姓名判断の虎の舞は、五格剖象方を基本とし、姓名の根幹である「天・人・地」三才を重視する姓名判断サイトです。

【介護に疲れ夫殺害】夫婦の姓名にあらわれた波乱運

殺人・殺人未遂2020-03-08: 産経新聞

 埼玉県警羽生署は8日、夫(72)を殺害したとして、殺人の疑いで同県羽生市中央、無職、大島ひとみ容疑者(71)を逮捕した。同署によると、容疑を認め「介護に疲れた」と供述している。大島容疑者の首には傷があり、署は無理心中しようとした可能性もあるとみて調べている。

 逮捕容疑は7日、自宅で、夫の無職、光男さんの首を絞め殺害したとしている。

 夫婦は2人暮らしで、7日午後2時50分ごろ、大島容疑者が「夫の首を絞めて殺した」と110番通報。駆け付けた署員が、ふとんの上であおむけに倒れている光男さんを発見した。

解説

殺された大島光男さんの姓名は三才相生も外格・総格に凶数あり家庭運・後年運波乱の傾向あり。また人格の16数・陰土と、妻を象徴する外格の10数・陰水が相剋するため、夫婦関係には対立や波乱の暗示がある。さらに総運の26数は大波乱運であり、後半生において大きな災難に遭遇すること多し。対して殺人の疑いで逮捕された妻の大島ひとみ容疑者の姓名は、主運に薄弱運12、総運に逆境運20、三才は【火・木・金】と人格・地格が相剋しており、薄弱・病弱傾向あり。人格の木は神経を意味し、金に剋される場合は神経衰弱の暗示やストレス過多の暗示がある。また大島容疑者の人格・地格関係も相剋しており、やはり夫婦関係に不和の暗示あり。

この事件に関わった人物の名前

同じジャンルの事件簿