画数『14』の運勢

破滅の兆候ある大凶数

外見は静穏だが内面は急進的であり、頭の回転がはやく動作も敏捷である一方、努力しても功が得られにくい逆境運である。この数は破滅の相を秘めており、親兄弟や友達と離別したり、若くして両親や配偶者を失ったりと家族縁がうすく、孤独の暗示をもちます。また災難・遭難などの意あり。精神的にも神経質で苛つきやすく自分勝手になりがちである。自制と和合の心をもつと良い。

14 - 格別の運勢傾向

以下に主運・前運・副運・総運別の運勢傾向を解説致します。概して主運(人格)、前運(地格)、副運(外格)、総運(総格)となりますが、一文字名の場合は地格と前運の数が異なるため、すべて運勢として表記しております。また総運以外に50以上の数をもつ人はほとんどいませんので、50以降は総運のみを解説しています。

総運が14の場合の運勢傾向

14は破滅・不如意・波乱などの意味ある凶数です。物にヒビが入るという不安定な数ですので、その数意が境遇や性質にあらわれてきます。境遇運としては別れ・離別の暗示が濃厚であり、家族縁が薄く寂しい思いをすることが多いでしょう。精神的にも不安・動揺・気弱といった傾向が強く、ここぞというところで踏ん張りが効かずに目的を貫徹しがたい傾向があります。何事においてもイライラしやすいところがあり、時に怒りを爆発させてしまう恐れもありますので、つとめて穏和・平静を養うと良いでしょう。ただし、三才が良い配置の場合は凶意を減じ、心身もそれなりに安定してきます。反対に三才に金・水がありますと、不安・動揺といった悪い面が強くなる暗示があります。晩年は概して不安定で、孤独の境遇に陥ることになりそうです。事業運としても破滅という数意から、波乱や困難が尽きないという暗示があります。

主運が14の場合の運勢傾向

繊細で鋭い感性をもっていますが、常に不安や心配に悩まされやすいでしょう。14には別れ・破滅といった意味もあり、人との縁が薄く離別や孤独を経験しやすいという暗示もあります。また意志薄弱な傾向がありますので、つとめて気力を振起することで凶意を和らげます。ただし三才の配置が良く、加えて木があれば火を生じ心身ともに安定してきます。反対に三才が悪い場合は心身安定せず、健康運もかなり弱くなります。特に天格か地格に水の数がある場合は、心臓や血流関係の病に注意を要します。

前運が14の場合の運勢傾向

家族縁が薄く孤独に陥りやすい運勢です。特に前半生においては、家庭の事情などで寂しい境遇を味わいやすいでしょう。幼くして両親との生死別を経験する人も多いようです。性質としてもやや薄弱・陰鬱な面があり、感情をあまり表に出しませんので、人から理解されないことで苦労するかもしれません。ただし、三才や他格構成が良い場合は概ね順調に発達し、後半生は恵まれます。

副運が14の場合の運勢傾向

一見穏和で優しい人に見られやすいですが、神経質な傾向があり感情の起伏が激しく、周囲と良好な関係を保ちにくいところがあります。家族縁や結婚運も弱く、別れや寂しい思いを経験しやすい数です。寂しがりやな面もあり、賑やかな場所や人を求めますが、周囲に馴染めず孤独感に悩む人も多いようです。環境運としても不安定で、家庭での孤独や配偶者との生死別、職場での移動・転勤などが起こりやすいでしょう。ただし、人格が木・火・土の場合は凶意をやや弱めます。反対に人格が金・水の場合は、対立的関係に陥りやすいところがあります。

画数『14』の性質

五行陰陽属性
陰(-)
本質的な性格の説明
その性質は蝋燭の火や煙・マグマなどにたとえられます。それほど活動的ではありませんが、才知・知力が深く、敏腕で弁舌に長けます。外見は穏やかで静かそうな面持ちですが、内面には鋭く繊細な神経があり、感情的かつ感傷的な面が多分にあります。しかし、中には一種爆発的な性情を有していて、強い怒気や癇癪を含む人も多くいます。概して人格に4・14・34などの凶数をもつ人は、内面に沸々と湧くマグマのような爆発的な気質を含んでおり、物事に敏感でイライラしやすく、内に怒りを溜めやすい傾向があります。大体において表面の趣と内面の急躁的な性質にずれを生じ、内面の動揺や癇癪を抑えるのに労力を消費する人が多く、これによって外見やや沈鬱的に見える人が多いでしょう。ただし、人格に24数がある人は神経は鋭敏でも怒りを溜めずらく、その性格は快活です。また、陰の火は心臓や神経系統を司りますので、天格か地格に水がある人は健康に特に注意が必要です。
性格的な長所
頭の回転が速く知力が深いという特性がありますので、勉学や研究など専門的な分野では大きな力を発揮する可能性があります。また繊細な神経をもっていますので、人の気持ちの分かる人が多く、それを気遣いなどに活かすと運勢が開けるでしょう。
性格的な短所
物事に敏感で動揺しやすいため、常に気持ちを落ちつかせるような努力が必要です。また、このタイプは怒りを溜めすぎると突然爆発する恐れがありますので、ストレスは溜めすぎず適度に吐き出すべきでしょう。リラックスを心掛けることで凶事を減らせます。

主運が【14】の有名人

主運は人格とも言われ、その人の性質と中心的な運勢を示す最も重要な部位です。大体20歳以降に強く発現し、一生の運勢を左右します。また、天格や地格との関係で、基礎運や成功運といった境遇運にも影響を及ぼします。

前運が【14】の有名人

前運は名前の総格数です。前運が地格と異なるのは、一文字名の場合において、前運が名前の総格数であるのに対し、地格は名前の数+霊数で計算します。大体、0歳~35歳くらいまでに強い影響を与える部位です。

副運が【14】の有名人

福運は外格とも言い、その人の運勢の外的な側面を象徴します。たとえば、環境運・家庭運・対人運などがそれです。ですから外格に凶数があると、仕事や環境の面であまり恵まれなかったり、家庭においては孤独に陥ったりといった暗示があります。

総運が【14】の有名人

総運は総画とも言われ、後半生に運勢を司ります。大体35歳頃~晩年期の運気をあらわしますので、総運に凶数があると後半生は衰運となる傾向があります。また、総運は総合的な運勢として、その人の達成運や成功運にも強く関わってきます。

その他の数

このページの先頭へ

姓名判断の【虎の舞】ロゴ
姓名判断の【虎の舞】ロゴ