画数『55』の運勢

極盛にして経略に長ける大強数

極めて盛大なる強運を有し発展力がつよい。雅量があり、決断力・行動力に秀でるため、頭領となるべき器である。しかし内に悪運を秘めており、成功しても不慮の災難に見舞われ没落してしまう危険がある。病難・亡失・争い・離散などの凶相あり。概して意志の弱い者は逆境に飲まれてしまうため、大きな目的がある場合は確固たる意志で難事と立ちむかう覚悟が必要である。

55 - 格別の運勢傾向

以下に主運・前運・副運・総運別の運勢傾向を解説致します。概して主運(人格)、前運(地格)、副運(外格)、総運(総格)となりますが、一文字名の場合は地格と前運の数が異なるため、すべて運勢として表記しております。また総運以外に50以上の数をもつ人はほとんどいませんので、50以降は総運のみを解説しています。

総運が55の場合の運勢傾向

極盛・繁栄といった数意をもつものの、裏面に破れを生じやすい波乱運です。55は33や39と並ぶ、非常に勢いの強い凶運数ですが、極盛かえって凶となる暗示があり、大きな成功を経験してもその後没落・悲運に陥る暗示をもちます。性質としても非常にエネルギーと勢いが強く、才知にも長けるため、物事をどんどん推し進めていくようなところがあります。ただし勢いに任せて過失を招いたり、忍耐力に欠けて内面の充実を疎かにする傾向がありますので注意が必要です。ただし、5系数の特徴である度量や大胆さをもちますので、視野を広くもって堅実に進むことで吉となるでしょう。事業運としては極盛の運気に恵まれますが、その後衰運となる傾向があります。概して後半生は波乱・苦心・厄難といった災難に翻弄される暗示がありますが、もし三才や他格構成が良ければ凶意を大きく減じ、それなりの平穏と安泰を保つでしょう。

画数『55』の性質

五行陰陽属性
陽(+)
本質的な性格の説明
その性質は山にたとえられます。外見は概して温厚で雅量があり、人に対する同化力に秀でているため、とても親しみやすい性質をもっています。それほど行動的ではない代わりに、様々な性質を受けいれることのできる重厚な度量を有しているため、年上の人からは可愛がられ、年下の人からは慕われるという有徳の性質をもっています。しかしその内面には外面に似合わずなかなか頑固・強情なところがあり、場合によっては強い反抗心・反発力を表出することがあります。また山にも色々な山があるように、中には落ち着きが過ぎて鈍重となる人や、硬すぎる頑固そのものといった人もいるでしょう。そのような性質を分けるのは三才配置や他格との数理関係ですが、概して土の強さが中程度の人は性格的なバランスが良く、親和力に秀でています。ただし、他人と親しみ交わりやすいという長所がある反面、簡単に離れやすいという短所も有しています。
性格的な長所
様々なタイプの人を受けいれることのできる重厚な度量を有していますので、対人関係でその長所を発揮できそうです。また、どっしりと落ちついていて冷静に物事を見れる長所がありますので、組織の中心となってバランスを取ることができます。姓名中に頭領運があるとさらに吉。
性格的な短所
見かけによらず嫉妬心が強いところがあり、その面が表に出ると災いを招きますので注意すべきです。また温厚な反面、とても頑固で強情な面も有しており、これが出過ぎると長所である同化力・親和力が落ちます。概して三才配置によって性質の良否が別れます。

主運が【55】の有名人

主運は人格とも言われ、その人の性質と中心的な運勢を示す最も重要な部位です。大体20歳以降に強く発現し、一生の運勢を左右します。また、天格や地格との関係で、基礎運や成功運といった境遇運にも影響を及ぼします。

主運が55の有名人は見つかりませんでした。

前運が【55】の有名人

前運は名前の総格数です。前運が地格と異なるのは、一文字名の場合において、前運が名前の総格数であるのに対し、地格は名前の数+霊数で計算します。大体、0歳~35歳くらいまでに強い影響を与える部位です。

前運が55の有名人は見つかりませんでした。

副運が【55】の有名人

福運は外格とも言い、その人の運勢の外的な側面を象徴します。たとえば、環境運・家庭運・対人運などがそれです。ですから外格に凶数があると、仕事や環境の面であまり恵まれなかったり、家庭においては孤独に陥ったりといった暗示があります。

副運が55の有名人は見つかりませんでした。

総運が【55】の有名人

総運は総画とも言われ、後半生に運勢を司ります。大体35歳頃~晩年期の運気をあらわしますので、総運に凶数があると後半生は衰運となる傾向があります。また、総運は総合的な運勢として、その人の達成運や成功運にも強く関わってきます。

その他の数

このページの先頭へ

姓名判断の【虎の舞】ロゴ
姓名判断の【虎の舞】ロゴ