さん(38)の遺体が見つかった事件で、死体遺棄容疑で逮捕された土木作業員、古賀哲也容疑者(35)が殺害をほのめかす供述をしていることが15日、捜査関係者への取材で分かった。2人に面識はなく、県警は買い物帰りだった村尾さんに目を付け襲ったとみて、当時の状況を調べる。

 村尾さんは6日、町内のショッピングセンターで夫と一緒に自転車を購入後、夫と別れこの自転車でファストフード店に立ち寄った。午後9時半すぎ、店から夫に帰宅すると電話して以降、行方が分からなくなった。

 捜査関係者によると、現場周辺の防犯カメラに写った不審車両から古賀容疑者が浮上。車が複数回往来しており、県警は、自転車で帰宅途中の村尾さんを見掛け、先回りして待ち伏せしたとみている。

 遺体は県道近くの須恵川で見つかり、川岸で一部水につかった自転車が見つかっている。死因は首を絞められたことによる窒息だった。

 古賀容疑者は土木作業員として町内の建設会社の寮で暮らしていた。寮の関係者によると、2017年9月から日雇いのアルバイトとして働いており、6日も午後7時半ごろに本人と会ったが特段変わった様子はなかったという。

解説

遺体で発見された村尾照子さんの姓名をうかがうと、四大運に凶数多く、なおかつ三才は【火・水・土】と急変・急難の暗示あり。この暗示は『外見安穏に見えて内実困苦あり、突如凶事に巻き込まれるなど急変の兆し』である。人格の水は天格の火、および地格の土と相剋するため、人生のあらゆる面でごたごたが起きやすく、人間関係においても不和・波乱に陥りやすい。ちなみに年下の土木作業員が殺害をほのめかすとあるが、人格から見た地格は年下の人間を象徴し、村尾さんの場合は人が地に剋される形である。対して古賀容疑者の姓名においても、四大運の凶数に加え、三才の逆境暗示あり。

この事件に関わった人物の名前

同じジャンルの事件簿