画数『6』の運勢

天徳祥慶に恵まれる大吉祥数

落ちつきのある明るい性質で、物腰もやわらかいため、周囲に敵をつくることのない徳望運である。柔和だが抜出した決断力をそなえており、人の上位にたつ度量もあるので、才知に秀でる者は頭領として人々から恵愛と尊敬をうけるでしょう。些か強情で頑固な面はあるが、その篤実な人柄が万事において幸運をまねく。歓楽・安楽などの意をふくみ、華やかで和気に満ちた運勢である。

6 - 格別の運勢傾向

以下に主運・前運・副運・総運別の運勢傾向を解説致します。概して主運(人格)、前運(地格)、副運(外格)、総運(総格)となりますが、一文字名の場合は地格と前運の数が異なるため、すべて運勢として表記しております。また総運以外に50以上の数をもつ人はほとんどいませんので、50以降は総運のみを解説しています。

総運が6の場合の運勢傾向

6は天徳・安穏・和気・人徳といった意味をもつ大吉数です。福運がとても豊かな運勢であり、伸び伸びとして広がっていくような発展運であり、繁栄・慶福・円満といった意味もあります。性質は和気があってなおかつ重厚な度量をもつため、人から好感をもたれやすい美徳があり、人望運ともいわれます。親分肌で人の面倒見の良いところもあるため、リーダーとしても活躍する人が多いでしょう。このた事業運としても順風・順境運となり、経路に困難はあっても成功発展の道をたどります。概して繁栄・盛大・歓楽といった意味がありますが、三才や他運との関係によってはややだらしない傾向があらわれてきます。反対に三才が良く、他格とのバランスが良ければ大きな発展運となりますから、後半生は特に富貴や栄誉といった福運に恵まれます。

主運が6の場合の運勢傾向

性質は大きな度量を備え、視野が広くバランス感覚も良いでしょう。そのため社交の才やリーダーとしての素養も有しています。運勢が強いため、たとえ凶事にあっても福運へと転じ、何事も巧みに切り抜けていくでしょう。人徳があるため、いざという時に人から助けられやすいという美点もあります。三才が良い場合には、気質としてもしっかりとしますから、さらに良い運勢を享受することになります。しかし三才が悪い場合は、やや薄弱な面があらわれ、人生において波乱が多くなるでしょう。

前運が6の場合の運勢傾向

元々大きな福徳運をもって生まれてきています。概して家族縁に恵まれ、前半生においては順境の運勢です。また人当たりが良くて愛嬌があるため、人気者になりやすいでしょう。ゆったりのんびりとしたところがあり、人の面倒見も良いので目下の人から好かれやすく、和気あいあいとします。もし三才がよければ、その後も順調に発達していきますが、三才の配置が悪い場合はやや波乱含みとなります。

副運が6の場合の運勢傾向

優しくて穏やかなところがあって面倒見も良いため、人から好かれやすい人徳運といえます。社交運があり、人との交流によってさらに福運を享受しやすいでしょう。そのため良い友人・知人に恵まれる暗示があります。ただし、人格が水の場合は異性との関係に溺れないよう注意が必要です。環境運もよく、職場での人間関係や家庭運にも恵まれやすいといえます。人格が火・土・金であればさらに吉の意味が強くなり、環境運は大吉です。

画数『6』の性質

五行陰陽属性
陰(-)
本質的な性格の説明
その性質は原野・野原などにたとえられます。広い心と大きな器の持ち主で、様々な人を受けいれることのできる雅量をもっています。概して親切心があって情が厚く、来る者は拒まずといった向きがあります。なかには弱気を助け強気を挫くといった義侠心をもつ人も多く、親分肌で多くの人に慕われる有徳の性質をもっています。それほど行動的ではありませんが、とても落ち着きがあって平穏・平静で、頼もしいところがあります。しかし、野原にも荒れ果てた荒野のようなものや、よく草花を育て養う良質の土もあるように、このタイプは三才や数の配置などによってその性質が大きく変化するのも特徴です。大体において三才配置が良く土の強さが中程度ならばその長所がよくあらわれますが、逆にそれらが悪ければ鈍重に過ぎたり、庸劣・愚劣であったりします。人格が6・16数は温厚で親和的ですが、26・36数などは性格荒れる傾向があります。
性格的な長所
広い心と重厚な雅量は長所であり、これを伸ばすことによってさらに同化力・親和力を伸ばせば、組織の中心としてその力を発揮できそうです。また親分肌で親切心をもっていますので、指導力を養えばリーダーとしてもその性質を活かせるでしょう。
性格的な短所
やや疑いの心と嫉妬心が強い傾向にあり、これが表に出ると災いとなるため注意が必要です。またとても落ち着きがあって沈着冷静なのは長所ですが、それが過ぎれば鈍重となる点は意識する必要があります。概して三才配置によって性質の良否が別れます。

主運が【6】の有名人

主運は人格とも言われ、その人の性質と中心的な運勢を示す最も重要な部位です。大体20歳以降に強く発現し、一生の運勢を左右します。また、天格や地格との関係で、基礎運や成功運といった境遇運にも影響を及ぼします。

前運が【6】の有名人

前運は名前の総格数です。前運が地格と異なるのは、一文字名の場合において、前運が名前の総格数であるのに対し、地格は名前の数+霊数で計算します。大体、0歳~35歳くらいまでに強い影響を与える部位です。

副運が【6】の有名人

福運は外格とも言い、その人の運勢の外的な側面を象徴します。たとえば、環境運・家庭運・対人運などがそれです。ですから外格に凶数があると、仕事や環境の面であまり恵まれなかったり、家庭においては孤独に陥ったりといった暗示があります。

総運が【6】の有名人

総運は総画とも言われ、後半生に運勢を司ります。大体35歳頃~晩年期の運気をあらわしますので、総運に凶数があると後半生は衰運となる傾向があります。また、総運は総合的な運勢として、その人の達成運や成功運にも強く関わってきます。

その他の数

このページの先頭へ

姓名判断の【虎の舞】ロゴ
姓名判断の【虎の舞】ロゴ