画数『36』の運勢

流転決壊の凶兆を示す波乱数

侠心と情に厚い親分肌で目的あれば己を顧みず猛進する気概あり。しかし英雄運といわれ運勢の変動が激しく、主運や総運にこの数をもつ場合は一生を通じて波乱に揉まれそうです。ゆえに一事は好調でもすぐに暗雲が垂れ込め、逆境の嵐により全てが水の泡と帰してしまうことも。災難・離散・孤独などの暗示にくわえ、健康にも要注意。常に慎重さと謙虚さを心掛けることが必要です。

36 - 格別の運勢傾向

以下に主運・前運・副運・総運別の運勢傾向を解説致します。概して主運(人格)、前運(地格)、副運(外格)、総運(総格)となりますが、一文字名の場合は地格と前運の数が異なるため、すべて運勢として表記しております。また総運以外に50以上の数をもつ人はほとんどいませんので、50以降は総運のみを解説しています。

総運が36の場合の運勢傾向

36は波乱万丈や浮沈といった数意をもつ凶数です。英雄運ともいわれ、大きな波乱の波に揉まれる暗示があります。運勢はとても浮き沈みが激しく、順調に運んでいても突如急落する事態が発生するなど、概して安定は望めないでしょう。性質としては、豪快で義侠心があり面倒見のよい親分肌の人ですから、リーダーとしての素養があります。ただ、荒々しく短気かつ短慮な面があるため、自暴自棄から投げやりな行動に出て、自ら事態を悪くしてしまうようなところがあるので注意が必要です。事業運としても起伏や盛衰が激しいという暗示がありますので、常にブレずに発展を追求していくことで成功を得るでしょう。短命・病弱・孤独といった意味も強い数ですので、三才や他格構成によっては後半生一気に衰運となり、寂しい孤独の境遇に陥る人も多いです。もし三才や他格構成が良い場合は、波乱あるもののそれなりに安泰を保ちます。

主運が36の場合の運勢傾向

波乱の絶えない凶運数ですので、一生を通じて平穏を得にくいでしょう。性質としては義侠心に富む親分肌ですが、短気かつ性急な面がありなかなか信頼を得にくく、孤独感を感じることも多いようです。病弱数でもありますので、健康にも注意が必要です。ただし、三才が吉配置の場合は大きく凶意を減じるでしょう。反対に三才が悪い場合は波乱運が強まり、大きな災難や事故に遭遇したり、病難から短命への誘導があります。

前運が36の場合の運勢傾向

前半生において孤独や病難にさいなまれる暗示があります。三才の配置などにもよりますが、家族縁が薄く幼くして寂しい思いをしたり、周囲と馴染めず孤独の境遇に陥ったりといったことが起きる暗示があります。病弱の傾向もあるため、大病を患ったり、大きな波乱・変動に揉まれるという暗示もあります。ただし、もし三才が吉配置の場合は波乱は少なく、浮き沈みはありながらも順調に発達していきます。もし三才に難がある場合は波乱の度合いが強まり、前半生は非常に波乱の多い運気となります。

副運が36の場合の運勢傾向

義侠心をもつリーダー運であり、器が大きく人の面倒見が良いため、誰からも頼りにされやすいでしょう。ただ、豪快さと荒々しい面をもちあわせており、それが表にでると不和や対立を醸すこともありますので注意が必要です。環境運としても波乱変動が多く、職場での不遇な環境や、家庭においては別離や孤独などを経験する暗示があり、平穏とは程遠い運勢となりそうです。ただし、人格が火・土・金の場合は凶意を減じます。反対に人格が水や木の場合は相剋するため、人間関係においては対立的関係に陥りやすく、環境運も浮沈が多くなります。

画数『36』の性質

五行陰陽属性
陰(-)
本質的な性格の説明
その性質は原野・野原などにたとえられます。広い心と大きな器の持ち主で、様々な人を受けいれることのできる雅量をもっています。概して親切心があって情が厚く、来る者は拒まずといった向きがあります。なかには弱気を助け強気を挫くといった義侠心をもつ人も多く、親分肌で多くの人に慕われる有徳の性質をもっています。それほど行動的ではありませんが、とても落ち着きがあって平穏・平静で、頼もしいところがあります。しかし、野原にも荒れ果てた荒野のようなものや、よく草花を育て養う良質の土もあるように、このタイプは三才や数の配置などによってその性質が大きく変化するのも特徴です。大体において三才配置が良く土の強さが中程度ならばその長所がよくあらわれますが、逆にそれらが悪ければ鈍重に過ぎたり、庸劣・愚劣であったりします。人格が6・16数は温厚で親和的ですが、26・36数などは性格荒れる傾向があります。
性格的な長所
広い心と重厚な雅量は長所であり、これを伸ばすことによってさらに同化力・親和力を伸ばせば、組織の中心としてその力を発揮できそうです。また親分肌で親切心をもっていますので、指導力を養えばリーダーとしてもその性質を活かせるでしょう。
性格的な短所
やや疑いの心と嫉妬心が強い傾向にあり、これが表に出ると災いとなるため注意が必要です。またとても落ち着きがあって沈着冷静なのは長所ですが、それが過ぎれば鈍重となる点は意識する必要があります。概して三才配置によって性質の良否が別れます。

主運が【36】の有名人

主運は人格とも言われ、その人の性質と中心的な運勢を示す最も重要な部位です。大体20歳以降に強く発現し、一生の運勢を左右します。また、天格や地格との関係で、基礎運や成功運といった境遇運にも影響を及ぼします。

前運が【36】の有名人

前運は名前の総格数です。前運が地格と異なるのは、一文字名の場合において、前運が名前の総格数であるのに対し、地格は名前の数+霊数で計算します。大体、0歳~35歳くらいまでに強い影響を与える部位です。

副運が【36】の有名人

福運は外格とも言い、その人の運勢の外的な側面を象徴します。たとえば、環境運・家庭運・対人運などがそれです。ですから外格に凶数があると、仕事や環境の面であまり恵まれなかったり、家庭においては孤独に陥ったりといった暗示があります。

総運が【36】の有名人

総運は総画とも言われ、後半生に運勢を司ります。大体35歳頃~晩年期の運気をあらわしますので、総運に凶数があると後半生は衰運となる傾向があります。また、総運は総合的な運勢として、その人の達成運や成功運にも強く関わってきます。

その他の数

このページの先頭へ

姓名判断の【虎の舞】ロゴ
姓名判断の【虎の舞】ロゴ