画数『12』の運勢

薄弱にして困難を暗示する凶数

忍耐力と向上心は人一倍あるのだが、気力・実力が伴わずに失敗を経験することの多い薄弱運である。概して家族縁の薄い者が多く、病難や逆難を招来しやすい運勢なので健康には要注意。性質としては内気で協調性に欠ける面があり、対人関係にも苦労が多く孤立しやすい。大きな目標をもつわりには実力が伴わない傾向があるので、目的がある時はよく気力を振起することが大事です。

12 - 格別の運勢傾向

以下に主運・前運・副運・総運別の運勢傾向を解説致します。概して主運(人格)、前運(地格)、副運(外格)、総運(総格)となりますが、一文字名の場合は地格と前運の数が異なるため、すべて運勢として表記しております。また総運以外に50以上の数をもつ人はほとんどいませんので、50以降は総運のみを解説しています。

総運が12の場合の運勢傾向

12は薄弱・孤独・遭難といった意味のある凶数です。元々薄弱な面があり、物事に対して徹底的に取り組むことができないため、中途挫折や破綻に陥ることが多い運勢です。また病弱傾向もあり、頑張っていても体がついていかない、気持ちで負けてしまうといったこともあり、なかなか芽が出づらいといえます。この数にはまた分裂の意味もあり、逆境・多難・厄難といった凶意もあるため、不慮の災難も起こりやすいでしょう。後半生は運気が衰え、病難にさいなまれる暗示がありますので、健康にも注意を要します。ただし、三才が良い場合は凶意が抑えられ、それほど波乱なく安定した運気を享受できます。反対に三才が悪い場合、晩年は孤独の境遇に陥ることになるでしょう。事業運としては大きなビジョンを描くものの、内実がともなわずに伸び悩むという暗示があります。

主運が12の場合の運勢傾向

繊細で鋭い感性をもっていますが、気が弱い面があり、なかなか行動に結びつかず芽が出づらい薄弱運です。思考もネガティブの傾向があり、神経質で気分の上下も激しいため、人から理解されにくいところもあります。人見知りの激しい人もいます。このため、気力をよく振起して徹底して行動に当たることが吉運を呼びます。ただし、もし三才が良い場合は凶意がかなり抑えられますし、気力も強い傾向となります。

前運が12の場合の運勢傾向

先天的にやや力弱く病弱傾向があるようです。心身において力弱い傾向があり、家族縁も薄い暗示がありますから、前半生においては不安定な境遇や孤独感に悩まされそうです。性質としては繊細かつ鋭い神経をもっていますが、あまり感情を表に出さないため、なかなか周囲から理解されにくいでしょう。ただし、もし三才や他格構成が良い場合は、後半生に運気が開花します。

副運が12の場合の運勢傾向

外見は穏やかで人当たりよく見えますが、引っ込み思案であまり自分を表に出さないため、親密な関係を気づきにくいでしょう。この数には薄弱・孤独といった意味をもちますので、人間関係においてはやや苦労が多い暗示があります。ただし、人格が水・木・火の場合は相生するため、それほど強い凶暗示は出ません。対して人格が金や土の場合は、知人・友人や配偶者との関係において対立・孤独に陥りやすいでしょう。

画数『12』の性質

五行陰陽属性
陰(-)
本質的な性格の説明
その性質は草花や木の枝・根などにたとえられます。外見は穏やかかつ温柔であり、内面にはとても繊細かつ鋭い神経をもっています。絶対にこうでなくてはならないというような頑固さはなく、その場その場にあわせて対処できる融通性・柔軟性がありますので、環境への適応能力は高いほうです。また忍耐力があって我慢強く、物事を一つ一つ進めていこうと考える美点もあります。ただし数の配置などによっては、中には細かいことが気になりすぎる一種神経質な人や、素直さがなく偏屈な考えをもったいわゆる意地っ張りな人もいます。また人一倍感受性が高く神経が鋭いため、それが過ぎるとストレスに耐えきれなくなったり、怒りを溜める原因になることは注意を要します。大体人格に2・12・22などの数をもつ人はいわゆる「ネクラ」な人が多く、社交性があまりありませんが、人格に32数をもつ人はそのようなことはないでしょう。
性格的な長所
忍耐力があって我慢強く、縁の下の力持ち的な仕事を延々とこなす能力がありますので、一つのことを長く続けることで大成するでしょう。また繊細な神経と手先の器用さを合わせもっていますので、それらの長所を活かすと良い。芸術的な感性を持つ人も多いです。
性格的な短所
やや嫉妬心が強いところがありますので、その面が表に出ると災いを呼びます。また繊細で細かいことが気になる性格のため、人一倍ストレスが溜まりやすい傾向があり、ストレスを溜めない努力をすることが大事です。特に人格が2・12・22数などの場合は鬱屈とした気分に陥りやすいでしょう。

主運が【12】の有名人

主運は人格とも言われ、その人の性質と中心的な運勢を示す最も重要な部位です。大体20歳以降に強く発現し、一生の運勢を左右します。また、天格や地格との関係で、基礎運や成功運といった境遇運にも影響を及ぼします。

前運が【12】の有名人

前運は名前の総格数です。前運が地格と異なるのは、一文字名の場合において、前運が名前の総格数であるのに対し、地格は名前の数+霊数で計算します。大体、0歳~35歳くらいまでに強い影響を与える部位です。

副運が【12】の有名人

福運は外格とも言い、その人の運勢の外的な側面を象徴します。たとえば、環境運・家庭運・対人運などがそれです。ですから外格に凶数があると、仕事や環境の面であまり恵まれなかったり、家庭においては孤独に陥ったりといった暗示があります。

総運が【12】の有名人

総運は総画とも言われ、後半生に運勢を司ります。大体35歳頃~晩年期の運気をあらわしますので、総運に凶数があると後半生は衰運となる傾向があります。また、総運は総合的な運勢として、その人の達成運や成功運にも強く関わってきます。

その他の数

このページの先頭へ

姓名判断の【虎の舞】ロゴ
姓名判断の【虎の舞】ロゴ