画数『7』の運勢

独立権威の象を司る吉数

閃くような鋭い気性をもち、逆境や困難をものともせずに突き進んでゆく強堅な意志を有す。鋭気に満ち、目的あれば何者にも臆せず、果敢な行動力を発揮してどんな困難をも貫いてゆくため、才知ある者は大成します。しかし非常に自我がつよいので、その鋭さ故に対立・非難をうむことが往々にしてある。争いへと傾けば災いを招きますから、協調性と雅量をやしなうことが必要です。

7 - 格別の運勢傾向

以下に主運・前運・副運・総運別の運勢傾向を解説致します。概して主運(人格)、前運(地格)、副運(外格)、総運(総格)となりますが、一文字名の場合は地格と前運の数が異なるため、すべて運勢として表記しております。また総運以外に50以上の数をもつ人はほとんどいませんので、50以降は総運のみを解説しています。

総運が7の場合の運勢傾向

7は0から9までの数で最も剛なる数です。その性質は刀剣などにもたとえられ、とても意志が強く勇猛果敢です。数意としては独立・強情・権威などの意味があり、何事においても積極果敢に行動し、精力旺盛、逆境や万難も強い意志の力で砕きながら最後には成功するという吉運です。このため目的をもって努力を行えば必ず頭角をあらわすという吉祥運であります。ただし、強情・権威といった本質から、柔らかみがなく、やや周囲との協調性に欠ける傾向があります。特に三才において金が重なる場合や、五格のうち3つ以上を金が占めるとなると、自我過剰気味の性質となりますから注意が必要です。また、度量もやや狭い傾向がありますので、より柔和を心がけることでより強い発展運となります。晩年は三才が良ければ概ね安泰。反対に三才が悪ければ波乱の上の成功を得るでしょう。事業運としても積極果敢な性質で万難を排して成功を手にするという強い数です。

主運が7の場合の運勢傾向

独立・剛毅・権威といった意味ある吉運数です。刀剣のような鋭い気概をもち、果敢な行動力と素早い決断力を有しており、その強い意志で万難を砕いて成功していきます。ただし、三才において金が重なるなど、あまり金が強くなりすぎる場合は過剛となり、対人関係でも不和・対立を危惧します。反対に、三才において火に剋されますと、その強い性質も丸みを帯びてきます。天格や地格のどちらかに陽水をもつ場合は水智となり知力に秀でます。この陽金は三才や他格配置によってかなりその性質が左右される数と言えるでしょう。女性は概して男勝りとなり、男性顔負けの勇気と決断力をもっています。

前運が7の場合の運勢傾向

生まれながらにして健全と剛健さを備えており、意志が強く不屈で、健康にも恵まれる暗示のある運勢です。幼年のうちからその強い気性と果敢な行動力をあらわすため、周囲からも注目されやすい人となるでしょう。さらに三才が良い配置であれば健全に発達していきます。反対に三才に難がある場合は運勢やや波乱となるでしょう。

副運が7の場合の運勢傾向

意志が強く果敢な行動力を有し、周囲を牽引していく非常に頼もしい吉運です。ただし少々自我が強いため、あまり強情に過ぎると周囲から敬遠されることになりますから、努めて温和を心がけることで吉。人格が土もしくは水の場合は性格のバランスもよく対人運大吉です。人格が金の場合はやや鋭く冷たい傾向を帯びます。また人格が木や火の場合は相剋するため、対人関係でのストレスが多くなるでしょう。

画数『7』の性質

五行陰陽属性
陽(+)
本質的な性格の説明
その性質は刀剣にたとえられます。硬い意志と強く鋭い気概をもっており、目的あれば如何なる困難に遭遇しようとも決して諦めない不屈の忍耐力をもっています。また自我心が人一倍強いのも特徴で、内面にはとても頑固で豪毅な性質があり、攻撃的な一面もあるでしょう。概して勇気と覇気があり、果敢な決断力と正義感とを併有しているため、リーダーとなる素質があります。辣腕で行動は大胆、権威的な側面もあります。しかしその反面、人を受けいれる雅量に乏しく、やや器が小さいのが欠点でもあります。このような性質ですが、その性質が「弱」の場合はむしろ意志薄弱で忍耐力も弱い傾向となり、逆にその性質が「強」の場合は自我過剰で冷徹、あるいは攻撃性などの悪い点が増します。またこの性質は他と比べ最も耐久力が強いのが特徴であり、持久力も秀でています。女性は概ね男性的となり、強気・勝ち気な性格となるでしょう。
性格的な長所
硬い意志と困難に屈しない強い忍耐力がありますので、目的を定めて一心に努力することで大成する可能性があります。また勇気・決断力・正義感などを有しているため、多くの人を受けいれる寛容な性質と度量を養えば、頼れるリーダーとして活躍することができるでしょう。
性格的な短所
やや虚栄心が強いところがあり、人によっては自分を格好良く見せたいという思いに駆られ、虚言や自慢を弄する場合があり戒めが必要です。またとても自我が強いため、時に怒りの感情が高ぶりすぎる場合もありますが、それが表出すると争いや対立の元となるので気を付けるべきです。

主運が【7】の有名人

主運は人格とも言われ、その人の性質と中心的な運勢を示す最も重要な部位です。大体20歳以降に強く発現し、一生の運勢を左右します。また、天格や地格との関係で、基礎運や成功運といった境遇運にも影響を及ぼします。

前運が【7】の有名人

前運は名前の総格数です。前運が地格と異なるのは、一文字名の場合において、前運が名前の総格数であるのに対し、地格は名前の数+霊数で計算します。大体、0歳~35歳くらいまでに強い影響を与える部位です。

副運が【7】の有名人

福運は外格とも言い、その人の運勢の外的な側面を象徴します。たとえば、環境運・家庭運・対人運などがそれです。ですから外格に凶数があると、仕事や環境の面であまり恵まれなかったり、家庭においては孤独に陥ったりといった暗示があります。

総運が【7】の有名人

総運は総画とも言われ、後半生に運勢を司ります。大体35歳頃~晩年期の運気をあらわしますので、総運に凶数があると後半生は衰運となる傾向があります。また、総運は総合的な運勢として、その人の達成運や成功運にも強く関わってきます。

総運が7の有名人は見つかりませんでした。

その他の数

このページの先頭へ

姓名判断の【虎の舞】ロゴ
姓名判断の【虎の舞】ロゴ