画数『30』の運勢

運気不定の象ある吉凶抱合運

非常に浮き沈みの激しい運勢であり、人によって吉凶の現れ方が極端に出る数である。凶とでれば大波乱、吉とでれば大発展というように、その者の才知によって大きく運命が別れます。概して凶相が勝るため、多くは悲運な人生となりますが、明確な目標と貫徹の精神をもつことにより大成する者も。他格構成に左右されやすい数であり、目標を定めて一事に専念することが大切です。

30 - 格別の運勢傾向

以下に主運・前運・副運・総運別の運勢傾向を解説致します。概して主運(人格)、前運(地格)、副運(外格)、総運(総格)となりますが、一文字名の場合は地格と前運の数が異なるため、すべて運勢として表記しております。また総運以外に50以上の数をもつ人はほとんどいませんので、50以降は総運のみを解説しています。

総運が30の場合の運勢傾向

穏和で優しい印象をもちますので、誰からも好感をもたれやすいでしょう。とても理性的で落ち着いており、また思慮深い面ももちます。環境運としては、浮き沈みが激しく、仕事や家庭においても移動が多くなりそうです。概して人格の数が金・水・木の場合はこの数の吉祥面が強く出ます。反対に人格が火や土の場合は、相剋するため悪運に翻弄されやすいでしょう。境遇運としては悲運・孤独の誘導があります。

主運が30の場合の運勢傾向

30は0系数のなかでも吉面が強い方ですが、やはり0系数特有の浮沈・波乱・吉凶半々といった意味合いはあり、三才や他格構成いかんによってかなり運気が変わる数です。概して三才や他格構成が良ければ非常な成功と発展をする可能性を秘めますが、悪い場合は波乱・動揺・破滅といった凶面があらわれるでしょう。非常に順調にいっていたと思ったら、不慮の出来事により大きく転落といったこともある数ですので、平穏無事は望めないと言えます。このため総運の働きとしては、三才の配合に左右されるものの、後年は概ね衰運傾向となります。もし三才が悪い場合は、病難・欠乏・困苦などの凶事にさいなまれるでしょう。事業運としても浮沈や盛衰が激しいという運勢ですから、常に気を引き締めて経営を行うことが求められます。この数を総運に有する著名人としては、政治家の田中角栄さんなどがいます。

前運が30の場合の運勢傾向

浮き沈みの激しい波乱運です。性質としては理性的で知恵が深いものの、やや薄弱傾向があり、物事に対して根気がなく移り気な面がありますから、これに任せていると中途挫折・浮沈・欠乏等を免れません。ですから何事にも専心・貫徹といったことを心がけるとこの数の凶意を抑えることができるでしょう。投機山師的なところもありますので、堅実に物事を成していくという精神が吉を呼びます。もし三才が良ければ大きく成功発展する暗示があります。ただし三才が悪い場合は浮沈・波乱に翻弄されやすいでしょう。また、この数が主運にあり、周りが水ばかりであれば、大海の海と変じ非常に活動的になる暗示があります。

副運が30の場合の運勢傾向

吉凶抱合といった浮沈運ですので、前半生は浮き沈みの多い運気に翻弄されそうです。理性的かつ思慮深い面がありますが、心身ともに薄弱傾向があるため、覇気がなくどことなく暗い人も多いようです。ただし、三才が良ければ概して境遇運・環境運には恵まれており、その後も順調に発達していきます。対して三才が悪い場合は病弱・多難・寂寞の暗示があります。

画数『30』の性質

五行陰陽属性
陰(-)
本質的な性格の説明
その性質は雨や湖などにたとえられます。外見は平静かつ穏やかな趣で、概して控えめで親切な人柄です。才知深く知的な面があり、物事を深く考えることができ、その場その場に適した優れた判断力を有しています。順応性が高く、人と争うことを好まず、時に相手に妥協する優しい心ももっています。あまり活動的なタイプではなく、家では一つの所にじっとしているような人も多いでしょう。またとても我慢強く、一つのことを黙々とやり続けられる忍耐力をもちますが、やや力弱く苦労性な面があります。概して内面には静寂でやや暗い一面を有しており、その性情は沈みがちで、外見と内面に差が出る人もいるでしょう。大体において活動力の弱い人が多いですが、性質が「強」の場合は大海の如く凄まじい活動力を示す人があり、反対に「弱」の人は沈滞的・沈鬱的になりがちです。また三才配置が悪い人は健康に特に注意が必要です。
性格的な長所
頭が良く判断力に優れているため、組織の相談役・参謀として力を発揮するでしょう。穏やかで順応性が高いという美点もあります。また忍耐力に秀でており、一つのことを黙々と続けられる力がありますから、大きな目的をもてば大事を成す可能性を秘めます。
性格的な短所
活動力が弱く沈滞的なところがあり、苦労性で考えがネガティブになりやすいですから、意識的に考えをポジティブにすることが大切です。またやや気が小さい面があり、物事に当たって臆しやすいため、それを克服することも重要となります。行動力を磨くことも吉。

主運が【30】の有名人

主運は人格とも言われ、その人の性質と中心的な運勢を示す最も重要な部位です。大体20歳以降に強く発現し、一生の運勢を左右します。また、天格や地格との関係で、基礎運や成功運といった境遇運にも影響を及ぼします。

前運が【30】の有名人

前運は名前の総格数です。前運が地格と異なるのは、一文字名の場合において、前運が名前の総格数であるのに対し、地格は名前の数+霊数で計算します。大体、0歳~35歳くらいまでに強い影響を与える部位です。

副運が【30】の有名人

福運は外格とも言い、その人の運勢の外的な側面を象徴します。たとえば、環境運・家庭運・対人運などがそれです。ですから外格に凶数があると、仕事や環境の面であまり恵まれなかったり、家庭においては孤独に陥ったりといった暗示があります。

総運が【30】の有名人

総運は総画とも言われ、後半生に運勢を司ります。大体35歳頃~晩年期の運気をあらわしますので、総運に凶数があると後半生は衰運となる傾向があります。また、総運は総合的な運勢として、その人の達成運や成功運にも強く関わってきます。

その他の数

このページの先頭へ

姓名判断の【虎の舞】ロゴ
姓名判断の【虎の舞】ロゴ