画数『28』の運勢

禍乱遭難運

強情で容易に人の意見に耳をかさず、何事も独断的に行おうとするため、何かと波乱を招きやすい凶運数である。仕事での対人関係をはじめ、家庭においても険悪な対立が起きる暗示があり、豪然と不遜な態度を続けていると非難は免れません。孤独・災難・病難などの意味あり、健康を害しやすく、家族との生死別に泣く者も。不和の暗示が強いため、協調性と謙虚さを心掛けると良い。

28 - 格別の運勢傾向

以下に主運・前運・副運・総運別の運勢傾向を解説致します。概して主運(人格)、前運(地格)、副運(外格)、総運(総格)となりますが、一文字名の場合は地格と前運の数が異なるため、すべて運勢として表記しております。また総運以外に50以上の数をもつ人はほとんどいませんので、50以降は総運のみを解説しています。

総運が28の場合の運勢傾向

28は剛情・非難・不和・逆難などの意味ある凶数です。勢いがあってとても頼もしい人ですが、自我が強く強情なところがあり、かなり頑固です。またこの数は遭難運とも言われ、逆境や苦難に苛まれるという暗示があるため、人生において遭難状態に陥る人が多いでしょう。物心両面において困苦欠乏に陥りやすい運勢です。独断的であまり人の意見を聞かない性質傾向もあり、周囲との対立から非難を浴びやすく、それによってさらに悪運を招いてしまう暗示もあります。家族縁も薄く、後半生においては寂しい孤独の境遇に陥る暗示があり、金銭的にも苦労が多いでしょう。事業運としても逆境・不和・非難の暗示あり、人気や信頼を得にくい運数と言えます。ただし、三才と他格構成が良い場合は大きく凶意を減じます。対して三才が悪い場合は後半生においてとても苦労が多くなる暗示があり、健康にも要注意です。

主運が28の場合の運勢傾向

豪傑運ともいわれ、非常に勢いのある豪胆な性格ですが、数には過剛・遭難・不和といった意味があり、なかなか波乱を招きやすい運と言えるでしょう。波乱が変動が多く、一生を平安に過ごし難い運勢です。性質としては剛情で独断的なところがあり、周囲と対立関係を作りやすいため、努めて和合を心がけることが大切です。もし三才が良ければ波乱ながらも成功運は強いでしょう。対して三才が悪い場合は物心両面において苦労が絶えない暗示があります。晩年は病気にも注意です。

前運が28の場合の運勢傾向

前半生は波乱が多くなりそうです。家族縁が薄いため若くして親と別れたり、そうでもなくても寂しい思いをしたり、環境面で苦労を強いられたりといったことが起きやすいでしょう。大人しくみられても、内面は頑固でむしろ強引なところがあります。やや完璧主義または頑固過ぎる面があるため、柔軟性や協調性を心がけることで吉となります。三才と他格構成が良い場合は順調に発達し後半生は恵まれます。

副運が28の場合の運勢傾向

28は剛情・非難といった意味のある凶数であるため、周囲からは剛情で譲らない性質から敬遠されたり、独断的だと非難を浴びやすい傾向があります。環境運としても波乱が多く、職場や家庭内での対立・不和から孤独に陥ってしまう人も多いようです。プライドが高く傲然としていて、自分の意見を曲げないところがありますので、つとめて柔和を心がけることで吉。ただし、人格が土や水の場合は福運あります。対して人格が木や火の場合は対立・不和といった暗示が強まるでしょう。人格が金の場合は自我過剰気味となります。

画数『28』の性質

五行陰陽属性
陰(-)
本質的な性格の説明
その性質は鉱石・岩石などにたとえられます。外見・内面ともに強情の性質で、簡単には譲らないとても頑固なところがあります。非常に意志力・耐久力が強く、一度目的を立てれば一直線に努力し、たとえ困難に遭っても挫けず進み続ける強い精神力を有しています。また決断力・行動力に秀で勇猛果敢であり、筋の通っていないことに対して堂々と批判するような気概もあります。しかしそのような性質のため、柔軟性に欠けて融通が利かず、度量はやや狭いでしょう。それに加え内面には不平心と反発心が起きやすいため、よく人と不和・対立を起こしやすい人でもあります。概して性質が「強」の場合は自我過剰で強情に過ぎ、反対に「弱」の場合は耐久力・意志ともにやや薄弱の傾向が出ます。女性は男性的となり、やや荒々しい性格となるでしょう。よく身を慎み修錬を積むことで立派な人間となり、宝石のように輝くことができます。
性格的な長所
鉄石心とも呼べる硬い意志と粘り強い耐久力を有しており、ちょっとやそっとのことでは諦めない強い精神力をもっています。そのため、大きな目標を立てれば一直線に努力邁進し、大きな成功を収めることが可能です。加えて温良・和順を心掛ければなお良いでしょう。
性格的な短所
とても強情で頑固な性質のため、これが前面に出れば争いや対立の元となりますので、穏和や柔弱を心掛けることで吉となります。また度量がやや狭く人の好き嫌いが激しいところがありますので、雅量を養うことが必要です。三才配置によって性質の良否が極端に別れます。

主運が【28】の有名人

主運は人格とも言われ、その人の性質と中心的な運勢を示す最も重要な部位です。大体20歳以降に強く発現し、一生の運勢を左右します。また、天格や地格との関係で、基礎運や成功運といった境遇運にも影響を及ぼします。

前運が【28】の有名人

前運は名前の総格数です。前運が地格と異なるのは、一文字名の場合において、前運が名前の総格数であるのに対し、地格は名前の数+霊数で計算します。大体、0歳~35歳くらいまでに強い影響を与える部位です。

副運が【28】の有名人

福運は外格とも言い、その人の運勢の外的な側面を象徴します。たとえば、環境運・家庭運・対人運などがそれです。ですから外格に凶数があると、仕事や環境の面であまり恵まれなかったり、家庭においては孤独に陥ったりといった暗示があります。

総運が【28】の有名人

総運は総画とも言われ、後半生に運勢を司ります。大体35歳頃~晩年期の運気をあらわしますので、総運に凶数があると後半生は衰運となる傾向があります。また、総運は総合的な運勢として、その人の達成運や成功運にも強く関わってきます。

その他の数

このページの先頭へ

姓名判断の【虎の舞】ロゴ
姓名判断の【虎の舞】ロゴ