画数『27』の運勢

誹謗誹毀の象ある批難運

才知にあふれ、何事にも屈することのない堅い意志をもち、目的あれば一直線に奮闘する果敢な性質である。しかし自我の強さと他人の意見を容易に聞かぬ豪毅さゆえ、周囲から反発や攻撃をうける暗示があり、それによって挫折の兆候ある中絶運である。非難・孤独・厄災の意あり。内外で不和の気配が濃く、概して対人関係で苦労が多いですから、温順さと協調性を養うことが大切です。

27 - 格別の運勢傾向

以下に主運・前運・副運・総運別の運勢傾向を解説致します。概して主運(人格)、前運(地格)、副運(外格)、総運(総格)となりますが、一文字名の場合は地格と前運の数が異なるため、すべて運勢として表記しております。また総運以外に50以上の数をもつ人はほとんどいませんので、50以降は総運のみを解説しています。

総運が27の場合の運勢傾向

27は非難・誹謗・中絶などの意味ある凶数です。非常に自我が強く強情で自分の考えを曲げようとしないため、周囲から批判や非難を浴びやすい中途挫折運です。頭はとても良いですがプライドが高く、なおかつ鋭い気性と舌鋒をもっているため、これがために周りを敵を作りやすいと言えるでしょう。また自我が強いあまり協調性がなく、常に自己を貫き通す傾向がありますから、それが過ぎる場合は孤独に陥る人も多いです。また、27の数意として刑罰・殺傷・遭難等もあり、険悪な事件や事故、あるいは陰湿なイジメ等に遭遇する人も多いようです。このため後半生においては大きく衰運となり、身内との険悪な対立や、不穏な事件・事故が起こりやすい(起こしやすい)と言えるでしょう。ただし、三才と他格構成が良い場合は大きく凶意を減じます。また三才がよく土か水の数がありますと、適度な柔らかさが加わりますので27の鋭い面も丸くなり吉です。事業運としては社内の雰囲気が荒れやすく、それによって内側から破綻を来すという運勢ですから、常に内部の雰囲気に目を配ることが大事です。

主運が27の場合の運勢傾向

とても頭の回転が早く切れ者ですが、自我がとても強く鋭い気性を有するため、周囲から批判や非難を受けやすいでしょう。険悪運とも言われ、不穏な事件や事故に遭遇したり、周囲との険悪な対立を生じやすい運勢です。内面にやや攻撃的なところがあり、それが元で対立を生じやすい運ですので、協調性や穏和を心がけることが必要です。ただし、三才が吉配置の場合はかなり凶意を減じます。反対に三才に相剋が多い場合は一生を通じて波乱や対立が多くなる暗示があります。27を主運にもつ著名人としては、ジャーナリストの田原総一朗さんなどがいます。

前運が27の場合の運勢傾向

非難や誹謗といった意味のある凶数ですので、前半生において不遇な境遇を過ごす人が多いようです。家族縁が薄く寂しい思いをしたり、周囲とうまく馴染めずに非難や攻撃を受けたりといったことが起きやすく、波乱が多いでしょう。険悪な事件・事故にも遭遇しやすい運です。また、やや我が強く攻撃的なところがあるため、努めて穏和や協調性を心がけると吉です。もし三才と他格構成が良ければ波乱ながらも順調に発達し、後半生は恵まれるでしょう。

副運が27の場合の運勢傾向

周囲からは強情で自我の強い人だと思われている可能性があります。人格の数にもよりますが、概して鋭い気性をもち主張が強いため、周囲からは怖い人だと思って敬遠されたり、非難を受けやすいところがあるでしょう。やや独断的なところもありますので、つとめて和合や協調性をもつと吉です。危難や遭難といった意味もあり、家庭においても対立・不和・孤独といった数意の影響があらわれてきます。ただし、人格が土・金・水の場合は相生のため凶意を減じます。反対に人格が木や火の場合は対立的関係に陥りやすいでしょう。

画数『27』の性質

五行陰陽属性
陽(+)
本質的な性格の説明
その性質は刀剣にたとえられます。硬い意志と強く鋭い気概をもっており、目的あれば如何なる困難に遭遇しようとも決して諦めない不屈の忍耐力をもっています。また自我心が人一倍強いのも特徴で、内面にはとても頑固で豪毅な性質があり、攻撃的な一面もあるでしょう。概して勇気と覇気があり、果敢な決断力と正義感とを併有しているため、リーダーとなる素質があります。辣腕で行動は大胆、権威的な側面もあります。しかしその反面、人を受けいれる雅量に乏しく、やや器が小さいのが欠点でもあります。このような性質ですが、その性質が「弱」の場合はむしろ意志薄弱で忍耐力も弱い傾向となり、逆にその性質が「強」の場合は自我過剰で冷徹、あるいは攻撃性などの悪い点が増します。またこの性質は他と比べ最も耐久力が強いのが特徴であり、持久力も秀でています。女性は概ね男性的となり、強気・勝ち気な性格となるでしょう。
性格的な長所
硬い意志と困難に屈しない強い忍耐力がありますので、目的を定めて一心に努力することで大成する可能性があります。また勇気・決断力・正義感などを有しているため、多くの人を受けいれる寛容な性質と度量を養えば、頼れるリーダーとして活躍することができるでしょう。
性格的な短所
やや虚栄心が強いところがあり、人によっては自分を格好良く見せたいという思いに駆られ、虚言や自慢を弄する場合があり戒めが必要です。またとても自我が強いため、時に怒りの感情が高ぶりすぎる場合もありますが、それが表出すると争いや対立の元となるので気を付けるべきです。

主運が【27】の有名人

主運は人格とも言われ、その人の性質と中心的な運勢を示す最も重要な部位です。大体20歳以降に強く発現し、一生の運勢を左右します。また、天格や地格との関係で、基礎運や成功運といった境遇運にも影響を及ぼします。

前運が【27】の有名人

前運は名前の総格数です。前運が地格と異なるのは、一文字名の場合において、前運が名前の総格数であるのに対し、地格は名前の数+霊数で計算します。大体、0歳~35歳くらいまでに強い影響を与える部位です。

副運が【27】の有名人

福運は外格とも言い、その人の運勢の外的な側面を象徴します。たとえば、環境運・家庭運・対人運などがそれです。ですから外格に凶数があると、仕事や環境の面であまり恵まれなかったり、家庭においては孤独に陥ったりといった暗示があります。

総運が【27】の有名人

総運は総画とも言われ、後半生に運勢を司ります。大体35歳頃~晩年期の運気をあらわしますので、総運に凶数があると後半生は衰運となる傾向があります。また、総運は総合的な運勢として、その人の達成運や成功運にも強く関わってきます。

その他の数

このページの先頭へ

姓名判断の【虎の舞】ロゴ
姓名判断の【虎の舞】ロゴ