姓名判断の虎の舞は、五格剖象方を基本とし、姓名の根幹である「天・人・地」三才を重視する姓名判断サイトです。

『長男殺人未遂罪の26歳母』の姓名にあらわれた自我過剰傾向

殺人・殺人未遂2020-02-10: 産経新聞

 生後11日だった長男を殺害しようとしたとして、殺人未遂罪に問われた埼玉県八潮市の無職、佐藤早智被告(26)は10日、さいたま地裁(田尻克已裁判長)の裁判員裁判初公判で「殺意については分からない」と起訴内容を一部否認した。

 検察側は冒頭陳述で、佐藤被告が心神耗弱状態にあったとする一方で、「自らの行為の危険性を認識していた」と指摘し、殺意はあったとの見方を示した。

 弁護側は「適応障害の影響で、人が死ぬ可能性が高い行為と認識できなかった」と主張し、責任能力について争う姿勢を示した。

 起訴状などによると、佐藤被告は平成29年11月20日未明、当時暮らしていた同県三郷市のアパートで、長男の口や鼻を毛布で押さえつけて殺害しようとしたとしている。

 長男は一時、心停止状態になった。

解説

佐藤早智被告の姓名をうかがうと、人格に自我過剰にして避難・遭難の憂いある大凶数27、外格に逆境波乱の暗示強い凶数19、総格に大浮沈・波乱の暗示ある大凶数46あり、人生において苦難多し。加えて三才は【金・金・金】とあるが、元々自我の強い金が三つ重なる場合は自我過剰・争い・不和などの暗示があらわれる。【金・金・金】の多くは対立・孤独・非難などの境遇に陥り、それにさらに凶数が加わる場合は刑罰殺傷等の暗示あり。

この事件に関わった人物の名前

同じジャンルの事件簿